サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 言語・語学・辞典
  4. 英語で大学が亡びるとき 「英語力=グローバル人材」というイデオロギー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

英語で大学が亡びるとき 「英語力=グローバル人材」というイデオロギー
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/11/30
  • 出版社: 明石書店
  • サイズ:20cm/357p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7503-4266-5
  • 国内送料無料

紙の本

英語で大学が亡びるとき 「英語力=グローバル人材」というイデオロギー

著者 寺島 隆吉 (著)

「英語力=研究力」「英語力=経済力」「英語力=国際力」という考えは本当に正しいのか。大学教育における英語の役割を論じる。京都大学での講演および『京都大学新聞』掲載のインタ...

もっと見る

英語で大学が亡びるとき 「英語力=グローバル人材」というイデオロギー

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「英語力=研究力」「英語力=経済力」「英語力=国際力」という考えは本当に正しいのか。大学教育における英語の役割を論じる。京都大学での講演および『京都大学新聞』掲載のインタビュー、ブログ掲載の文章をもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

寺島 隆吉

略歴
〈寺島隆吉〉1944年生まれ。金沢大学教育学部大学院教育学研究科(英語教育)修了。コロンビア大学、カリフォルニア大学バークリー校などの客員研究員。著書に「英語教育が亡びるとき」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/08/26 08:36

投稿元:ブクログ

 大学における英語教育はTOEIC等の外部試験対策が主となり、最早学問ではなくなりつつあります。また、専門の講義も英語で行なうことが奨励され、外国人教員、海外への、実質的にはアメリカへの留学生(を大幅に増やそうとするなど、大学の教育全般が、英語をキーワードに変容しつつあります。著者はこの本で、それが如何に無意味、というより有害であるか、その背景に何があるかを解き明かし、こうした流れの中で、英語を教える者はどのように対処すべきかを提言します。
 例えば著者は、アメリカが日本と比べて大変危険な国であること、アメリカの大学が、時間と金をかけての留学に値するような場所ではないことを、犯罪の数、アメリカの大学の様子、日本人ノーベル賞受賞者の経歴などの具体的な例を挙げて述べ、風潮に煽られて留学した者の支払う金(国の補助を含む)がどこに流れていくかを説明します。
 小学校での英語教育、センター試験へのリスニング導入等、英語教育において何らかの大きな変更が行われるとき重用されるのは、そこから大きな利益を得る特定の出版社、受験産業等の企業関係者の意向ばかりで、現場で実際に教育に携わる一般教員の意見が参考にされることは、まずありません。そして、そのように造られた流れに沿うことのみが教員の「研修」とみなされ、現場で強制されます。
 本書を読むと、教育とは無縁のものが、教育のあり方を決めているのが、この国の悲劇であることが大変よくわかります。京都大学での講演やインタビューをもとにしていて、著者自身が出版社に緊急出版を依頼したこともあり、多少繰り返しが多い感もありますが、公的機関が主催する英語教育関係者の研修会では決して語られることのない事実がわかるので、英語教育に多少なりとも関心を持つ人、特に、現在の英語教育の流れに疑問を持たないよう「教育」されている若い英語教員に、是非読んでほしい本です。
 最後に、英語教育の本ではなく、本書の参考文献にもなっていませんが、併せて「永続敗戦論」(白井聡)を読むと、更に理解が深まると思います。

英語 ランキング

英語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む