サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「毒親」の子どもたちへ
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2015/02/20
  • 出版社: メタモル出版
  • サイズ:19cm/183p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89595-874-5
  • 国内送料無料

紙の本

「毒親」の子どもたちへ

著者 斎藤 学 (著)

どんなにひどい親たちの子であろうと、自分の未来は自分で決められる−。その決意を削いでしまう宿命論である「毒親論」の限界を示し、人格や運命は変えられるものであることを説く。...

もっと見る

「毒親」の子どもたちへ

1,490(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

どんなにひどい親たちの子であろうと、自分の未来は自分で決められる−。その決意を削いでしまう宿命論である「毒親論」の限界を示し、人格や運命は変えられるものであることを説く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

斎藤 学

略歴
〈斎藤学〉1941年生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。精神科医。さいとうクリニック、家族機能研究所を設立。日本嗜癖行動学会理事長などを務める。著書に「アダルト・チルドレンと家族」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2016/01/30 12:33

投稿元:ブクログ

借りたもの。
昨今、取り上げられ認知度が高まった「毒親」
機能不全家族の問題に取り組んてきた著者の元には、「自分は『毒親』に育てられたため、苦しい」と自己申告してくるクライアントが多くなったという。その事に警鐘を鳴らしている本。
本来の「毒親」問題とは、“犯人探し”が問題ではなく、それと向き合い自身を成長させていくことが認識されていない事を著者は懸念している。
また、「毒親」の定義が曖昧な事から“普通の親”をそう見てしまうことを指摘。
その根本的な問題に、現代日本人の「私」ノイローゼ、“承認欲求”の過剰反応があるという。(普通の親を毒親と見なすのは、自分のことを認めてくれない親、というスタンスがあるのかも知れない。)それを明治維新以降夏目漱石とその作品『明暗』を取り上げ、分かりやすく解説してくれる。
別に親を敬えとか、訓戒を述べている本ではない。(自身も親も、敬われるのは死んで美化された時だろう。)
原因が自分の親、それが毒親で結構。
それから自分をどうしたいかを考えるための、人によってはちょっと厳しく感じるだろうが、その力の一撃を受けてバランスを取ろうと思う本。

2015/05/18 17:18

投稿元:ブクログ

身近で元気で生きている親は「毒親」にされることが多い。特に強烈な個性を持っている親はみんな毒親。以前岡田尊司著の『母という病』で感じた矛盾がまさにそれであること、本書を通して言語化され明瞭になった。毒親、ACなどの概念はそもそも過去からの独立宣言の目的で確立された概念であったはず。罪悪感や自罰感情からは良い方向への変化は生まれない。現在の自分というかけがえない存在をあくまでもサバイバーである本人にスポットを当て自分自身を取り戻すための人生を生きるべく叫びとして昇華させていけるのが最終的な理想なのだが。

2015/03/30 03:17

投稿元:ブクログ

毒親、最近かなり浸透してきた言葉です。
でも、われわれにとって大事なのは、
自分たちがそれをどうやって乗り越えていくか。

毒親のせいにしても仕方がない。
自分がどうするかが大事だと。

2016/10/06 18:50

投稿元:ブクログ

図書館。かつて彼と信田さよ子のAC本を随分読んだ。泣きながら。
久しぶりに彼の本を読んだ。昔より距離がある感じ。淡々と読めるようになった。

2015/02/27 05:16

投稿元:ブクログ

帯に「毒親論を手放し、その先へ進むために!」とあるので、毒親から逃れたその先の話なのかと勝手に思ってしまいました。

本書の実に3分の2以上のページを割いて、「自分の人生がうまくいかないのを親のせいにしていないか」「毒親毒親と言っている人は反抗期に乳離れできずに親を責めている人と同じ」「すべての親も見方を変えれば毒親になりうる。逆に毒親じゃない親なんているのか。」と、「自称毒親持ち」の人を断罪しています。

読んでいるだけで悔しくて吐き気がして著者に対する怒りすら湧いてしまいました。


私は、自分の人生がうまくいかなかったとき、人とのコミュニケーションの取り方で悩んだとき、その原因の一端が親にあると気付いた。アダルトチルドレン関係の本を読んで慰められ、「毒になる親」を読んで親と戦ったこともある。それでも親は変わらない。変えるなら自分自身しかないと思い、親と絶縁して(距離を置いて)自分の人生を取り戻した。今は幸せな生活を送っている。

それでも、親の言動が時々フラッシュバックしてつらい時がある。幸せなはずなのに誰かに責められているような気持ちになる時がある。絶対にああはならないと誓った自分の親とそっくりな口調で子供を叱りつけてしまい、そんな自分に気付いて愕然としてしまう時がある。このまま一生自分の親とは絶縁したままなのかと瞬間的なさみしさや不安や絶望に襲われることがある。

そんな状態を何とかするヒントになるのかもしれない、そう期待してしまった。毒親論の「先」にある生活についての本かと思った。

しかし全然違った。

この本は、「毒親論」の「先」ではなく「前」に、まずは毒親毒親と決めつけようとするのではなく、そうじゃない可能性を考えてみるのに良いかもしれない。そして自分自身が変わってみる。もしその時点で救われる人がいるのなら、毒親論に進む必要はないですね。

ただ、多くの人はそれができないから「自分の親は毒親だ」と認定することによって、人生の推進力を得るのだと思う。「毒になる親」を読んですでに親と対決し、現在は自分の安定した生活が(とりあえず)送れている私には全く必要のない本でした。


最後の一段落、「毒親についての話はいくらでも聞くけれど、そんなことをしても何にもならない。自分自身のパーソナリティの発達の可能性を信じ、今できることから始めてください。方法がわからないなら、直接私に聞いてください。みなさんたちと関わってきたおかげで分かったことをお伝えします。」って、その方法が知りたくてこの本を買った人も多いのではないかと思われるのに、具体的な方法やヒントは見つけられませんでした。