サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ミレニアム 4上 蜘蛛の巣を払う女 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ミレニアム 4上 蜘蛛の巣を払う女 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/18
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:19cm/356p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-209584-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ミレニアム 4上 蜘蛛の巣を払う女 上

著者 ダヴィド・ラーゲルクランツ (著),ヘレンハルメ美穂 (訳),羽根 由 (訳)

雑誌『ミレニアム』を発行するミカエルたちの会社は経営危機に陥り、株式の30パーセントを大手メディア企業のセルネル社に売り渡していた。ミカエルにも優れた記事がなく、時代遅れ...

もっと見る

ミレニアム 4上 蜘蛛の巣を払う女 上

1,620(税込)

ミレニアム4 上

1,458 (税込)

ミレニアム4 上

ポイント :13pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

雑誌『ミレニアム』を発行するミカエルたちの会社は経営危機に陥り、株式の30パーセントを大手メディア企業のセルネル社に売り渡していた。ミカエルにも優れた記事がなく、時代遅れの記者との非難にさらされていた。そんな彼のもとに、ある男から大スクープになるという情報が持ち込まれる。人工知能研究の世界的権威であるバルデル教授が何か大きな問題を抱えているようなので、会ってほしいというのだ。男の話からリスベットが関係していると確信したミカエルは、彼女に連絡を取ろうと試みる。一方、アメリカのNSA(国家安全保障局)は、産業スパイ活動を行なう犯罪組織の関連会社からバルデルが革命的な研究成果を持ち出したため、彼の身に危険が迫っているとの情報を得る。折しも、鉄壁の防御を誇るNSAのネットワークに何者かが侵入した!【「BOOK」データベースの商品解説】

アメリカのNSA(国家安全保障局)は産業スパイ活動を行う会社から人工知能研究の権威バルデル教授が研究成果を持ち出したとの情報を得る。折しもNSAのネットワークに何者かが侵入。不屈のジャーナリスト、ミカエルは…。【「TRC MARC」の商品解説】

人工知能の研究で世界的な名声を博す科学者。彼が抱える重大な問題に巻き込まれたジャーナリストのミカエルは、異色の女性リスベットに連絡を取る。やがて二人は、巨大な悪の組織を相手に闘う!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

ついに手を出してしまいました・・・

2017/05/07 07:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんだかんだいろいろと思ってましたが、結局読んでしまいましたよ、『ミレニアム』の新作というやつを。
最初、4作目が出るという告知を見たときは、「えっ、泥沼裁判にカタがついて、未完成原稿をもとにつくれたの?!」と思ったのですが・・・遺族と出版社側の依頼で書きあげられたもの、ということ・・・。 あぁ、ラーソンのパートナーの方、むくわれないまま?

えーと、現存する<『ミレニアム』三部作>の作者はスティーグ・ラーソンなのですが、彼は本の出版前に50歳で突然の逝去。 その後、世界的な大ヒットになり、多額の印税が入ったわけですが、ラーソンはパートナーである女性と結婚していなかったし、遺言書も残していなかった。 『ミレニアム』シリーズは彼女とアイディアを交換しながら書き上げたとも言われているのに、彼女には一銭(スウェーデンだからクローネか)も入らず、出版社と遺族(ラーソンの親兄弟)にお金が全部行くことに。 そこでこじれちゃったんですよね。 第4作目の未完成原稿は彼女の手元にあるが動かせず、多分和解もできてないんじゃないか。 で、親兄弟の方も遺産があまりに莫大な額のため(そして世界中から注目を集めてしまったため)、手をつけることができず、結局暴力に苦しむ人々のための基金を設立したんじゃなかったっけ。

もともと、『ミレニアム』は全10部構想といわれていた。 やっぱり遺族側がお金がほしくなったのか、出版社が儲けたかったのかはわかりませんが、「続きを読みたい」という読者の期待にこたえる形で、ラーソンの遺稿に関係なくまったく新しくスタートを切ったのが、この4作目だということで。 作者のダヴィド・ラーゲルクランツはジャーナリスト出身で、ルポルタージュなどを書いていた人だとのこと。 『ミレニアム』三部作を研究しまくり、この作品を完成させたらしい。
とはいえ、違う作者。 進んで読む気にはなれなくて・・・で、評価も賛否両論だし(まぁそれは当たり前だと思うけど)。
グイン・サーガの新しい続きを今も読めない私なのに。 でも、『ミレニアム』は3作だけだし、映画もあったけど一年ぐらいでががっと読んだし、グインほどの思い入れはないから大丈夫なんじゃないだろうか・・・と思って、今回手に取ってみた次第<続きは下巻のレビューに記載>。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あの傑作の続編とな

2016/07/14 22:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

残念ながら作者が亡くなってしまったあの傑作の続編。
最初は背景説明がまわりくどく思えたが段々と引きづり込まれていく。
続編といっても1ではなく3の続編。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/08 08:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/31 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/06 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/30 14:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/03 01:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/20 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/09 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/15 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/29 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/24 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/27 06:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/18 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/28 08:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る