サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サファイア(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 106件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/05/15
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-3895-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

サファイア (ハルキ文庫)

著者 湊 かなえ (著)

あなたの「恩」は、一度も忘れたことがなかった―「二十歳の誕生日プレゼントには、指輪が欲しいな」。わたしは恋人に人生初のおねだりをした…(「サファイア」より)。林田万砂子(...

もっと見る

サファイア (ハルキ文庫)

680(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あなたの「恩」は、一度も忘れたことがなかった―「二十歳の誕生日プレゼントには、指輪が欲しいな」。わたしは恋人に人生初のおねだりをした…(「サファイア」より)。林田万砂子(五十歳・主婦)は子ども用歯磨き粉の「ムーンラビットイチゴ味」がいかに素晴らしいかを、わたしに得々と話し始めたが…(「真珠」より)。人間の摩訶不思議で切ない出逢いと別れを、己の罪悪と愛と夢を描いた傑作短篇集。【「BOOK」データベースの商品解説】

「二十歳の誕生日プレゼントには、指輪が欲しいな」 わたしは恋人に人生初のおねだりをした…。綺麗な宝石に秘められた、深い謎と人々の切なる想い。人間の内なる闇と祈りを描き切る傑作短篇集。表題作ほか全7篇収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

真珠 5−45
ルビー 47−89
ダイヤモンド 91−136

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー106件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

初めて泣きました

2015/05/27 07:40

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けいたろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

湊かなえさんの本は、話題に上った「告白」から読み始め
グイグイ引き込まれる文章運びにすっかりファンとなりました
今回の作品は宝石にまつわる短編集で、多種多様な登場人物が
出てきます。湊さんの作品らしく、登場人物の一人称の語り口
での進行もいつも通りでしたが、本のタイトルにもなっている
サファイア、そしてそれに続くガーネットにやられました
飛行機の中で人知れず、静かに涙を流しました
サファイアでは恋人を残して逝ってしまった彼の思いそして
残された彼女の思いを思って泣き、ガーネットではそれに
まつわる人々の思い、真実を知って泣きました
人は死んでどうなるのかは知りませんが、残された人のことを
考えるとこういう見守り方をしてくれると残された人間は
報われるのではないでしょうか…
一生涯の恋人、運命の人というのはこういう二人のことなんだと
シミジミ感じました
疲れた時にも温かく心に染み入ると思います

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動もあり!新鮮!

2016/02/10 21:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エリコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編集なのでいくつかお話が入っていますが、どれもどんどん読みたくなってあっという間に読み終わりました!!
湊かなえさんの本がもともと好きでよく読むのですが、いつもと違ったテイストのお話もあり、すごく新鮮でした。
感動する場面も多々あります。
すごくおすすめです。
ぜひ読んでみて好きなお話を見つけてください(・∀・)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろい。

2015/09/27 01:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Shinano - この投稿者のレビュー一覧を見る

「母性」と「サファイア」を同時に購入しましたが、「サファイア」のほうがおもしろかったです。特に「ムーンストーン」の話が好きで、寝る前に何回も読んでしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読後感がすばらしい

2016/11/18 11:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

湊さんの作品なのに、読後感が素晴らしい!(笑)
最初の物語で、あれ?一人称は男性なのね??
でも物語は不思議な女性が主導を握ってて。。。
ムーンストーンのお話が結構好きだと思ったんだけど、
サファイアから続くガーネットのお話が素晴らしかった。
物事には、やっぱり表と裏があって、でも心の持ちようで、
その裏が表になりうるんだ!!
ってものすごい元気をもらった気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気読み

2016/03/22 21:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けぇちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白くて一気に読みました。
同じ言葉が何度も出てくるので、読み終わっても頭から離れません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短編集です。

2015/12/30 02:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おじぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ダイヤモンド、真珠、ルビー、サファイアなど、7つの宝石をテーマにした、短編集です。
軽い作品ですので、あっという間に読んでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/23 22:27

投稿元:ブクログ

購入・再読。
面白かった!!
イヤミスではなく読後感はいい。
「ルビー」はほのぼの家族と老人福祉施設の「おいちゃん」の話。
「ダイアモンド」はちょっととぼけたユーモアのある、鶴の恩返しならぬ雀の恩返し。
「サファイア」と「ガーネット」は連続した話。地味な女の子の恋愛とその後。
宝石に神秘の力はなく結局は自分の有り様という、希望の持てる話だった。

2012.10.27
宝石をモチーフにした短編集。
とても面白かった。
この作家にしては毒がなく、心暖まるものもあって、読後感はよい。
(図書館)

2017/01/15 12:13

投稿元:ブクログ

2017/1/12
これはいい感じに終わりそうと思ったのが後味悪く終わり、嫌な予感しかしないと思ったのが希望を持って終わったりする。
すっかり翻弄されてそれが気持ちいい。

2015/05/19 07:27

投稿元:ブクログ

7つの短編からなる本。
個人的には、ムーンストーンが好きで、サファイアとガーネットに暖かみを感じつつ、意外に猫目石も、作品として、面白かったな。と、思った。

2015/09/30 15:53

投稿元:ブクログ

宝石をテーマにした短編集。
サファイアとガーネットだけ続いている。
ガーネットの最初など、湊さんの話かなと思わせられる。
ちょっと湊さんの今までの作品にはない不思議なダイヤモンドとか、さすがなムーンストーンや猫目石。面白い。

2015/05/25 13:04

投稿元:ブクログ

とても読みやすい短編。

しかし、「猫目石」が何度読み返しても解釈できなかった。頭の中にストーリーを思い描くことが全くできない。言いたいことを自分の頭の中で要約しすぎて他人に伝えられない、言葉足らずな話だった。

2015/06/30 21:33

投稿元:ブクログ

短編集なのでサクサク読めました。
そしてあいかわらず後味の悪いモヤッとする終わりの話も多数。
でもこの人のは黒くてもアリです。

2015/05/31 17:09

投稿元:ブクログ

それぞれの短編は異なる宝石がモチーフとなっている。
さらに「恩返し」もほぼ共通するテーマ。
恩返しとはいっても、やはり湊かなえさんなので一筋縄ではいかず、ほのぼのするものから背筋が冷たくなるものまで。
また、読者がミスリードされる作品もあり(ミスリードされる側の思い込みの強さによるものだと思う)結末を見て心地よい騙され感に感心してしまったり。読みやすく味わい深い短編集。

2015/08/09 20:40

投稿元:ブクログ

読み始めてから気づいたけど、湊かなえさんの作品って長編ばっかり読んでたからなんだか違和感があったけど「ダイヤモンド」でぐぐっとはまって「ムーンストーン」で湊かなえさんだなーって納得。
「真珠」「ムーンストーン」「サファイア」「ガーネット」は湊さんっぽいけど、「ルビー」なんて全然ぽくなくてびっくり。
こういう話も書くんだなー。
「ダイヤモンド」も綺麗にまとまっていて面白かった。というか、こういう女、いそうだなぁ。こういう男も。
「猫目石」は終わり方がイマイチかなぁ。これ、父親の秘密は家族共有になったけど、母と娘の秘密はそのままなんだよね。母はもう二度としないだろうけど娘の秘密はどうなってるんだろう。
でもやっぱり「ムーンストーン」が一番面白かったなー。
一人称を使ったトリック、見事だなーって思う。
読み始めは微妙かなって思ったけど、途中から一気読みしちゃうのはやっぱりさすが湊かなえさんって感じ。

2015/11/02 11:13

投稿元:ブクログ

あまりイヤな感じのするのがなくて
それはそれで面白かった短編集。
「サファイア」からの「ガーネット」が
何とも言えないいい流れ。