サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. ヴィンランド・サガ 17 (アフタヌーンKC)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヴィンランド・サガ 17 (アフタヌーンKC)(アフタヌーンKC)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/01/22
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: アフタヌーンKC
  • サイズ:19cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-388109-7
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ヴィンランド・サガ 17 (アフタヌーンKC)

著者 幸村 誠 (著)

【文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞(第13回)】【講談社漫画賞(第36回)】【「TRC MARC」の商品解説】ヴィンランドに平和の国を作るために、まずは東方ギリシアで資...

もっと見る

ヴィンランド・サガ 17 (アフタヌーンKC)

637(税込)

ヴィンランド・サガ(17)

540 (税込)

ヴィンランド・サガ(17)

ポイント :5pt / 紙の本より97おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ヴィンランド・サガ 17 (アフタヌーンKC)」が含まれるセット商品

ヴィンランド・サガ(アフタヌーンKC) 19巻セット(アフタヌーンKC)

ヴィンランド・サガ(アフタヌーンKC) 19巻セット

商品説明

【文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞(第13回)】【講談社漫画賞(第36回)】【「TRC MARC」の商品解説】

ヴィンランドに平和の国を作るために、まずは東方ギリシアで資金を得る必要があるトルフィンは、ノルウェー西岸からヨーロッパ大陸へ入る。そこで、巨大な熊に襲われたトルフィンたちを救ったのはヒルドというすご腕の女狩人だった。彼女は8年前にトルフィンに家族を殺された仇を撃つためにトルフィンを山に連れ出した。そこで語られるヒルドの壮絶な過去。雪辱を誓ったヒルドの放つ弩(いしゆみ)がトルフィンを射抜く。【商品解説】

著者紹介

幸村 誠

略歴
1976年5月4日生まれ。神奈川県横浜市出身。血液型B型。
「モーニング」掲載の『プラネテス』でデビュー。現在は「アフタヌーン」にて『ヴィンランド・サガ』連載中。
2002年、第33回星雲賞コミック部門賞受賞。
座右の銘:「あ、一瞬待ってください、じゃ半日でもいいです」

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

過去の行為が巡って今に

2016/01/26 01:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スズキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻の終わりに出会った相手は、かつて殺した相手の娘ヒルド。
ヒルドのとトルフィンに対する復讐心がいかにして生まれたか、そしてその娘がどう生きてきたか、至る現在トルフィン達が彼女とどう対峙するか、までが描かれています。
ヒルドは自身の復讐心と、父の教え“相手を赦(ゆる)せ”、師の教え“怒りを捨てろ”、の各々と葛藤します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

復讐の連鎖

2016/01/24 23:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Zero - この投稿者のレビュー一覧を見る

トルフィンの自業自得といえばそれまでだが、なんともやりきれない展開。ヒルドとトルフィンの今後が楽しみではあるが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

贖罪と赦しの強い強い物語

2016/01/23 08:54

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こうしたテーマは漫画の定番だが、当たり前だが根本的な解決法はない。本作でも憎しみや怒りはおさまらない。しかしこうして描いていくことで、愚行が語られていくことで、人への赦しが祈りのように心に染み通るような気がした。結論の出ないもどかしさを作者が自覚しているからこそ、この作品に意味があると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

難しい問題だ

2016/04/17 10:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きん☆ぎん☆すなご - この投稿者のレビュー一覧を見る

暴力の連鎖はどこかで断ち切らねば、憎悪は永遠に続く。罪を償えば無念が晴れるのか、罪を許せるのか。
トルフィンの言う償いは何であろうと、ヒルドの言う奪われた命の無念は晴れない、許されるはずがない。償いと許しは対になるものではないんだろうなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

17巻

2016/01/30 20:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドブネズミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

台詞で語られている部分が本当にその人物の100%の思いなのか…。
言葉だけでは表現できない、人の複雑な感情を描くのが幸村さんの真骨頂だと思います。
作品違いますけど、プラネテスのときからそうだったように思います。序盤のハチマキの心理描写など特に。
今回は表紙の通り、狩人ヒルドの心情に焦点が当てられた巻です。

この巻の終盤の流れ…賛否がわかれるかもしれません。
でも、ヒルドの発言(「赤ン坊を泣き止ませろ!」)などからも
彼女にも迷いがあるのだと知れる気がします。

あと
これは推測でしかないんですけど、
ヒルドは回想シーンの場面で熊を仕留めたときすでに
怒りに任せて行動した後の味気なさと虚しさを少なからず感じていたんじゃないでしょうか。
復讐を果たしてもなお消えることのない怒りと悲しみはどこまで続くのか……
トルフィンに牙をむくヒルドは、その雁字搦めの状態にいらだっているようにも見えます。
「私の怒りはどこへ行けばいい!」というヒルドの言葉には、
仇を討って復讐を果たしたいという想い以上の意味がある気がします。

アシェラッドを憎んでいたトルフィンが
今 憎まれる立場になり、この先どんな旅を続けるのか…
次巻が待ち遠しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/23 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/22 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/08 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/05 19:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/25 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/26 19:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/05 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/06 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/01 05:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/03 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む