サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 逆島断雄と進駐官養成高校の決闘

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

逆島断雄と進駐官養成高校の決闘
逆島断雄と進駐官養成高校の決闘 逆島断雄と進駐官養成高校の決闘
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/23
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/515p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219695-6
  • 国内送料無料

紙の本

逆島断雄と進駐官養成高校の決闘

著者 石田 衣良 (著)

わずか15歳の少年に課せられた命懸けのサバイバル。襲いくる姿なき敵、国家転覆の陰謀、究極の殺戮兵器、千年の伝統を持つ格闘秘術…。希代のストーリーテラーが放つ怒涛の青春アク...

もっと見る

逆島断雄と進駐官養成高校の決闘

1,728(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

わずか15歳の少年に課せられた命懸けのサバイバル。襲いくる姿なき敵、国家転覆の陰謀、究極の殺戮兵器、千年の伝統を持つ格闘秘術…。希代のストーリーテラーが放つ怒涛の青春アクション・エンターテインメント!【「BOOK」データベースの商品解説】

列強が資源と市場を奪い合う中で劣勢を強いられている日乃元皇国。植民地支配の中枢を担う軍人・進駐官を養成する超エリート校で、わずか15歳の少年に命懸けのサバイバルが課せられる。『E★エブリスタ』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

経済成長は行き詰まり、列強が資源と市場を奪い合う高度植民地時代。氾帝国、エウロペ連合、アメリア民主国の三大列強による世界の寡占化が進んでいた。その中で劣勢を強いられている日乃元皇国だが、植民地支配の中枢を担う進駐官を育てる全寮制の東島進駐官養成高校には、国中からエリート中のエリートが集まっている。ここに新入生として入学した逆島断雄。逆島家は、皇室を守護する近衛四家のひとつとして様々な特権を与えられていたが、戦死した父・靖雄が国家反逆罪に問われたため、すべての特権を奪われ没落していた。そのため、断男は、争いを嫌う性格にもかかわらず、家の再興を担わされていた。
優秀な軍人を育てるため、非人間的ともいえる厳しいカリキュラムのなかで、断雄は同室同班となった仲間、あらゆるジャンルで学年一位の超イケメン・ジョージ、硬派の柔術家・テル、ナンパだが度胸が据わっているクニの三人との友情を育んでいく。ところが、入学早々に起こった謎の狙撃事件を皮切りに、断雄の周りでは次々と不可解な事件が起こる。そして、それらの事件の裏側に、皇室を巻き込んで国家転覆を謀るクーデター計画が浮かび上がってきた。その勢力にとって、反クーデター派の信望があつい逆島家の子息・断雄は抹殺すべき対象だったのだ……。【商品解説】

著者紹介

石田 衣良

略歴
〈石田衣良〉1960年東京都生まれ。成蹊大学経済学部卒業。「池袋ウエストゲートパーク」でオール讀物推理小説新人賞、「4TEEN」で直木賞、「眠れぬ真珠」で島清恋愛文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.7

評価内訳

2016/02/10 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/13 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/13 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/09 10:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/21 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/23 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/06 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/08 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/14 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/07 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/19 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/03 08:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る