サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

暗渠マニアック!
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/06/27
  • 出版社: 柏書房
  • サイズ:21cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7601-4609-3
  • 国内送料無料

紙の本

暗渠マニアック!

著者 吉村 生 (著),高山 英男 (著)

意外と身近なところにある「暗渠」。「暗渠サイン」が、ありかをこっそり教えてくれます。【「BOOK」データベースの商品解説】もともと川や水路(あるいはドブ)があった場所「暗...

もっと見る

暗渠マニアック!

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

意外と身近なところにある「暗渠」。「暗渠サイン」が、ありかをこっそり教えてくれます。【「BOOK」データベースの商品解説】

もともと川や水路(あるいはドブ)があった場所「暗渠」には、“水でない何か”がいまだ残っており、何かを訴えている−。暗渠を知ると街の見え方が変わる。ふたりの「暗渠マニア」が散歩で読み解く、見えない街のものがたり。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

吉村 生

略歴
〈吉村生〉暗渠ツアーガイドや講演などを行う。ブログ『暗渠さんぽ』運営。
〈高山英男〉中級暗渠ハンター。著書に「絵でみる広告ビジネスと業界のしくみ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店那覇店

暗渠マニアック! ほんとマニアック。

ジュンク堂書店那覇店さん

「暗渠(あんきょ)」とは!「地下に埋設したり、ふたをかけたりした水路」(小学館『大辞泉』)、
「覆いをしたり地下に設けたりして、外から見えないようになっている水路」(三省堂『大辞林』)
(以上、本書9ページより抜粋)というのが一般的な暗渠の定義なのですが。
本書では、単なる水路のあとも、元々川や水路があったところも暗渠として扱っています。

本書ではそんな暗渠にハマッてしまった男性二人が、交互に語っていくスタイルとなっております。
文字が多めではありますが、写真や地図なども入っているのでイメージしやすいと思われます。
散策地が主に東京となっていますが、東京になじみの薄い私からすると、知らない場所の昔話を読めるのは
ちょっと不思議な感じがして面白いです!
でもこれだけじゃないんです!読んでいて驚いたのですが、なんと那覇のガーブ川も暗渠として紹介されているんです!
確かに当店の裏口あたりにもガーブ川が流れていますが、まさかココで紹介されているなんて!!
これは散歩がてらに暗渠探しをしたいと思わざるを得ないです。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/01/24 19:57

投稿元:ブクログ

暗渠にいざなわれる名著。かなりニッチなところを攻めている,この世の大半はニッチだが。読むと思わず暗渠探索に出かけていきたくなる。ブラタモリ好きは読んどけ。

2015/10/11 19:58

投稿元:ブクログ

水路にふたをし、道路にしてしまう暗渠。都会の細い道は、暗渠うなことが多い。それをマニアックに取材して回ったのがこれ。
うちの近くにも、あるよね。たどってみようかしら。

2016/03/01 17:15

投稿元:ブクログ

図書館で偶然見つけて借りました。買えばよかった!と大後悔するほどの大収穫でした。

水場の人々が暮らし生きてきて、水と共存する決意を感じる暗渠。水と戦った名残のような暗渠。埋めたりせき止めたりせず、フタをしたり道筋を変えたりと、水と人間の欲望の仲人のような存在の暗渠。水の事情に逆らわず水に沿って上手くやるのも一手と、静かに教えてくれる様々な暗渠の存在にしばし耽りました。思えば首都高も川の上…。

それにしても、写真やデータ、作表も豊富に載せたこの本の情報量は、圧巻の一言です。文章もシンプルで素直だから、暗渠への想いがそれだけ強く伝わってくる。しかも、巻末によれば本業が別にあるそうな…。
うーん、やっぱり手元に置いておきたい。

国内紀行・旅行記 ランキング

国内紀行・旅行記のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む