サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚(ディスカヴァー携書)

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書)

著者 牛窪 恵 (著)

いまの20代男女は、恋愛をしたがらない。これまでの若者研究や若者取材に加えて、20代男女へのインタビューと定量調査を行い、さまざまな角度から彼らの置かれた社会の状況や深層...

もっと見る

恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書)

1,188(税込)

恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚

950 (税込)

恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚

ポイント :8pt / 紙の本より238おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いまの20代男女は、恋愛をしたがらない。これまでの若者研究や若者取材に加えて、20代男女へのインタビューと定量調査を行い、さまざまな角度から彼らの置かれた社会の状況や深層心理を分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

恋愛至上主義の終焉と結婚の危機!恋愛とセックスと結婚の三位一体は崩壊!
「いつかは結婚したい。でも恋愛は面倒。」「夫はいらない、欲しいのは子どもだけ」
「ラブホもワリカン」「恋愛はコスパに合わない」「恋愛にはリスクがいっぱい」「パパやママといるほうが楽しい」「すぐそこにある、離婚という恋愛不良債権」……。

女性7割強、男性8割弱の20歳にいま、彼氏・彼女がいない。また恋人ナシの20代の4割が「いらない」と言い切る。でも、その一方で20代女性の7人に1人にセフレがいて、同男女の9割以上は「いずれ結婚はしたい」と言う。「面倒な恋愛から解放されるためにも」⁉ かつて、恋愛とは青春の象徴であった。いま若者たちの間に何が起こっているのか? 

新語・流行語大賞にノミネートされた「草食系(男子)」や「おひとりさま(マーケット)」を世に広め、若者たちの変容や人生観に詳しく、TVや雑誌でもおなじみのマーケティングライター・牛窪恵が、識者や若者への徹底取材ならびに本書のための徹底した定量調査も行い、その実態と傾向から非恋愛時代の新しい結婚のカタチを探る……!
そこから見えたのは、バブル崩壊後に起こった数々の「恋愛革命(レボリューション)」だった!

「若者にとって、恋愛がとても『面倒』な時代になった」(関西大学・教授 谷本奈穂氏)
「現20代男女にとって、恋愛は精神的に『重い』もの」(和光大学・准教授 高坂康雅氏)
「現実主義となったいまの若者から見て、恋愛は『コスパ』に合わない」(中央大学・教授 山田昌弘氏)【本の内容】

著者紹介

牛窪 恵

略歴
〈牛窪恵〉1968年東京生まれ。日大芸術学部映画学科(脚本)卒業。マーケティング会社インフィニティ代表取締役。同志社大学・ビッグデータ解析研究会メンバー。著書に「独身王子に聞け!」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

かなり読みごたえのある1冊でした♪

2016/05/31 23:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:崎也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今の若い子達の恋愛に対するネガティブな考えが垣間見れて良かったし、この本を読んで恋をする事がどれだけ大切かが解りました。もっと恋愛に関して、もっと積極的にならなきゃと思えたのと、幾つになっても恋は素敵なものだと考えさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほんとかな

2016/08/21 23:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

恋愛は面倒でリスクがいっぱい、といいつつ結婚はしたい?
ほんとかな?と思います。だって恋愛より、結婚生活のが面倒でリスク多いでしょ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

けっこう当たっているが、長い

2016/04/10 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容についてはわかりやすいと思います。
ただしどうでもいいような内容を長々と書いている部分もあるので、そこが残念でした。
また若者の7人に1人がセフレがいるとか書いてありましたが、そうか?そんなに現実は甘くないと思いますが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現時点だけの

2015/11/17 08:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ローラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

視点、常識を疑ってみて、過去から対策を考えてみたり、今後はこういう手段が有効では?て部分はあらゆるジャンルにおいて考えねばならない事かなと。
貧困層が希望を持てずに、安易な快楽などに走りごち〜て話は頷けます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

かなりつまらない

2015/10/09 21:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dna - この投稿者のレビュー一覧を見る

若者が恋愛をしないことに対する根拠がない。主観的な見解をあたかも一般論のような前提で話を進めており中身が薄い。統計も信憑性が薄い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/09 08:18

投稿元:ブクログ

博報堂ソロ活動系男子プロジェクトリーダーによる自由自立自給の価値感を持つ、独身20〜50代男性、一人暮らし、ちゃんと働いているソロ男の分析本。既婚男性は譲れないポイントを長所で捉えるのに対して、ソロ男は短所を挙げる人が多いは辛辣だが適切な指摘。メモ。
(1)独身男性市場は独身女性のそれを絶対額で凌駕する。直近7年の平均で見ても男性の方が約4千円程消費支出実額は多い。加えて消費市場ボリュームでも20代-50代女性が年間8兆円に対して20-50代単身男性は年間14兆円規模。
(2)ソロ男の定義。独身20~50代の男性。1人暮らし。ちゃんと働いていて金銭的な依存はない。自由自立自給の価値観を持っている。
(3)とにかく自分がやりたい事を仕事で着々と実現できてる事が楽しいんですよ。彼にとっては達成感こそが重要なのである。
(4)ソロ男は美味しいものを食べたいという気持よりも品質の良いものを摂取するという考え方が勝る。
(5)実は男性は女性以上に自分の価値観を共有して欲しいという気持があって、自分が好きなものを人に試させてあげたいとか人にも知ってもらいたいという行動に出る。
(6)ソロ男にはそういう家族がない。ないが故に承認や達成を満足させる対象が必要。その一つが仕事。お金と時間を消費するという手段を通じて承認と達成を満足させている。

2015/11/28 15:08

投稿元:ブクログ

若者の話こんなに聞いてきましたよー!!

で、終わり。って感じ。
データの引用や見解も、非婚や少子化を扱った本からそのまま借りてきただけのような。
あまり読みがいなかったかな

2017/02/03 16:28

投稿元:ブクログ

●いまの若者は、親にしがみついているわけではない。甘えているようで、むしろ親に気を遣っているのだ

恋愛と結婚は「まぜるな危険」。若者世代も、親世代も、国すらも、結婚に対する考え方を改める時代にきているのかもしれない。

2016/03/11 00:25

投稿元:ブクログ

牛窪さんはきちんと聞き込みや調査をしているマーケッターだと思う。
切り口も面白いので好きだ。
この本はまとまりはないが、
若者からのヒアリング数が多く、
参考にはなると思う。

2016/04/15 08:06

投稿元:ブクログ

連帯結婚めちゃくちゃわかる。別に恋人も子供もいらないけど親が言うからなあ。あと老後があるからなあ。みたいな感じ。お見合い結婚したい。笑。

2015/10/31 08:43

投稿元:ブクログ

根拠になってるデータのひっぱり方が色んなところで都合のよいのをつぎはぎしてる感じとか、独自アンケートも関東一都六県、600サンプルってどうなのとか、いろいろツッコミたいところはあるのだけれど、こういう仕事というか、そこで仮説を立てるのがこの人の仕事だよね、と思うので、まぁ、そんなもんなんでしょう。中身は面白いのですが、意識の高いプレゼンをずっと受けてるような読むしんどさはありました。世界の恋愛事情とか、もう少し知りたい。

2015/11/09 18:48

投稿元:ブクログ

 たいてい、こういうタイトルの本はクソジジイかクソババの上から目線で最近の若い者が云々と説教じみた論考を纏めた挙句、終わりの言葉に「江戸時代に戻ろう」なんて頭に苔生えたような老害脳で絞めるのがセオリーである。
 さて、どうせ同じように説教じみた本なんでしょ?と読み始める(そういう本をわざわざ読む俺も頭おかしい部類)。
 読み進めてみると老害側ではなく、若者側の主張に寄り添っていることが分かった。

 若者が一番言いたいことが書かれていた。
 「こんな世の中にしたのは大人だろう」というもの。
 この主張が書かれている新書は少ないが、若者が声を大にして文句を言いたいことを一言にまとめるとこれだ。

 リスクを避けようとする意識、振られることへの恐怖、恋愛はしたいが無理だと諦める。
 そういった恋愛への反動で家族、友人とのつながりを大事にする若者像は、確かにその通りである。

 現に30手前で月一程度でサークルに、学科に冴えない男ら集まって飲んでいるが、気楽である。
 
 俺たちが実感するのは、恋愛のハードルが高すぎる。もはやどうしていいんだかわからん。わからんうちに年食って、同年代は皆三十路である。

 少子高齢化対策に結婚して子供産んでもらおうとか、一億総活躍(戦中クセぇ)のスローガンとか、いろいろ言ってるけど無駄なことやってんなぁと思う。
 じゃあどうしたら解決できるかって、そんなんわからないけど。
 とにかく恋愛のハードルは下げたほうがいいし、それができるとしたら小中高くらいしか女の子としゃべる機会ないんだから、その時にどうにかしたほうがいいよ。


 さて、本書では若者へのインタビューが多数載っている。 
 セフレソフレがいるけど結婚までは考えていないとか、
 彼女はいたけど恋愛が面倒だとか、
 フリーターでは金銭的に結婚は無理とか、

 俺がこの本で共感できないのはインタビューされてる若者に共感できない。
 セフレがいるとか、彼女はできるとか、逆にうらやましいな、おい。いいから結婚しろ馬鹿と言いたい。

 インタビューの対象は文系男子ばっかりなんだろうと思う。

 俺の周りの三十路野郎ども、一部上場企業とか国家公務員とか、割りかしまともな職に就いて手堅い奴らばかりだけど、圧倒的に結婚できない。
 なにせ出会いがないし。
 金銭的余裕もある、恋愛もしたい、最終的には結婚したい。そんな奴らばかり。
 だが、できない。かくいう俺も三十路近くで何もなく、まぁ無理だろうなぁとインタビューに出てくる若者とは違う方向で諦めている。

 いったいどうすりゃいいのかね。
 ふと思いついたけど企業同士で合コン開いてみれば?もちろん、男女参加費は同額の。
 サラリーマンの付き合いはほぼ会社だし、一人で街コンは無理でも先輩後輩で行きやすそうじゃん(行きにくい人間関係の職場もあるだろうけど)。
 それに、会社同士なら向こうの均一化されたステータスの人が���まるから、とんでもない地雷踏むこともなさそうだから安心だし。

 しかしまぁ少子高齢化は世界のトレンドだから、この傾向は変わらないと思うけどね。諦め。

2015/12/23 18:39

投稿元:ブクログ

最初は現在の状況、だから、わりと親近感湧いたり湧かなかったりな内容で面白かった。分析が終わったあとからは、真面目にこうしたらいいのでは、とかそういうの。面白かった。確かにそうだと思う時が何度も。

2015/09/26 23:14

投稿元:ブクログ

若者はなぜ恋愛しないのか?

右肩下がりの経済、簡単に手に入るアダルトコンテンツ、ストーカーなど恋愛のリスク諸々、昔のようにオープンに恋愛するのは難しくなってきている。

でも、子孫を残すという本能的な欲求がその程度の条件でこうも変わるんだろうか?

自分は20代だけど、自由な恋愛をしたいと思ってるし、むしろしたくないと言う人の気持ちが分からない。
データがたくさんでてくるので、いろいろ突っ込みながら読める本です。

2016/04/01 19:59

投稿元:ブクログ

確かに自分達の時代とは大幅に変わって、恋愛に冷めているようにみえる。
ジェネレーションによって物の見方が変わることを再認識しておかなければ。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む