サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ゾーン 豊洲署生活安全課岩倉梓

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゾーン 豊洲署生活安全課岩倉梓(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/05/15
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/371p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-3900-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ゾーン 豊洲署生活安全課岩倉梓 (ハルキ文庫)

著者 福田 和代 (著)

空前の人口増と再開発に沸き立つ東京都江東区豊洲。新設された豊洲署生活安全課の女性刑事・岩倉梓のもとに、児童ネグレクト、貧困老人の孤独死、震災詐欺など、様々な事件が持ち込ま...

もっと見る

ゾーン 豊洲署生活安全課岩倉梓 (ハルキ文庫)

799(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

空前の人口増と再開発に沸き立つ東京都江東区豊洲。新設された豊洲署生活安全課の女性刑事・岩倉梓のもとに、児童ネグレクト、貧困老人の孤独死、震災詐欺など、様々な事件が持ち込まれる…。新世代警察小説。〔「ZONE」(2012年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

橋向こうのかぐや 7−80
樹下のひとり法師 81−150
ハーメルンの母たち 151−225

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

普通の人々の日常の身の回り

2015/08/10 02:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SeasideParadise - この投稿者のレビュー一覧を見る

刑事課じゃなくて生活安全課の女性刑事の話。扱う事件もずいぶん異なる。もっと普通の人々の日常の身の回りにありそうなことばかり。本当はここまで深くは関わってもらえないかもしれないけれど、警察っていろいろやってくれるんだね、と思わせてくれる。いや、そこまで深く入れ込んだらやってられないだろう、という彼女の上司によるセリフもあるんだけど(^^;

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/08 09:37

投稿元:ブクログ

各作品には、発表時期または設定時期が明記されていて、作中の物語は2010年から2011年の出来事である…

岩倉梓が取り組む事件は…児童ネグレクト、貧しい老人の孤独死、幼稚園での騒動、ストーカー騒動、震災に絡んだ詐欺と様々だ…何れも…或いは「最近の社会の縮図」のようでリアルだ…そういう事態に、主人公が一つずつ真摯に向き合う。或いは、警察で“本流”のようになっている「凶悪重大事件を扱う」ということも大切だが、岩倉刑事が向き合うような、様々な事案の方が世の中には圧倒的に多い筈である。故に、岩倉刑事達の動きや関係者の様子が、読む側に「迫る」感じがする…

本の題名に在る“ゾーン”という表現…これは「〇〇の街」という程に明確な“目鼻立ち”が定まっているでもない地域を指し示している…豊洲は、再開発が為されて人口も増え、岩倉刑事が勤務する豊洲署も開設された。他方、「豊洲の街」という程に“目鼻立ち”が定まっている感でもない…東京の方々に在る「〇〇の街」は、そういう“ゾーン”という時期も経ながら形成されて行った。そういう様子を見守るのが、岩倉刑事達の役目でも在るのだと本書は語っている…

2015/07/02 12:29

投稿元:ブクログ

刑事課じゃなくて生活安全課の女性刑事の話。扱う事件もずいぶん異なる。もっと普通の人々の日常の身の回りにありそうなことばかり。本当はここまで深くは関わってもらえないかもしれないけれど、警察っていろいろやってくれるんだね、と思わせてくれる。いや、そこまで深く入れ込んだらやってられないだろう、という彼女の上司によるセリフもあるんだけど(^^;

2015/12/02 07:11

投稿元:ブクログ

やさしい女刑事の物語。

やむにやまれず抜けられないでいた悪徳商法の販売員に同情するのはともかくとしても……一見粘着質なストーカー男や、震災ビジネス崩れの三下詐欺男の背景まで斟酌し、彼らの人生の心配までしてやる…。

そんな刑事の物語、あってもいいよね、と思わされた。巻末解説文にも記されているように、「名もなき人びと」に思いを馳せることのできる一冊。

★3つ、7ポイント。
2015.12.02.古。

※主人公の心の成長…(最初はけっこうに卑屈な心持ちでいたのが、次第に前向きになりつつある)

班長の過去…
イケメン後輩との絡み…
ちょっとキャラの立った、班メンバー…
まだ描写されてない班メンバー…
日々変わりゆく、発展途上の“街”…

…続編描けそうな材料は山ほどあるのだけれど、シリーズ化はされてないのだろうか?


※同じ「生活安全課」という部署なのに、「新宿鮫」とはまた、ずいぶんと雰囲気が違うこと(笑)。

…てか、そっち(“鮫”)の方が特殊ケースではあるけれど。

2015/12/15 21:01

投稿元:ブクログ

警察小説では珍しい、生活安全課で勤務する女性警察官の話。世間を賑わすような事件でなくても、身近にある個々の問題に真摯に向き合う主人公の姿勢に、考えさせられるものがある。やれることに限界がある中で、自分の無力さを感じながらもあきらめずに前に進もうとする主人公はまさに「名もなき人」である。