サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 死者との邂逅 西欧文学は〈死〉をどうとらえたか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死者との邂逅 西欧文学は〈死〉をどうとらえたか
  • みんなの評価 5つ星のうち 5
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/05/29
  • 出版社: 作品社
  • サイズ:20cm/329p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86182-533-0
  • 国内送料無料

紙の本

死者との邂逅 西欧文学は〈死〉をどうとらえたか

著者 道家 英穂 (著)

古代/中世の「オデュッセイア」から近代の「ハムレット」、そして現代の「灯台へ」「失われた時を求めて」に至るヨーロッパ文学史上の名作を繙き、そこに現れる死生観と時代思潮を、...

もっと見る

死者との邂逅 西欧文学は〈死〉をどうとらえたか

2,592(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古代/中世の「オデュッセイア」から近代の「ハムレット」、そして現代の「灯台へ」「失われた時を求めて」に至るヨーロッパ文学史上の名作を繙き、そこに現れる死生観と時代思潮を、先行作品への引喩を手がかりに読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

古代から現代に至るヨーロッパ文学史上の名作を繙き、そこに現われる彼らの死生観、言及される先行作品などを緻密に読み解く、二十年余の研究の結晶!

 本書は、西欧文学史に残る作品に繰り返し描かれてきた、死別の場面や、死者と思いがけず再会する場面に着目し、作品に表された死生観を先行作品との違いや時代思潮との関連において時代順に考察したものである。古代や中世の文学作品には、主人公が生きたままあの世を訪れて、死別した肉親や恋人と再会するエピソードや、死んだ肉親が亡霊となって主人公の前に姿を現す話があり、そこには悲喜こもごもの感情が表される。近代以降、来世を具体的に描く作品は文学史の表舞台から姿を消すが、現代になっても、故人が夢に出てくる、ふとしたきっかけで故人の生前の思い出がありありとよみがえるなどのかたちで「再会」は描かれ続ける。そして興味深いのは、各時代の詩人や作家たちがそうした「再会」の場面を描くにあたり、過去の同種の場面を意識し、それを踏まえながら変更を加えていること、それによって過去の時代の死生観を修正し、自らの時代の新しい死生観を呈示していることである。ウェルギリウスはホメロスを、ダンテはウェルギリウスを意識して死者との邂逅を描いた。二十世紀の小説家ヴァージニア・ウルフは『灯台へ』で、ラムジー氏が夫人と死別する場面を描くとき『アエネーイス』を意識していたものと思われる。同様に、ディケンズは亡霊の登場する『クリスマス・キャロル』において『ハムレット』の亡霊を意識しており、ジョイスは『ユリシーズ』で、主人公ブルームが友人の葬儀に参列するエピソードを述べるにあたって『オデュッセイア』、『アエネーイス』、『ハムレット』を踏まえている。それゆえ、古代から現代に至る、これらの作品の関連する箇所を比較することによって、それぞれの作品に表されている死生観、ひいてはそれぞれの時代の死生観が浮き彫りにされるのである。(「序」より抜粋)【商品解説】

古代から現代に至るヨーロッパ文学史上の名作を繙き、そこに現われる彼らの死生観、言及される先行作品などを緻密に読み解く、二十年余の研究の結晶!
本書は、西欧文学史に残る作品に繰り返し描かれてきた、死別の場面や、死者と思いがけず再会する場面に着目し、作品に表された死生観を先行作品との違いや時代思潮との関連において時代順に考察したものである。古代や中世の文学作品には、主人公が生きたままあの世を訪れて、死別した肉親や恋人と再会するエピソードや、死んだ肉親が亡霊となって主人公の前に姿を現す話があり、そこには悲喜こもごもの感情が表される。近代以降、来世を具体的に描く作品は文学史の表舞台から姿を消すが、現代になっても、故人が夢に出てくる、ふとしたきっかけで故人の生前の思い出がありありとよみがえるなどのかたちで「再会」は描かれ続ける。そして興味深いのは、各時代の詩人や作家たちがそうした「再会」の場面を描くにあたり、過去の同種の場面を意識し、それを踏まえながら変更を加えていること、それによって過去の時代の死生観を修正し、自らの時代の新しい死生観を呈示していることである。ウェルギリウスはホメロスを、ダンテはウェルギリウスを意識して死者との邂逅を描いた。二十世紀の小説家ヴァージニア・ウルフは『灯台へ』で、ラムジー氏が夫人と死別する場面を描くとき『アエネーイス』を意識していたものと思われる。同様に、ディケンズは亡霊の登場する『クリスマス・キャロル』において『ハムレット』の亡霊を意識しており、ジョイスは『ユリシーズ』で、主人公ブルームが友人の葬儀に参列するエピソードを述べるにあたって『オデュッセイア』、『アエネーイス』、『ハムレット』を踏まえている。それゆえ、古代から現代に至る、これらの作品の関連する箇所を比較することによって、それぞれの作品に表されている死生観、ひいてはそれぞれの時代の死生観が浮き彫りにされるのである。(「序」より抜粋)【本の内容】

目次

  • 第一部 古代・中世――来世のリアリティー
  •  第一章 冥界への旅――『オデュッセイア』と『アエネーイス』
  •  第二章 救いに至る旅――『神曲』
  •  第三章 遠ざかる天国――ボッカッチョの二作品と『真珠』
  • 第二部 近代――現世重視への転換
  •  第四章 未知の国となった来世――『ハムレット』
  •  第五章 生の讃歌と死者への思い――『クリスマス・キャロル』
  • 第三部 現代――芸術は宗教に代わりうるか
  •  第六章 来世なき死生観――『灯台へ』

著者紹介

道家 英穂

略歴
〈道家英穂〉1958年生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。専修大学文学部教授。専門は英文学。共著に「想像力の変容」「逸脱の系譜」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)