サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. しゅうまつがやってくる!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

しゅうまつがやってくる!
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/16
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/259p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-865558-3
  • 国内送料無料

紙の本

しゅうまつがやってくる! (ラララ終末論。)

著者 sasakure.UK (原案),入間 人間 (著),usi (イラスト)

愛のうた、ひとついかがですか―文崎双葉(あやさきふたば)は普通の恋をしていた。相手は通学の途中、5分だけ一緒に過ごす男の子。だが、あるメールをきっかけに日常は一変する。『...

もっと見る

しゅうまつがやってくる! (ラララ終末論。)

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

愛のうた、ひとついかがですか―文崎双葉(あやさきふたば)は普通の恋をしていた。相手は通学の途中、5分だけ一緒に過ごす男の子。だが、あるメールをきっかけに日常は一変する。『コンニチハ、☆のひと!きみたちにステキな“しゅうまつ”がおとずれますように』。【「BOOK」データベースの商品解説】

文崎双葉は恋をしていた。相手は通学の途中、一緒に過ごす男の子。だが、あるメールをきっかけに日常は一変する。世界の終わりを語るボーカロイド楽曲シリーズ“終末シリーズ”の音楽を、小説として新たな切り口で再創造。【「TRC MARC」の商品解説】

動画投稿サイトにてシリーズ累計860万再生超! ミュージシャン・sasakure.UKが紡いだ世界の終末を語る4曲の音楽が、小説家・入間人間の手によって、新たな切り口で再創造される――!【商品解説】

動画投稿サイトにてシリーズ累計860万再生超! ミュージシャン・sasakure.UKが紡いだ世界の終末を語る4曲の音楽が、小説家・入間人間の手によって、新たな切り口で再創造される――!【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/01/21 00:22

投稿元:ブクログ

いつもの学校への道
5分だけの宝石のような時間
キラキラと破片を散りばめながら
壊れていくそれら

失われたしゅうまつのはじまり


***



好きな楽曲が、いくつか小説を読んだことがある作家さんによるノベライズということで購入してみた
ボカロ小説は以前に買ってもやっとしたことがあったので敬遠していたけど
安心して、面白く読めた
離れていた人にもすすめられると思う

ささくれさんの終末シリーズ4作品が
全部続くようなので期待

2016/07/20 02:06

投稿元:ブクログ

ボカロ小説にだけは手を出すまい…と思っていましたが、ささくれさんの大ファンなので結局買ってしまいました。ちゃんと本職の小説家の方が書いていたから安心というのもありまして。入間さんってもっと独特な文章を書くイメージがありましたが、むしろ普遍的でした。スラスラ読めましたし。
もうちょっと話が展開すると思ったら、本当に曲に忠実なんですね。でもこれは残りの3曲で繋がるのだろう…と期待を込めています。曲だけで十分に世界観を語ってしまうので、本当に補足説明のための小説って感じですね。新たな物語とか独自の解釈とかは全くないので、そこは期待せず淡々と読むのがベストだと思います。

KADOKAWA ランキング

KADOKAWAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む