サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 21世紀のマダム・エドワルダ バタイユの現代性をめぐる6つの対話

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

21世紀のマダム・エドワルダ バタイユの現代性をめぐる6つの対話
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/05/19
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:19cm/272p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-97820-4
  • 国内送料無料

紙の本

21世紀のマダム・エドワルダ バタイユの現代性をめぐる6つの対話

著者 大岡 淳 (編著),宇波 彰 (ほか述)

20世紀フランスの思想家ジョルジュ・バタイユの短編小説を人形芝居として劇化した「マダム・エドワルダ−君と俺との唯物論−」を糸口に、21世紀におけるバタイユ思想の可能性を語...

もっと見る

21世紀のマダム・エドワルダ バタイユの現代性をめぐる6つの対話

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

20世紀フランスの思想家ジョルジュ・バタイユの短編小説を人形芝居として劇化した「マダム・エドワルダ−君と俺との唯物論−」を糸口に、21世紀におけるバタイユ思想の可能性を語る。トークセッションをもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

8人の論客が、それぞれぞれの立場で、思想家・バタイユが、現代の日本の精神的、思想的状況のなかで、いかに今日的な意味をもっているかについて語った一冊。2013年3月に「江戸糸あやつり人形座」による『マダム・エドワルダ ――君と俺との唯物論』と題する劇が上演された。20世紀フランスの思想家ジョルジュ・バタイユの短編小説『マダム・エドワルダ』を人形芝居として劇化した挑戦的な試みだった。各回上演後には、演出をつとめた大岡淳氏を聴き手に論客を迎えトークセッションを開催。本書はその一連の対談を軸に、中条省平氏と大岡淳氏の寄稿を付加して編集したものである。
【本の内容】

収録作品一覧

バタイユはファシストとどう違うのか 宇波彰 述 35−65
希望への想像力を獲得するために 大澤真幸 述 67−100
国民国家が崩壊するとき 片山杜秀 述 101−142

著者紹介

大岡 淳

略歴
〈大岡淳〉1970年生まれ。早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。演出家、劇作家、批評家。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/10/03 11:00

投稿元:ブクログ

バタイユの秘密結社アセファルには、もうずっと前から興味を持ってる。
いろんな興味深い人たちが関与してるしね。
http://booklog.jp/item/1/B011XBD2MC

アセファルでのアンダーグラウンドな活動というのは、なんだかワクワクしちゃうんだよね。

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む