サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. ハトはなぜ首を振って歩くのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハトはなぜ首を振って歩くのか(岩波科学ライブラリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/04/17
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波科学ライブラリー
  • サイズ:19cm/115,3p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-029637-3
  • 国内送料無料

紙の本

ハトはなぜ首を振って歩くのか (岩波科学ライブラリー)

著者 藤田 祐樹 (著)

ハトはいつでもどこでも、首を振って歩いている。あの動きは何なのか。なぜ、1歩に1回なのか。なぜ、ハトは振るのにカモは振らないのか。ハトの首振りを中心に、いろいろな視点から...

もっと見る

ハトはなぜ首を振って歩くのか (岩波科学ライブラリー)

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ハトはいつでもどこでも、首を振って歩いている。あの動きは何なのか。なぜ、1歩に1回なのか。なぜ、ハトは振るのにカモは振らないのか。ハトの首振りを中心に、いろいろな視点から鳥の歩き方や体の動かし方を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

藤田 祐樹

略歴
〈藤田祐樹〉1974年生まれ。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士)。沖縄県立博物館・美術館の人類学担当学芸員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

首の振り方観察だけでも奥は深い。

2015/08/11 15:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

鳥類の歩き方を研究している著者が、あまりによく「ハトの首振り」について質問されるので調べてみた結果を著したもの。なぜ鳥の「飛び方」ではなくて「歩き方」に興味をもったのか、というところも面白いのですが、首の振り方も調べていくといろいろと奥が深かったよう。
 哺乳類は首の骨の数がキリンでもヒトでも同じと言いますが、トリの場合はかなりいろいろあるそうです。それもいろんな首の振り方があることに関係しているのかもしれません。
 ハト以外のトリはどんな時に、どんなふうに首を振るのか?思わず観察してみたくなってしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/05 11:51

投稿元:ブクログ

タイトルに惹かれて手に取った一冊。
「カモはなぜ首を振らないのか」
「ハンブルクにおけるユリカモメのハト化」
と、見出しのタイトルが面白い。
鳩の歩行の様子がパラパラ漫画風写真になっているところがステキ。

著者は、2足歩行の動物について研究している方で、
タイトルとは裏腹に内容はマジメで地道なもの。

2015/08/20 12:51

投稿元:ブクログ

衝撃!
ハトが首を振っているのは確かに気にはなってたけど、その研究をしている人がいるんだなぁ。
しかも、説明がわかりやすいし、文章は読みやすい。
ユーモア満載で、特に4章のユリカモメの件のコラムには笑ってしまった。

そして、エピローグがいい。
自分の目で見て自分で考える。

題名に惹かれて手に取っただけの本だったけど、とても面白かった!

2015/08/24 22:53

投稿元:ブクログ

ハト,のみならず,他の鳥が首を振ったり振らなかったり,飛んだり歩いたりホッピングしたりするしくみをマニアックに(?)解説した本。解説といっても専門家向けではなく,ストーリーテリングもうまい感じ。このシリーズらしい1冊。

2016/08/07 17:38

投稿元:ブクログ

これはなー,いいぞ,実にいい。鳩みてたらまず間違いなく一度は謎に思ったことがあるだろう,そう何故首を前後に振って歩くかだ。前後に振って歩いていったい歩きにくくはないか? というあれだ,それに応えてくれるとても読みやすい良著なんだ。
まずは何故歩く(動く)のかという導入からどう歩く(動く)か。次に歩くと走るの違いとその行動のワケ,その効率性の違い。間子のハトは気になるので今度観察に行ってこよう。
そしてついに何故首を振るかへ,過去から付き合いの長かったであろう人の近くにいる鳩,やはり昔から鳩が何故首を振って歩くのかに関心を寄せた人々はいたようで,最初の研究は1930年まで遡るそう。
箱の箱入れ実験は面白い試み。結果,風景が動けば首が動くという結果に。だがそれだけでは説明がつかない,目のついている部分と眼球の動き,およびその視野の範囲。歩行との直接関連性があるのではないか。首を振る鳥は振ることにより歩行性の安定性を確保する,大股で歩き体の回転を少なくしている。首を振らない鳥は小股でちょこちょこ歩き両足がついている時間を多くとることで安定性を確保している。
カモは振らない。たまに振らないサギ,たまに振るサギ。コアホウドリのV字振り。泳ぐとき振るカイツブリ。チドリの尾振り,アオシギの体振り。後,スズメなどのホッピングについてもちゃんと解説されていました。
なにはともあれ一読をお勧めする,読んだすぐから鳥観察が楽しくなること請け合いです。

2016/02/21 18:50

投稿元:ブクログ

鳥が歩くことについての生態学の本です。

書名の『ハトはなぜ首を振って歩くのか』の答えは、46ページの最終行に「○○○○○から、ハトは首を振るのである」とあるように、一言で言うことができます。しかし、ここから発展して、歩くという動作について、あるいは歩く目的について、ひいては二足歩行をする動物(といっても鳥とヒトしかいませんが)に話が及ぶと奥深く、特に鳥類に通底する普遍性と様式の多様性はとても面白いものがあります。

中学校の図書館にあっても良いほど易しい本ながら、示唆に富む発見があります。ちょっとした読み物である(文体はとても柔らかいです)と同時に、きちんとした学術的な構成と展開をとっていますので、論文に行き詰まった大学生が気分転換に読むのにも良いでしょう。

2017/02/08 23:51

投稿元:ブクログ

ハトが首を振り振り歩くのは、バランスを取るためなのかなと思っていた。でもあれで走ったら気持ち悪くなったりしないんだろうか。
これは読むしかない。ハトの首ふりの研究者がいるとは思わなかった。

看板に偽りなし。ハトが首を振って歩く理由がちゃんとわかる。
科学系の読み物で、「なぜ◯◯なのか」といったタイトルに惹かれて読んではみるけれど、結局タイトル倒れでわからない、という経験をしょっちゅうするので、爽快だった。
しかも真相は衝撃的。そうだったのかぁぁぁ!

ハトの首振りをテーマに、科学する?方法論や考え方が浮き彫りになって、楽しい。
仮説の作り方と実験による確認。例外の重要性。ハトに、ルームランナーみたいな実験装置の中を歩いてもらう実験をしてた研究者がいる。同じ鳥でもハトやニワトリは首を振って歩くが、カモは首を振らない。すべてが「ハトが首を振る理由」につながっていく。

百年近く前から、世界中の名だたる研究者が大真面目に「ハトはなぜ首を振るのか」を調べていたと思うと、人間も捨てたものではない。
研究には金も時間もかかると思うが、藤田先生は上役にどうやって企画を認めさせたんだろう? 企画書を読んでみたい。

2015/07/13 14:16

投稿元:ブクログ

人間のように眼球がくるくる動かないので、眼球を動かすかわりに首を振って周囲を特に近場を見ようとしているとのことです。ハトの首フリのぱらぱら写真がついています。首フリというと左右のイメージですが、前に伸ばしているという具合です。にわとりの真似をするときの動きです。Duck Sauce 「Barbra Streisand」のgleeパフォーマンスを思い出します。

2016/03/27 15:11

投稿元:ブクログ

動物はなぜ動くのか、という話題から始まり、歩行のエネルギー効率や動物の歩行の仕組みを筋肉や骨格の話…と進んでいくのですが、そのすべては「ハトはなぜ首を振って歩くのか」という疑問を解決するため!
著者の軽妙な語り口と、首振りにかける情熱が、完全に私のツボにはまってしまいました。

ハトの首振りの最初の研究は、なんと1930年まで遡るのだそう。
私も、駅のホームや公園の芝生でヤツらを見かけるたびについ首の動きに目を奪われていたのですが、人類は随分前からハトの首振りに並々ならぬ興味を惹かれていたようです。
また1975年に行われた、ハトの首振りはどういった刺激によって引き起こされるのかを検証した、箱入りハトの実験もおもしろかったです。

また、ハト以外の鳥類についても、なぜ首を振ったり振らなかったりするのか、著者の見解が述べられています。
個人的にはペンギンの歩行についての記述にものすごく納得してしまいました。
試してみたい気持ちを抑えきれず、ペンギンの骨格と同じ姿勢になって歩いてみたら、確かにペンギン歩きと同じ動きになって感激。
さらに骨格図の横に並べられた、ペンギンが山手線のホームに立っている写真のシュールさにしばし笑いが止まらなくなりました。

たかが首振り、されど首振り。
近くに鳥が寄ってきたら、じぃっと観察したくなる1冊でした。

2015/10/10 21:39

投稿元:ブクログ

本屋でタイトルを見て、たしかに何でハトは首振って歩くんだろうか?と興味をそそられて読んでみた。なるほど、という仮説・実験・検証が載っていておもしろかったです。
ハト以外も首振ってましたね・・・。体の仕組みはじっくり根気よく見ていないとわからないものですね。

2015/08/13 08:54

投稿元:ブクログ

おもしろいですよ、この本。
こんな風に動物の行動を研究するのか!と思ったし、鳥の歩き方一つ取っても、分からないことだらけなのも面白い。

2016/02/28 16:40

投稿元:ブクログ

「日本一の首振り研究者を自認する」筆者による、「ハトの首振り」考。

題名の通り、様々ケース、ほかの鳥類と比較・検討し、一つのテーマに沿って、論じている。

(たぶん/おそらく)一般の人向けにわかりやすく解説している部分もあるだろうが、専門的な内容からすれば、ページ数は少く、しかし、コンパクトにまとまっている。

「私は、鳥類の研究をしている。」という一文から始まり、はやくも惹きつけられる。

ハトのように「首を振って歩く鳥」もあれば、「首を振って歩かない鳥」もいるので、不思議なのである。

まだまだ未解決な部分も多く、今後の研究結果が待たれる。

「たかが首振り、されど首振りなのである」。
随所に見られる筆者のユーモアあふれる文章力にも惹きつけられる。

良書。


しかし、鳥の動きをずっと観察しているって、どんな気持ちなんだろう。

2015/07/04 22:29

投稿元:ブクログ

ハトが首を振るのは、歩くためにそうせざるを得ない身体なのだろうと思っていた。
だって、好きでやっているようには見えないもの。哀れな生き物よのう、首を振らないと歩けないとは、と思っていた。
しかし、あれは必要あって振ってたのね。
君たちにはあれが都合がいいのね。
勝手に憐れんでごめん。
しかし、ハトの首振りという、人類が共通して大昔から抱いていた謎は、やっと最近明らかになってきたのだと知って衝撃を受ける。大変なテーマのわりに、軽くいなされそうで研究者の苦労が偲ばれる。

2015/06/30 13:46

投稿元:ブクログ

ひとつのテーマを様々な角度から繰り返し検証しようとする姿勢を学べる書です。ハトが首を振るパラパラ写真付き。

2015/05/28 19:42

投稿元:ブクログ

まぁ、確かに疑問でした(笑)
首振りながら歩いてるように見えるけど、スローで見ると、ただ降っているだけではないww
興味ぶかかかったです。

鳥類 ランキング

鳥類のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む