サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」(講談社+α文庫)
絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」(講談社+α文庫) 絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」(講談社+α文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/09/18
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α文庫
  • サイズ:15cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-281617-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」 (講談社+α文庫)

著者 松田 賢弥 (著)

ゴッドマザー・洋子の執念のもと、今日も空虚なプリンスは足搔き続ける−。安倍晋三の祖父、父、叔父、隠された弟、妻、母を取り上げ、養子縁組を繰り返し「名門の血脈」を維持し続け...

もっと見る

絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」 (講談社+α文庫)

799(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ゴッドマザー・洋子の執念のもと、今日も空虚なプリンスは足搔き続ける−。安倍晋三の祖父、父、叔父、隠された弟、妻、母を取り上げ、養子縁組を繰り返し「名門の血脈」を維持し続ける安倍一族に迫る。〔2015年2月刊の加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

すべては偉大なる岸信介の血を残すために――。安倍晋三の母・洋子の執念は、この華麗なる政治家一族の姿をいびつなものにしている。養子縁組を繰り返し、家を守ることによって何が生まれたか? 
孤独な政治家・安倍晋三にとって、祖父の宿願を達成することこそ、唯一、洋子に認められる術になる。幻影安倍家三代を丹念に取材し、幻影に追い回された安倍ファミリー・六人の姿を丹念に分析することによって、「安倍晋三」なるものの正体に迫る。
政治取材のトップランナー・松田賢弥が放つ衝撃の書、早くも文庫化。

【本書の内容】
プロローグ ゴッドマザー・安倍洋子を軸にした三代
第一章 祖父・岸信介――安倍晋三が追う幻影の正体
第二章 父・安倍晋太郎――「岸の女婿」と言われ続けた男の悲劇
第三章 叔父・西村正雄――唯一晋三を批判できた晋太郎の異父弟
第四章 隠れた弟を追って――父・晋太郎が築こうとしたもう一つの家庭
第五章 妻・安倍昭恵――奔放な「家庭内野党」で洋子との確執は続く
第六章 母・安倍洋子――晋三に賭けるゴッドマザーの執念【商品解説】

目次

  • ■プロローグ ゴッドマザー・安倍洋子を軸にした三代
  • ■第一章 祖父・岸信介――安倍晋三が追う幻影の正体
  • 名門一族の秘められた「約束事」/小児麻痺を患った長男・信和/落下傘工場で働いた洋子/終戦の日、岸は病床にあった/横浜拘置所への護送/弟・佐藤栄作との「出所祝い」/公職追放解除へ/毎日新聞記者・安倍晋太郎との結婚/政界復帰と自民党結成/憲法改正の宿願/総裁選の敗北と外務大臣就任/釈放八年後の総理就任ほか
  • ■第二章 父・安倍晋太郎――「岸の女婿」と言われ続けた男の悲劇
  • 生き別れた母と特攻志願/病の父と瞼の母/晋三が触れないもう一人の祖父/警察の尾行/新聞記者と「岸の娘」/俺の実家は安倍家だ/岸への相反する感情/九歳の晋三の前で泣く父/異父弟の存在を知る/ポスト中曽根レースに加わる/総理になれなかった男として/リクルート報道と入院
  • ■第三章 叔父・西村正雄――唯一晋三を批判できた晋太郎の異父弟
  • 晋太郎の隠された弟/晋三には何が欠けているのか/兄を看取った銀行マン/晋太郎への長文の手紙/戦争を知らない甥・晋三に伝えたいこと/晋三は侵略戦争がわかっていない/「偏狭なナショナリストと離れろ」
  • ■第四章 隠れた弟を追って――父・晋太郎が築こうとしたもう一つの家庭
  • 晋太郎の隠し子と呼ばれて/秘められた料亭の女将との関係/「晋三に言うべきだろうか」/家に寄りつこうとしない晋太郎/母子家庭で育って
  • ■第五章 妻・安倍昭恵――奔放な「家庭内野党」で洋子との確執は続く

著者紹介

松田 賢弥

略歴
まつだ・けんや―1954年、岩手県北上市生まれ。業界紙記者を経てジャーナリストとなり、『週刊現代』『週刊文春』『文藝春秋』などを中心に執筆活動を行う。故・小渕首相元秘書官のNTTドコモ株疑惑をはじめ、政界について多くのスクープ記事を執筆。小沢一郎について20年以上取材を続け、その後の「陸山会事件」追及の先鞭をつけた。妻・和子からの「離縁状」をスクープしたことで、第19回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞を受賞。
著書に、『小沢一郎 淋しき家族の肖像』(文藝春秋)、『権力者 血脈の宿命 安倍・小泉・小沢・青木・竹下・角栄の裸の実像』(さくら舎)、『小沢一郎 虚飾の支配者』『逆臣 青木幹雄』『角栄になれなかった男 小沢一郎全研究』(以上、講談社)ほか多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

納得

2015/10/23 12:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らーら - この投稿者のレビュー一覧を見る

安倍氏の海外や国内での演説が歴代総理大臣や他国の大統領や首相とは全く違うことが不思議だったがこの本を読み
解決して良かった。
また今までとは、違った視点で観察できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/22 14:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/23 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/18 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/25 09:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/26 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/23 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/17 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/10 01:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/30 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社+α文庫 ランキング

講談社+α文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む