サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ここでキスして。

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/04/10
  • 出版社: スターツ出版
  • サイズ:15cm/469p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88381-957-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ここでキスして。 (ベリーズ文庫)

著者 立花 実咲 (著)

25歳の花梨は、とある食品会社に転職するため上京してきた。入社当日、イケメンの切れ者上司として姿を現したのは、なんと姉の元カレであり、ずっと忘れられなかった片想いの相手、...

もっと見る

ここでキスして。 (ベリーズ文庫)

724(税込)

【期間限定30%OFF】ここでキスして。(ベリーズ文庫版)

378 (税込)

【期間限定30%OFF】ここでキスして。(ベリーズ文庫版)

ポイント :3pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

25歳の花梨は、とある食品会社に転職するため上京してきた。入社当日、イケメンの切れ者上司として姿を現したのは、なんと姉の元カレであり、ずっと忘れられなかった片想いの相手、悠斗だった!再会を喜ぶ花梨だけど、かつて優しかった悠斗は冷たく突き放してくる。かと思えば不意打ちのように甘く迫ってきて…そのツンデレっぷりに、振り回されっぱなし。一体、どっちの態度が本心なの!?【「BOOK」データベースの商品解説】

食品会社へ転職した花梨。出社初日、配属された部署にキレモノと噂の新しい室長が来ると聞く。そこに現れたのは、姉の元恋人で、花梨の忘れられない恋の相手、悠斗だった…。〔2012年刊の一部加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

甘々でときめきました

2015/04/14 08:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Minty - この投稿者のレビュー一覧を見る

甘々なオフィスラブ大好物です。好きだった人が上司しかも御曹司という設定がツボで何度も読み返しました。学生のときに知り合ったときとは違うオフィスだからこそのお互いの距離感がとってもいいなあと思いました。

会社のときとプライベートのときと違う悠斗態度。上司としての厳しさ、プライベートでのやさしさとのギャップにときめきました。苦しくて切ない場面もあったけど、読み進めるうちに甘い甘い! 全体的には甘いので読みやすいです。

単行本と文庫では内容がけっこう違いました。新しく文庫化されたそうです。文庫の方が安いし番外編もついているのでお得です。わたしは文庫の方が断然よかったです。大好きな本、何度も読みたくなります。あとがき読んだら、つづきとか番外編も公式サイトで読めるそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/18 14:27

投稿元:ブクログ

内緒のオフィスラブという胸きゅん設定。花梨サイドと悠斗サイドで交互にストーリーが進んで行くので、冷たい悠斗の態度の裏の熱い想いや花梨を見る気持ちが分かり、ドキドキが2倍で楽しめます。凛として頼もしい上司としての悠斗もひとりの男として花梨と接する優しく甘い悠斗もどちらも素敵です。ストーリーの目線や悠斗の2面性など、何かと2重にドキドキ、キュンキュンな1冊でした。悠斗がツンデレなのは最初の方だけでどんどんデレ率がアップしていきますが、私的には、花梨を突き放すような、からかうような始めのころのツンデレな悠斗が好き。欲を言えば、悠斗以外のイケメンの出番がもっとあればよかったなと思いました。

2015/04/19 19:00

投稿元:ブクログ

ずっと片思いしてた(る)姉の元カレに、東京での再就職先で、上司と部下として5年ぶりに再会して喜ぶ花梨と、逆に冷たい態度の悠斗。悠斗sideでも描かれているので、花梨を冷たく突き放す悠斗の心情も分かりやすかったです。悠斗への、彼女の一途で真っ直ぐな気持ちに、悠斗が花梨を完全に突き放せない部分や、箍が外れてからの花梨への溺愛ぶりに、大人の男の時折見せる可愛さが感じられ、キュンとしました。彼女に想いを寄せる同僚や、ふたりの恋路に立ちはだかる圧力に負けそうになるも、ぶれないふたりが素敵です。そしてとても甘い一冊でした。

2015/07/13 16:06

投稿元:ブクログ

仙台から上京した花梨が、ずっと想い続けていた悠斗と偶然再会、なんだかんだでうまくいきましたというだけの話…ではなく、思いが通じ合ってからのほうが大きな困難が。愛だけでは済まない世の中、社会的地位が高い人達の「大人の事情」(社長の暴走?)って大変! これでもし社長令嬢の茜さんが悠斗の事を…と思うと恐ろしいです。
花梨は可愛くて弱いばかりの主人公ではなく、ちょっと気が強かったり小悪魔的だったり、甘えん坊だったり。仕事はできるのに壊滅的に料理下手なのも可愛い。一方の悠斗は見た目も仕事も家柄も完璧。ただ、ストーリーの一部が悠斗目線になっていてその葛藤もみえるので、若くて人間くさい、その完璧ではない加減が分かってまた魅力的でした。それに先輩の幸恵さんと溝口くんが凄くいい人!私はこの二人もお気に入りです。
花梨が幸恵と溝口の前で「悠ちゃん」と呼んでしまい、幸恵にからかわれて悠斗が目を逸らす、この辺りがほのぼのしていて好きです。
厚めの文庫本ですが、読んでみると長さは全然苦にならない!夢中でどんどん読み進めていけるお話でした。

2015/07/18 15:51

投稿元:ブクログ

地方都市から上京した花梨。都会への憧れと不安をかかえつつ出社したところ、なんとその上司とは…。
いきなりびっくりする展開ですが、上司には上司の立場があるもので、彼が見せる猫の目のような態度にも一理ありますね。

それにもめげず、1人の若い女の子が、都会生活の理想と現実に直面し、恋愛の喜びとつらさを味わい、そして仕事の厳しさと楽しさを知るなかで人間として成長していく。そんなヒロインを「頑張れ!」と応援したい気分になります。
最初読み始めたときは、(現実ではちょっとあり得ない、小説ならではの世界かも)と思っていても、読み進めるうちに、ドキドキハラハラの展開が続くために、次第に小説世界に引き込まれていることに気づきます。
なかなか一筋縄ではいかない上司の態度に、読み手も振り回されてしまいそうです。

そんなクールな彼ですが、最後には、甘い、甘~いキスの嵐とともに、花梨と甘い関係に。タイトルどおり、様々な状況で描かれるキスシーンが、とっても効果的に2人の愛の成長をビジュアル化させています。
読み終えたあとには、ヒロインの生きかたに同感している自分がいます。読後感が爽やかです。