サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

母性(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 245件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/06/26
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/359p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-126771-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

母性 (新潮文庫)

著者 湊 かなえ (著)

女子高生が自宅の中庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。…遡...

もっと見る

母性 (新潮文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「母性」が含まれるセット商品

新潮文庫の100冊 2016 109巻セット

新潮文庫の100冊 2016 109巻セット

  • 税込価格:65,027602pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

女子高生が自宅の中庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。…遡ること十一年前の台風の日、彼女たちを包んだ幸福は、突如奪い去られていた。母の手記と娘の回想が交錯し、浮かび上がる真相。これは事故か、それとも―。圧倒的に新しい、「母と娘」を巡る物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

私は母の分身なのだから。母の願いだったから。私は愛能う限り、娘を大切に育ててきました。そしてその日、起こったこと−。暗闇の中で求めていた無償の愛、温もり。「それ」をめぐる母の記録と娘の記憶、あるいは探索の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

女子高生が自宅の庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。……遡ること十一年前の台風の日、彼女たちを包んだ幸福は、突如奪い去られていた。母の手記と娘の回想が入り混じり、浮かび上がる真相。これは事故か、それとも――。圧倒的に新しい、「母と娘」を巡る物語。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー245件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

母と娘

2015/08/07 22:06

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いくみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

語り手が交代で独白して物語が進んでいきます。
なにが信用できて、なにが信用できないのか、誰が信用できて、誰が信用できないのか、2回読むとはっきり理解できました。
思いのすれ違いが切ないけれど愛おしい物語です。
読む人の立場によって、誰に感情移入しやすいかが違うと思いますが、私は娘の立場しか経験がないので、途中とても辛くなりました。
理解が足りず、すっきりしない箇所があったので、3回読みました。
面白かったです。お勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

母娘のパラレル&スパイラル

2017/03/28 21:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱり湊さんだわぁ…。数学で言うベクトルの「平行(パラレル)」でなく「ねじれ(スパイラル)」の関係だ…。どんなにに時間がたっても交点はない。
でも、人の生き方って直線じゃないんだよ、だからどこかで交点はあるんだ…。
そんな感じの母子(娘)関係。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今まで感じたことのない恐怖

2015/08/21 10:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おかゆひめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

サスペンスが好きで今までにもそれなりに読んできたけれど、この小説はとても怖かったです。家族といえども様々な感情を抱くものなのだと実感しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良くわからない話

2017/01/23 13:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RASCAL - この投稿者のレビュー一覧を見る

うーん、ちょっと湊かなえさんらしくないような。義母の視点ってのがあったら、どうなるのでしょうね、この話。私は男なので、良くわからない話でした。子から見れば親は目標、越えていくべきもので、親から見た子は、そう簡単に越えさせないもの、そして越えられたら離れていくべきものと思っています。それって父性であって、母性はちょっと違うのかな。うーん、分からない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

母性

2016/11/23 17:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容が気になり、すぐ読み終えた作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最初の4〜5ページで掴まれます

2016/09/30 21:08

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初の4〜5ページでガッシと掴まれます。この書き出しの見事さは湊かなえ氏の作品に共通するものだと思います。

それにしても男の存在感のなさというか、無意味さ。
料理に添えられたパセリか と思うしかない扱いです(笑)
これを読んだ男である私などは「どうすりゃいいの?」と途方に暮れるしかない状態です。
最後まで読み終えた今でも、この作品がハッピーエンドなのか?そうではないのかさえ判断がつきません。
母性は体の経験ではなく頭の中での理解としてしか、親になれない男には永遠に辿り着けない性根だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子どもでいたい女性が母親になったところから起きる悲劇。

2015/09/22 20:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の女性は「母性がない」のではなく、「母性はあったかもしれない、でもそれ以上に子どもでいたい気持ち、母親に依存する気持ちが強い」性質を持っているのだと思う。だから、自分の子どもへは本当の愛情も興味も寄せられない。
今の世の中(に限らないのかもしれないが)、こういうケースはけっこうあるのだろう。それをえぐり取るように深く描いているという意味では、非常にうまい。相変わらず、読んでいる最中に砂を噛むような厭な気分になるというマイナス面はあるが、これは湊作品を読む時には覚悟しなければならないことなので驚きはしない。
ただ、あまりにもドラマティックにすぎる演出が途中にあるのは(メロドラマ的といってもいい)、いきすぎかなあと思う。章ごとに添えられる詩のようなものも、思い入れが強すぎて浮いているのでないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

母という存在とは

2015/07/26 09:28

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいて最初から最後まで辛い気持ちが続いた。

〔母の手記〕と〔娘の回想〕で話が展開される。自分の子供を愛せず母親を愛しすぎた〔母〕、母から愛されない〔娘〕。どちらにも真っ直ぐ歩けない暗い背景が揺れている。

子供を産むことが出来る女性にとって、
母親を愛しすぎることは、何かを見失なってしまうことなのかもしれない。

母を超える愛を見つけられないでいる私にとって、
深く考えさせられる作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これぞ湊作品!?

2016/02/08 12:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終わって。。。
さすが湊作品 さっぱりわからん!!
ところで手記じゃない地分に出てくる女教師ってなんだったの?
そう思いながら最初のページに戻って衝撃(@_@)
そうか、そういう事でしたか^^;
見事にさっくり騙されました。 あっぱれ!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

普通

2016/01/26 14:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すもも - この投稿者のレビュー一覧を見る

書店でイチオシになっていたので購入。読み終わって特に心に残るような点もなく、だからと言ってつまらない訳でもなく、普通でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

母性

2015/08/24 18:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ko - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく母親の周りが全員酷い。とてもいらいらします。ですが、この母親も酷い。自分の娘より、自分の母親を火事から救おうとするのだから。
最後のシーンで、母親を嫌いになります。引き込まれる話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

重い、、、。

2015/10/01 22:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Shinano - この投稿者のレビュー一覧を見る

好みの問題だと思いますが、私は好きではなかったです。おそらく私の母親がこの本に出てくる母親ほどひどくなかったにしても、似ている部分があるため、読んでいて重くなりました。同時期で文庫が発売だった「サファイア」はおもしろかったです。わたしはそちらのほうをおすすめしますが、、、。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぞくぞくする

2016/01/21 06:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅーくりーむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初心地よいぞくぞくを感じ読み進めていく。
だんだんページが進むにつれ、話の核心的なところがだんだんみえてくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/24 20:49

投稿元:ブクログ

母と娘のすれ違い。登場人物の誰も共感できず、もやもやしたままラストシーンへ。読み返すのは湊かなえ作品ならでは。

2016/07/18 22:06

投稿元:ブクログ

下手な育児書を読むよりも参考になるのではないでしょうか。
母親の言い分と娘の言い分。
同じシーンでも立場が変われば、こんなにも解釈の違いが生まれるのかと面白くも恐ろしくもなった。
そして母親になった自分としては、ルミ子の言い分も大いに共感できる…。
母親は皆、誰かの娘でもあるわけなので、その切り替えが難しいよね。妊娠、出産したとはいえ、まだまだ娘時代の方が長いんだから、母親100パーセントにはすぐ切り替えられない。それは私だけじゃないんだ、とルミ子の独白を読んで安心したのも事実です。

と、なかなか楽しく読んだのだけれども、やっぱりこの作家の作品は、登場人物それぞれの独白で成り立つのは変わらないスタイルなんだね…。それぞれが大袈裟で含みを持たせる文章ばかりなので、読んでいて疲れる…。どうも湊かなえの作品を読んだ後は淡々と書かれている東野圭吾作品を読みたくなります。
話の着眼点はいいのに、毎作いまひとつ残念。
とはいえ、この作品のトリックにもまんまと引っかかったんだけどねσ(^_^;)