サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

チャーちゃん
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 一般
  • 発売日:2015/10/14
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:29cm/40p
  • 利用対象:小学生 一般
  • ISBN:978-4-8340-8203-6
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

チャーちゃん

著者 保坂 和志 (著),小沢さかえ (著)

「死」という得体のしれない存在に気づき始めた子どもたちと、「死」というものをどう受け止めていいのか迷い続ける大人たちに向けて、現代文学の旗手が、一匹の死んだ猫を語り手にし...

もっと見る

チャーちゃん

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「死」という得体のしれない存在に気づき始めた子どもたちと、「死」というものをどう受け止めていいのか迷い続ける大人たちに向けて、現代文学の旗手が、一匹の死んだ猫を語り手にして「死」を巡る言葉を紡いだ絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

保坂 和志

略歴
〈保坂和志〉1956年山梨県生まれ。早稲田大学政経学部卒業。「この人の閾」で芥川賞を受賞。
〈小沢さかえ〉1980年生まれ。京都造形芸術大学芸術学部洋画コース卒業。絵本に「ほしをもったひめ」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

絵本の書き手の、なんと幅広いことか

2017/04/23 08:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵本は、書き手を選ばない。
 通常は絵本作家が文も絵も描くことが多いが、時に絵本作家同士が互いに文を担当したり絵を描いたりすることもある。
 絵本作家だけが絵本を書くことはない。
 特にそれは文の方だが、詩人も書く。漫画家も書く。映画監督も書く。俳優も書く。落語家も書く。アナウンサーも書く。
 小説家ももちろん書く。直木賞作家も芥川賞作家も書く。
 文学の世界では漫才師が小説書いたって驚天動地していたが、絵本の世界では驚かない。
 絵本はとても寛容なのだ。

 この絵本の文を書いたのは、『この人の閾』で第113回芥川賞を受賞(1995年)した保坂和志さん。(絵は、小沢さかえさん)
 芥川賞そのものがストーリー性よりも文章の巧さに一目を置くところがある文学賞だが、その文体が絵本に合うかどうかは作者次第であろう。
 どちらといえば、詩人の、一行一行刻むような散文があっているような感じがする。

 この作品の場合、「チャーちゃん」という一匹の猫が主人公だ。
 しかし、この猫は死んでいる。
 死んでいるのだが、踊っているのだという。
 この猫がいる世界は死後の世界であるが、そちらではかつて生きていたものたちが楽しそうに踊っているという。
 だから、生きていた世界ではパパもママも泣いているけれど、チャーちゃんのいる死の世界ではみんな楽しく踊っているのだ。
 そう思っている(想像している)のは、きっと生きている世界にいるものたちだろう。
 こういう深い作品も、絵本は平気な顔をして受け入れてしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

猫の気持ち

2016/03/28 12:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しぃしぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょうど買っていた猫の名前が同じなので読んでみました。子ども達も、悲しいおはなしだけどいつかは家のちゃーちゃんもお別れの時がくるよねと、一緒に読んでくれました。そして読んだら、お別れはずーっと悲しんじゃいけないんだねっていう気持ちに変わりました。先日、安らかにお別れの時がきました。私が中学の時から一緒にいたちゃーちゃん。お別れの時は、きっと悲しくて哀しくてどうなるのかと思いきや、私の心は晴れやかでした。子ども達も同じでした。この本を読んで迎えられたお別れの時は、涙、涙ではなく家族みんなをあたたかくしてしれました。ちゃーちゃんの気持ちを代弁してくれたと感じています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

清らかな死生観

2016/03/10 20:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の可愛らしさ清らかさに惹かれて手に取ったら衝撃的な始まりでした。
死んでしまったけど生きてる時と変わらない。踊ってる。お腹は空かない。何だか楽しそう。
そして、みんなこっちにいるし、好きなひともそのうちこっちに来る。
「死」を意識し始めた子供達に丁度良いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

チャー

2016/05/21 05:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

イラストもリアルで死がテーマになっていますが暗くなりすぎず読み終わった後に、優しい気持ちななる絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/04/26 21:31

投稿元:ブクログ

あらゆる常識やしがらみから自由になる、という死の要素のひとつを、こんなに伸びやかに描いている絵本があるんだなあ。少し、驚いた。小さいころにこういう風に「死」と出会うというのも良いかもしれない。
(私が小さいころ読んだ本で印象に残っているのは、死を前にした人から残された人に向けてのものが多かったので。『わすれられないおくりもの』とか)
 『岸辺のヤービ』の挿し絵の小沢さかえさん、この絵本の挿し絵も、タッチはかなりヤービと異なるけれども、動物や植物がいきいきしているところは共通している。好きだ。

2017/04/08 18:54

投稿元:ブクログ

チャーちゃんにとっては、生きていることと死んでいることに境目なんてない。
走って遊んでまた走って。いつだって自由で気ままに踊ってる。
悲しいことなんかなにもない。
だっていつかみんなここにきて、一緒に踊るんだから。もちろん、パパとママもね――。


「ぼく、チャーちゃん。はっきり言って、いま死んでます」
チャーちゃんはどこまでもポジティブだ。
死んでしまったけれど、生前となにもかわらず楽しく過ごしている。
水平線を見はるかす丘の上、草の原を駆け巡り、ときには空を飛んで、鳥や獣と一緒にダンス。
世界のどこにだって行けるし、疲れないし、お腹だってすかない。
そう、なにも悲しいことはない。きっとまた会える。そして一緒に楽しく踊る。

だから、泣かなくていい。

あっけらかんとしたチャーちゃんの言葉の数々。それで死はたんなる生の続きになる。魂はあざやかな色彩に満ちた世界で軽やかに踊り続ける。
死別の悲しみを癒し、きっとまた会えるという希望を描く絵本。

それなのに読んでいるとどうしても泣いてしまうのだけれど。

2015/12/01 21:54

投稿元:ブクログ

小沢さんの空をかける猫の絵、すごく良かったです。
まだまだペットロスから立ち直れない私に、少し慰めになったかな。

2015/12/23 12:54

投稿元:ブクログ

「岸辺のヤービ」の画繋がりで手に取った一冊
・・・が、その見た目とは裏腹?!な始まり
~ぼく、チャーちゃん。
 はっきり言って、いま死んでます。~
昔、五味太郎さんが講演で「絵本は小さい子供のモノって誰が決めたの?絵だけで伝えられるから大人も子供も読めるってだけで、子供のために絵本描いてるわけじゃない」みたいなことを言ってたのを思い出した
ある意味、この「チャーちゃん」も・・・深いぃ「大人の絵本」デス

2016/05/24 19:25

投稿元:ブクログ

初めて読んだとき、「わー!なんだか怖い絵本だなー!」と感じました。
再び落ち着いて読んでみると、作者の言いたいことを感じ取ることができました。
文章では主人公のチャーちゃんはネコと特定していませんでしたので、ほかの表現もありかな?と思いました。

2015/11/14 21:28

投稿元:ブクログ

このところ急に福音館で有力挿し絵画家となった小沢さかえの絵。
保坂和志がチャーちゃんという猫を飼っていたこと、非常に愛していたことは知っていたので、死んだ猫がこんなふうにいてくれたらいいなと願っていることは伝わった。
絵は、油絵のようで、私はこっちの方が『岸辺のヤービ』の絵より好きだ。動きと透明感がある。家がバラバラになって舞い上がっていくのなんか面白い。
絵本としては…。愛する猫を亡くした人は、凄く癒されると思うが、大抵の子どもにはそういう経験がないから、純粋にこの絵が楽しめる感性がなければ、つまらないかもしれない。
個人的には「てか」「飛んでまーす」(坂上二郎か!いや、あれは「飛びます」)という表現に違和感あり。

2015/11/16 13:40

投稿元:ブクログ

昨年亡くなった我が家のじんぺちょんぬも、こんな世界で楽しく踊りながら色々な動物たちと仲良く過ごしていてほしいと思いました。

2016/06/29 23:07

投稿元:ブクログ

チャーちゃんは踊ってる

あゝ こんなふうに
“踊ってる”んならいいなぁ。

“「死」はおそろしいものじゃない”
“あちらで彼らは穏やかだ”
“いつか会えるね”

そんな絵本が増えているように思う
畳みかけるかなしみのためだろうか
この国に宗教が不在のためだろうか
【ブックカフェ松庵文庫にて】

2015/12/26 11:02

投稿元:ブクログ

【2015年交換会】
死ぬことについて、別の目で見ることができます。大切な人を亡くした時に読むのもいいと思います。

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む