サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ニューヨークで考え中
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/04/24
  • 出版社: 亜紀書房
  • サイズ:21cm/160p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7505-1429-1
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ニューヨークで考え中

著者 近藤 聡乃 (著)

2008年の秋に単身ニューヨークへ。パワフルな大都会にもまれつつも、少しずつ自分の居場所を築いていった日々のあれこれを綴るコミックエッセイ。前日譚を描いたリーフレット付き...

もっと見る

ニューヨークで考え中

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2008年の秋に単身ニューヨークへ。パワフルな大都会にもまれつつも、少しずつ自分の居場所を築いていった日々のあれこれを綴るコミックエッセイ。前日譚を描いたリーフレット付き。『マトグロッソ』等掲載に加筆・修正。【「TRC MARC」の商品解説】

『いつものはなし』(青林工藝舎)、『うさぎのヨシオ』(ビームコミックス)、『A子さんの恋人』(雑誌「ハルタ」連載中)でおなじみの近藤聡乃、初のコミックエッセイ。単身ニューヨークへわたり、初の海外一人暮らしをスタートした著者。
エネルギッシュな大都市の中でもまれながら、少しずつ自分の居場所を築いてきた6 年間をつれづれと綴った。
見開き2ページ、一話完結のコミックエッセイ。
【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/06/28 08:50

投稿元:ブクログ

在ニューヨークのアーティストである著者のエッセイ漫画。NYでの日常を一人称で語りかけてくれる。
海外にいるとある意味で感性が研ぎ澄まされるのだろうか、何気ない風景にも意味があるような気がする。
そして同じような感じ方を知ると何となく嬉しくなる。
NYという街を刺激的な街、観光地的な街として捉えるのではなく、飽くまでも生活の場として、そして、とてもいい感じの距離感で付き合い、描いている。
(いい感じの距離感が無いと、この街は疲れてしまうのだが。。。)

漫画の最後にある一言、これ斬新的だけれども、毎回クスッとしてしまう。

2015/08/20 23:10

投稿元:ブクログ

実にユーモラスに、かつリアリティーをもってニューヨークの暮らしを想像させてくれる良書だった。

このくらい力を抜いて生きていけたらいいな

日常の魅力を、人に伝えるってすごく大事。

そういう感覚をもって暮らしていきたいな。

2015/08/29 21:53

投稿元:ブクログ

ニューヨークで考えること。日本で考えること。この著者の考えてること、場所を問わず知りたいと思わせる。面白い。

2015/05/04 19:41

投稿元:ブクログ

ニューヨークに住むアーティストのエッセイマンガ。
山崎まどかさんがおもしろいとツイートしてたので、読んでみたら、おもしろかった。なんというか、ニューヨーク生活を描きつつ、華やかっていうんじゃなくて、落ち着いているというか。絵がわたしにはなんとなく高野文子さんを思わせる感じで、ニューヨークっぽくない(?)地味で素朴な感じというか。

著者の恋人の話が好きで、彼が日本語勉強してて、「ふ」が鳥が飛んでるみたいでかわいいと言ったとか。
心配性な著者がそわそわしていると「心配ごとがあるんだろう? 話してごらん」って気づいてくれる(いいな!)ところとか。

2016/05/02 00:31

投稿元:ブクログ

何気ないニューヨークでの日々。
何も起こらないのに、なんでこんなに魅力的なのかな。絵という才能ひとつでどこでもやっていける素敵さ。

2015/09/16 16:36

投稿元:ブクログ

本の作りが開き易い構造になっていてとても読み易かった。
吹き出しの文字が手書きなので暖かみがあって、
何回も読んでしまった。
内容もいいと思う。

夫が海外の方に「Nice Car!」って褒められてましたよ。

2015/09/06 16:31

投稿元:ブクログ

本屋さんの旅行ガイド辺りにあったけど、
エッセイ的なマンガです。
読んでて、ほんわか癒されました。

コミックエッセイ ランキング

コミックエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む