サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

お伊勢まいり
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/01/08
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/170p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390383-5
  • 国内送料無料

紙の本

お伊勢まいり (新・御宿かわせみ)

著者 平岩 弓枝 (著)

東京が江戸と呼ばれていた時分から続いている大川端の旅宿「かわせみ」は、今年の春早々の大嵐で屋根瓦を吹き飛ばされるなど甚大な被害を受けた。しばらく休業を余儀なくされた女主人...

もっと見る

お伊勢まいり (新・御宿かわせみ)

1,296(税込)

新・御宿かわせみ特別長編 お伊勢まいり

1,000 (税込)

新・御宿かわせみ特別長編 お伊勢まいり

ポイント :9pt / 紙の本より296おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京が江戸と呼ばれていた時分から続いている大川端の旅宿「かわせみ」は、今年の春早々の大嵐で屋根瓦を吹き飛ばされるなど甚大な被害を受けた。しばらく休業を余儀なくされた女主人るいのもとに幕末に非業の死をとげた畝源三郎の妻・千絵が訪れ、長助やお吉とともにお伊勢まいりに誘われた。品川宿に集まった十数人の一行は、東海道から箱根の関所、富士川とのどかな街道風景を眺めながら慣れない旅を続けたのだが…。道中で次々に起こる怪事件!「かわせみ」の歴史に影を落とす悲劇の真相に迫る!【「BOOK」データベースの商品解説】

大嵐で甚大な被害を受けた旅宿「かわせみ」の女主人るいたちが、お伊勢まいりに出かけた。のどかな街道風景を眺めながら慣れない旅を続けるが、次々と怪事件が起こり…。『オール讀物』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

「御宿かわせみ」四十巻にして初の特別長編!

るいやお吉が東海道から伊勢を目指す! のどかな街道風景と、次々に起こる怪事件。国民的時代小説シリーズ第四十巻の記念碑的作品。【商品解説】

著者紹介

平岩 弓枝

略歴
〈平岩弓枝〉昭和7年生まれ。日本女子大学国文科卒業。「鏨師」で直木賞、「花影の花」で吉川英治文学賞、「西遊記」で毎日芸術賞を受賞。紫綬褒章受章。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

もったいない長編

2017/03/05 16:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エッチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

お伊勢参りへの誘われ方が余りにも唐突過ぎて、完全に復讐のために、るいさんが巻き込まれていくのが途中でわかってしまい、このシリーズ(江戸時代から)が大好きなので、ざんねんでした。いつものように、短編をいくつかの方がいろいろ楽しめて良かったです。でも、まだ麻太郎の先行きが不透明なので、頑張って続けてください。楽しみにしてまってます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

懐かしい・・・

2017/04/09 10:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:フィン - この投稿者のレビュー一覧を見る

御宿かわせみがNHKで初めて放送された頃からのファンです。時代背景が明治に移っていくにしたがって雰囲気が変わってきてしまって、いつのまにか読まなくなっていました。東吾さん、行方不明なんだとショックを受けたり、あの子とあの子が夫婦になったのね。。とびっくりしたり。十数年ぶりに戻ってきた近所のおばさん状態です。
物語の展開は、昔ほどのキレがなくなっているような気がします。ちょっと設定に無理があるというか、唐突な印象も受けました。メインキャストが罪人にならなくて済む形で落着したのも、近所のおばさんとしてはホッとしたものの、ハッピーエンドに無理やり持って行った感じが無きにしも非ず。とはいえ、読み物としての面白みは十分。旅をしながらの風景描写は、昔変わらず精緻。江戸から明治に変わりつつある様子も目に浮かぶように書き込まれていて、さすがだなぁと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/30 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/05 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/15 07:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/11 18:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/25 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/13 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/20 01:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/06 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/06 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/07 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/26 07:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/25 10:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/19 15:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

歴史・時代小説 ランキング

歴史・時代小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む