サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくらの民主主義なんだぜ(朝日新書)
ぼくらの民主主義なんだぜ(朝日新書) ぼくらの民主主義なんだぜ(朝日新書)

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 79件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/05/13
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • レーベル: 朝日新書
  • サイズ:18cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-273614-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

ぼくらの民主主義なんだぜ (朝日新書)

著者 高橋 源一郎 (著)

壊れた日本を作り直す、絶望しないための48か条。震災と原発、特定秘密保護法、若者の就活、ヘイトスピーチ、従軍慰安婦、表現の自由などを取りあげる。『朝日新聞』連載「論壇時評...

もっと見る

ぼくらの民主主義なんだぜ (朝日新書)

842(税込)

ぼくらの民主主義なんだぜ

648 (税込)

ぼくらの民主主義なんだぜ

ポイント :6pt / 紙の本より194おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

壊れた日本を作り直す、絶望しないための48か条。震災と原発、特定秘密保護法、若者の就活、ヘイトスピーチ、従軍慰安婦、表現の自由などを取りあげる。『朝日新聞』連載「論壇時評」を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

【文学/日本文学評論随筆その他】震災と原発事故、若者の就活、特定秘密保護法、従軍慰安婦問題、表現の自由……著者の空前絶後の傑作。日本が直面する問題を何よりわかりやすくほどき、一歩先の未来にむけて深く広く考える、大評判の朝日新聞論壇時評の新書化。【商品解説】

日本人に民主主義はムリなのか? 絶望しないための48か条。
「論壇時評」はくしくも3月11日の東日本大震災直後からはじまり、震災と原発はこの国の民主主義に潜んでいる重大な欠陥を炙り出した。若者の就活、ヘイトスピーチ、特定秘密保護法、従軍慰安婦、表現の自由……さまざまな問題を取り上げながら、課題の解決に必要な柔らかい思考の根がとらえる、みんなで作る「ぼくらの民主主義」のためのエッセイ48。
大きな声より小さな声に耳をすませた、著者の前人未到の傑作。
2011年4月から2015年3月まで、朝日新聞に大好評連載された「論壇時評」に加筆して新書化。

目次から 
ことばもまた「復興」されなければならない/スローな民主主義にしてくれ/民主主義は単なるシステムじゃない/〈東北〉がはじまりの場所になればいい/国も憲法も自分で作っちゃおうぜ/自民党改憲案は最高の「アート」だった/ぼくらはみんな「泡沫」だ/戦争を知らない世代こそが希望なのか/DV国家に生まれて/ぼくたちはみんな忘れてしまうね/わたしたちは自ら望んで「駒」になろうとしているのかもしれない/「アナ雪」と天皇制/クソ民主主義にバカの一票/「怪物」は日常の中にいる【本の内容】

震災と原発事故、若者の就活、特定秘密保護法、従軍慰安婦問題ほか日本が直面する問題をわかりやすくほどいた朝日新聞連載を新書化。【本の内容】

著者紹介

高橋 源一郎

略歴
〈高橋源一郎〉1951年生まれ。横浜国立大学経済学部中退。作家。明治学院大学国際学部教授。「優雅で感傷的な日本野球」で三島由紀夫賞、「さよならクリストファー・ロビン」で谷崎潤一郎賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー79件

みんなの評価4.0

評価内訳

電子書籍

ことばの達人

2015/11/15 15:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:horitei - この投稿者のレビュー一覧を見る

彼の小説はまだ読んだことがない。この本を読んで、読んでみたいと思った。時評は書き手が社会に対して発するメッセージである。書き手の人生観や世界観を全開にして書かれるため、勢い、大上段に構えた物言いになりやすい。けれども、著者の文体は軽くしなやかで、それでいて、世の中の深いところに届いている。そして、ときに、読み手の心を揺さぶる。このような達人の文章に出会えたことは、まことに幸せなことであった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

徹底的にまじめな高橋源一郎

2015/12/23 10:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

高橋源一郎はいくつかの小説は読んでいる。競馬エッセイも読んでいる。こういうまじめな本は昔は書かなかったように思う。それで、今回読んでみたわけだが、徹底的にまじめに考えたことをすごくわかりやすく書いてある。高橋源一郎がこういうものを書くというのは、それだけきな臭い時代になってきたということかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少し残念。

2016/03/15 15:22

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M マサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者のメディアでの発言を聞いていて、著者に興味をもち、10万部突破の帯を見て、即買いしたけど、正直、内容が全然繋がらなく、つまらない、朝日新聞の論壇時評価の連載をただ、記載した著書だ、あくまでその日その日の、新聞の内容(同日どの様な事が有ったか)を理解した上で読むのは解るが、論壇時評だけの記事を記載しても、正直、伝わる物がない、編集者の手抜き本。ただ、短い論壇時評の中にも、心に刺さる記載もあり、また、ここから新しい著書に巡り会えた事には、いい所も少しはある。全体的には、内容が繋がらなく、退屈な著書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

制度としての民主主義、ではない民主主義もあるんだぜ、という話。

2015/09/25 14:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みけねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容はタイトルにつきている。
丸山眞男にしろ、鶴見俊輔にしろ、あるいはジョン・デューイにしろ、その他の思想家や哲学者、社会学者がよく言っていることを、小説家・高橋源一郎が彼なりの仕方で、論壇というものや日本というものとの接面において思索・実践したものが本書だ。
新聞の論壇時評をまとめたものにしては文章が完成されていて、さすが文章に値段がつくだけのことはあると舌を巻いた。
とてもよみやすく、示唆に富む。新書というのを地で行くすばらしい本だと思う。
電子書籍で買ったが、人に勧めるために紙で買い直したほどだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/26 22:55

投稿元:ブクログ

証言や証拠探しに、フィクション(小説)を使うという発想に驚いた。
それが本当に在ったことでないなら、複数の作家があちこちで従軍慰安婦の姿を小説に書くだろうか?という、問いの立て方にこそ、作家である著者ならではの嗅覚を感じる。
早速紹介されていた本を読んでみようと思う。

2015/07/29 22:52

投稿元:ブクログ

エッセイのようにわかりやすく、平易な言葉で書かれているにも関わらず、読むのに非常に時間がかかり、疲れた。いちいち考えさせられるからである。数多くの出典から、筆者なりに感じたことが書かれている。それ以上は書かれていないのだが、自然と読者は「で、あなたはどう考える?どう行動する?」と問われる。その問いに対する答えは読者によって異なるはずで、私自身としても、筆者に共感できる部分、できない部分、よくわからない部分と様々であった。そしてその異なるということこそが、民主主義の真の姿であると思う。
それにしても出典の幅広さには驚いた。論壇誌から通販雑誌、個人が作成しているフリーペーパー、ラップの歌詞、ツイッターのつぶやきに至るまで、どうすればそこにたどり着き、筆者自身の解釈を加えることができるんだろう。とにかくすごいと思った。

2015/10/04 18:19

投稿元:ブクログ

ちょうど東日本大震災直後から4年間、月一で朝日新聞に連載された高橋源一郎の論壇時評の新書版。月一でタイムリーに読むのとは違い、この4年間に社会で何があったのか、何が議論されていたのかをギュッと濃縮して振り返ることができ、なかなか面白かった。自分の直接知らない歴史ではなく、つい最近体験してきたことの歴史書といった趣き。今後も続けて欲しいと思う。

2015/09/12 15:24

投稿元:ブクログ

朝日新聞を購読しているので、ほとんどの記事が記憶にあった。
難しくてわかりにくいものもあるけど、どれも本当に大事なことが書かれていることはわかる。でもこうしてまとめて読むのもいいものだ。
特に2013年夏から年末にかけての文章に印象的なものが多かったかな。

P217 それがどのような正義であれ、「おれは間違っていない」というやつは疑った方がいい。(略)だが、正しくなければ愛せないのだろうか。ソンタグにとって、祖国アメリカは「正しさ」と「不正」の入り混じった存在だった。その、矛盾する、等身大のアメリカをこそ彼女は愛した。

こういうの、いいなあと思う。

2015/06/29 01:40

投稿元:ブクログ

朝日新聞に月一回のペースで掲載された論壇時評を4年分集めたものである。家では朝日新聞を購読しているので、少なくともこの中のいくつかは読んだことがあるはずで、確かに読んだような記憶のあるものもある。ただ、あらためて書籍となったものを読んでみると新鮮で、初めて読んだような気分になる。やっぱり単に記憶力がとても弱くなっているだけなのかもしれないけど。

連載は2011年4月から始まった。東日本大震災の直後である。この事実が、この連載の性格や内容のいくばくか少なくない分を決めたのかもしれない。原発問題含めて、直接的に関係しているものもあるが、奥底に流れる何かについても影響を与えているであろうことは、そこから出してきた著作から見ても確実だろう。

2011年4月からは様々なことが起きた(いつでもそうなのかもしれないが)。もちろん東日本大震災とその後の原発問題も当然だし、この論評の掲載元である朝日新聞の慰安婦問題での誤報問題もあった。高橋さんはそれについても発言する。基本はいわゆるリベラルな意見なのだが、簡単には世間やまわりに流されない誠実さがある。反対の意見にも耳を傾けようとする誠実さがそこには見られる。その思想は、バルトを引いた「「知性」とは、未知のものを受け入れることが可能である状態のことだ」というところにも表れている。また、ソンタグが911後に「真実と正義のどちらかを選ばないとしたら -- 真実を選ぶ」との言葉を紹介している点も注目するべきだと思う。

タイトルにもなった「ぼくらの民主主義なんだぜ」という章では、台湾のデモにおいて、当局から魅力的な提案を受けたときに、デモの主催者が、参加者ひとりひとりにその意見を聞いて回ったというエピソードを紹介している。そして、デモは終了するのだが、そこでその決定には反対だが、結論には従うという意見が表明されたことを紹介している。これが、ある種の理想とする民主主義の一幕ではないのかと思った。

そして、ただひとつの「民主主義」があるのではなく、自分たちが何種類もの「民主主義」に参加していることに思い至る。『僕らの民主主義なんだぜ』にはそういった意味も込められている。

この本について語ったインタビューが以下のサイトに掲載されている。
http://toyokeizai.net/articles/-/73340
論壇事業を書いている間は長編小説を並行して書けないということで、「6月末に叔父の亡くなったルソン島に行くのを契機に、戦争小説を一本書いてみようと思っている。論壇時評のスピンオフ小説をね」とある。そいつは楽しみだ。高橋さんの作品は、やっぱり時評よりも小説がよいのだ。

2015/08/04 22:43

投稿元:ブクログ

朝日新聞「論壇時評」に、2011年4月から2015年3月まで掲載されたコラム。様々な人の論が引かれ、著者の問題意識の高さと広さを感じる。意識するからこそ情報に触れ、触発されるような拡大のスパイラルは見習いたい。
15-167

2015/05/19 23:52

投稿元:ブクログ

①覚えておきたい良い言葉
②掘り下げれば広い世界が広がってそうな新しい知識・単語

に出会うと付箋を貼る習慣がありますが、この本は読み終わった後付箋だらけになりました。

2015/08/30 04:51

投稿元:ブクログ

この本はいろいろな視点を提供してくれ、
考えるきっかけとなるという意味で、
とても興味深く読めた。
恥ずかしながら、知らなかったことも
多くあった。
ちなみにほんの2、3年前の話なのに、
今読むと、また状況が変わっていることも多い。
変化のスピードが上がっている気がする。

いま向かっている方向とか世の中の空気というか、
それが良いのかどうかはわからない。
ただ、一人ひとりが自分で考えて、
自分の言葉で発言をしていくことが
大事なんじゃないかと思う。

2015/06/11 01:00

投稿元:ブクログ

政府与党のゴリ押しによって憲法の解釈変更という姑息な方法で他国の戦争に首を突っ込む法整備を進める今の日本。そこには民主主義の精神は既にない。

そんな息苦しさの中、筆者は「絶望はしない」と決心する。

様々な人との丁々発止の絡みは深く刺さるが軽妙で面白い。

2015/08/23 09:27

投稿元:ブクログ

朝日新聞「論壇時評」に2011年4月から2015年3月まで掲載された連載記事が収められた本。震災と原発、心身障害児とその親、生活保護不正受給、従軍慰安婦問題、ヘイトスピーチ、イスラム国…あらゆるトピックが取り上げられています。
引用も多いためとにかくたくさんの文献やウェブサイト、動画サイトの画像が紹介されていて、興味を持った話題をより深く知ることができそうです。

内田樹さんの『日本の反知性主義』から
「バルトによれば、無知とは知識の欠如ではなく、知識に飽和されているせいで未知のものを受け容れることができなくなった状態を言う」
という部分を引用し、
「逆にいうなら、『知性』とは、未知のものを受け入れることが可能である状態のことだ。」 - P248
と述べる部分があります。
このことはこの本の中でことばを変えて何度も語られています。
自分には知らないことがたくさんあることを自覚し、自分の意見と違うからといって他者の意見を切り捨てず、常に謙虚に他者の思いや考えをよく聞くことが大事だという筆者のメッセージがとても強く感じられました。

2015/06/26 19:15

投稿元:ブクログ

朝日新聞で、その月の気になったニュースや「言葉」についての随想が、まとまって出版された。
連載時から興味深く読んでいたが、あらためて、いま、読み返すと、頷けることが多い一冊。

非常に「ロック」な感じのする、言葉で世界と向き合ってきた作家のアンテナの張り方がすごい。
考えさせられる。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む