サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々
拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々 拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/18
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219939-1
  • 国内送料無料

紙の本

拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々

著者 蓮池 透 (著)

拉致問題がまったく進展しないなか、北朝鮮側に大きな問題があるのは自明だが日本側の対応にも問題はないか。北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の事務局長等を歴任する著者が暴く、日...

もっと見る

拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

拉致問題がまったく進展しないなか、北朝鮮側に大きな問題があるのは自明だが日本側の対応にも問題はないか。北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の事務局長等を歴任する著者が暴く、日朝交渉の全裏面史。青木理との対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

 2002年の日朝平壌会談のあと、安倍晋三は、本当に拉致被害者たちの北朝鮮一時帰国に反対したのか? 
 その後、対北朝鮮強硬派として政治的な地位を高めた現首相、そして、その周辺に蠢いた数多くの人間たちの打算と裏切りを告発する、究極のインサイド・ストーリー!!【商品解説】

目次

  • 序 章 「救う会」に乗っ取られた「家族会」
  • 第1章 拉致問題を利用してのし上がった男
  • 第2章 被害者死亡を認めた首相の大罪
  • 第3章 拉致を利用したマドンナ
  • 第4章 情報はゼロの外交官
  • 第5章 「救う会」を牛耳った鵺
  • 第6章 政治家を恐れるマスコミの罠
  • 第7章 カンパを生活費にする男
  • 第8章 家族会を過激にした張本人
  • 特別対談 拉致問題の現在と最終解決とは(青木理&蓮池透)

著者紹介

蓮池 透

略歴
〈蓮池透〉1955年新潟県生まれ。東京理科大学理工学部電気工学科卒業。北朝鮮に拉致された蓮池薫の実兄。北朝鮮による拉致被害者家族連絡会事務局長などを務めた。著書に「奪還」等。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

覚悟の本

2016/01/18 22:48

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bookman - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞やニュースでは窺い知ることのできない内幕をここまで書くとは。凄い、と思いました。この本の内容が信頼できるのは、蓮池さん自身の過ちも率直に語っているところです。私は、周りの人にこの本を薦めています。多くの人が読んで、世論が動くことを願っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

口先だけの解決約束

2016/04/03 22:55

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

被害者の怒り。どれだけ政府に伝わっているのだろうか。本書を読んで感じた。2002年、5人の拉致被害者が帰国した際、首相も内閣官房参与も奪還する意志は見えなかった。本書で著者は政治家に利用された反省と拉致問題への解決を具体的に述べている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あの日

2016/03/22 13:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ノンフィクションであると同時に、蓮池透氏の私見をまとめた一冊。以前は過激と見られていた氏の考えが徐々に変わっていった経緯がよくわかる。安倍総理への批判はもっともだと思うし、メディアスクラムに対する厳しい意見も理解できる。その点では、小保方晴子氏の「あの日」と共通点があり、蓮池氏にも幾つかの「あの日」があったことになる。文章がややくどいが、全体的には分かりやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

右?左?

2016/01/05 18:18

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいん - この投稿者のレビュー一覧を見る

国家的犯罪行為が、左や右の思想団体の影響を受けていたとは驚きです。進展しないというより、進展させないという事象に、他人ながら苛立ちを覚えます。政治家が、「解決」を目指して行動してくれることを願います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/17 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/22 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/03 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/01 19:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/26 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/04 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/03 03:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む