サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. あなたが愛した記憶

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あなたが愛した記憶(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 57件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/11/20
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/378p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745378-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

あなたが愛した記憶 (集英社文庫)

著者 誉田 哲也 (著)

興信所を営む曽根崎栄治の前に、女子高生・民代が現れる。十九年前に突然姿を消した恋人・真弓が産んだ栄治の娘だと主張する彼女は、二人の人物を探して欲しいと依頼する。半信半疑な...

もっと見る

あなたが愛した記憶 (集英社文庫)

691(税込)

あなたが愛した記憶

637 (税込)

あなたが愛した記憶

ポイント :5pt / 紙の本より54おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

興信所を営む曽根崎栄治の前に、女子高生・民代が現れる。十九年前に突然姿を消した恋人・真弓が産んだ栄治の娘だと主張する彼女は、二人の人物を探して欲しいと依頼する。半信半疑ながら栄治が調査を進めるうち、民代は、調査対象者のどちらかが世間を騒がす残虐な連続監禁殺人事件の犯人だと言いだし…。この子は一体、何者なのか。犯人の正体は何なのか。ノンストップ恋愛ホラーサスペンス!【「BOOK」データベースの商品解説】

興信所を営む曽根崎栄治に、女子高生・民代が、2人の人物を探して欲しいと依頼してきた。民代は、調査対象者のどちらかが世間を騒がす残虐な連続監禁殺人事件の犯人だと言いだし…。ノンストップ恋愛ホラーサスペンス。【「TRC MARC」の商品解説】

拉致監禁。両手親指切断。強姦、そして扼殺。残虐な連続殺人事件が世間を賑わせる中、「私犯人を知ってる」という女子高生が探偵の前に現れ…。渾身の恋愛ホラーサスペンス。(解説/吉田伸子)


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー57件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

面白い

2016/05/15 12:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おおきに - この投稿者のレビュー一覧を見る

「妖の華」のようなストーリータッチ
読み進むうちにのめり込んでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あなたの愛した記憶

2015/12/20 14:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホラーサスペンスは久しぶりです。伝奇ホラーのデビュー作ダークサイド・エンジェルを思い出しました。是非続編をお願いします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/08 16:15

投稿元:ブクログ

これってホラーなんだ。SFっぽい設定だなと思ったのだけれど。何度も生まれ変わって自分の意識とか知識とかが残っていくってどんな感じなんだろう(って、作中で登場人物が話してるけど)。設定として、こういうの割と好き。好きと思えるのは、ホラーじゃなくてやっぱりSFというかファンタジーというか、そういう風に捉えてるからなんだろうな。

2016/04/24 22:00

投稿元:ブクログ

中盤辺りからラストまでは一気読み。拉致監禁の上、強姦、絞殺を繰り返す残虐な犯人。「あなたが愛した記憶」読み終わった後、複雑な気持ちになりました。主人公の探偵と女子高生、探偵に思いを寄せる親友の妹。切なく哀しい。

2016/03/01 15:18

投稿元:ブクログ

警察ミステリーだと思って読み始めたらファンタジーだった。警察小説の要素がかなり濃いのでどちらも楽しめる感じ。

冒頭で、弁護士・佐伯が被疑者と接見しているシーンから始まるのですが、さらさらと読み進めてしまい、本編に入ってしばらくしたらこの冒頭の存在を忘れていました。
後半になって、親の記憶が子に継承されることが明らかになり、話が進んだとき、この冒頭を思い出し
「『曾根崎の赤子殺し』ってまさか……」
と背筋が寒くなりました。
真弓・民代の魂はこの世から永遠に消えてしまったのが切ない。

曾根崎の友人の妹・美冴のラストもとても切なかった。生きていても思い人とは結ばれなかったんでしょうけど……。
曾根崎にとっては少し前を向けるラストだったのが良い。

2016/04/17 00:14

投稿元:ブクログ

全部読み終わってからプロローグに戻って「あーなるほど」ってなった。
これをラブストーリーっていうのは抵抗があるかな。でも一風変わったサスペンスで、一気に読んでしまいました。
報われないといえば報われない話。たすけられたらよかったのにと思わずにはいられない。

2015/12/02 11:28

投稿元:ブクログ

著者がリアリティのあるサスペンスを書いている印象が強いからか、ホラー部分とリアリティ部分の塩梅がなんというかイマイチな感じがして。遺伝とか乗り移りとかその辺もっとねちっこく論理責めにしてほしかったです。しかし映像化向きの作品かな、と思った。

2016/02/21 17:26

投稿元:ブクログ

最初こそ誉田作品のグロさがあったけど、これは一味違う展開。
現実離れし過ぎた話なので、イマイチだけどスッと読める点では良い作品。

2016/06/02 10:30

投稿元:ブクログ

プロローグ、主人公・興信所を営む曽根崎栄治が殺人容疑で逮捕されるシーン、その次の登場人物は自殺未遂、その次の登場人物は凶悪殺人犯・・・とかなりつかみはオッケー的にそれらがどうつながっていくのか気になって読んでしまう。

誉田さんの作品は初めて。恋愛ホラーサスペンスというか・・・ホラーではないけどドキっとすることは何度かあった。登場人物もわかりやすく、読み進めるうちにプロローグと話がつながっていく。

最後は展開が早すぎて端折られてる感があったけど、面白かった。

2016/01/13 23:37

投稿元:ブクログ

うーん、評価迷った。面白かったような、そうでないような。★3.5くらいかなあ。解説にも書いてあったけど、ジャンルとしてはホラーみたいですね。

死んだ人の魂が他の人の体に乗り移るという設定は嫌いではない。ただ、殺人と結びつけなくても良かったのかな、と。なんとも後味が悪い。。

2015/12/07 15:34

投稿元:ブクログ

ミステリかと思って読み始めたら、
途中からオカルト入ってきて(^ ^;
ちょいとびっくりはしましたが、
でもそれで面白さが損なわれるわけでもない(^ ^

冒頭のツカミは、かなりインパクトあり。
その後もぐいぐいとひっぱる展開で、
よく分からないままに作品に引き込まれる。
さすがの筆力である。

「オカルト成分」も、突拍子もない訳ではなく、
なかなかに「有りそうな」ことで違和感なし。
むしろオカルトに対して懐疑的な
「常識人」が数多く出てくるので、
それが読者の気持ちを代弁してくれる感じで。

しかも、そのオカルト成分の「証拠」となるものも
実に大胆に本文中に登場させているので...
最後の展開も説得力がある。

いや〜、面白くてほぼ一気読み(^ ^

2015/12/06 15:42

投稿元:ブクログ

え、そうくるの!?って感じの展開でビックリしたけど、誉田さんってもともとホラー作品がスタートでしたね。
ともかくもテンポのいい文体と魅力的な女性キャラは誉田作品らしくてとても良かった。
結末はなんだかやるせないけど、満足感の高い作品でした。

2016/02/03 23:26

投稿元:ブクログ

誉田さん。
そうそう、これです、これ。
ストロベリーナイトとかとは全然違う
ホラー。時々出してくるこの怖さ。

嫌なことを忘れたくて小説に没頭するはずが
没頭してみた作品がこれで怖すぎてww

悲しい。切ない。
そしていつも通り殺し方がえぐい。

けど、これこれ。誉田作品。

記憶の循環

2016/01/02 00:10

投稿元:ブクログ

なぜ男は生まれたばかりの乳児を、殺してしまったのか。
そんな出だしから始まったこともすっかり忘れて物語が進み、見事最後に辻褄が合う。
ミステリーホラーとしての誉田さんは今回も裏切らないなぁ。
美冴さんは助けても良かったような気がするけど。

2016/08/21 23:22

投稿元:ブクログ

どの登場人物にも共感できず、むしろはぁ?って感じで。嫌悪感のみが残。
誰もが自己中です。

途中からかなり飛ばし読みで終了。

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む