サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

かけがえのないマグマ 大森靖子激白
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/01/30
  • 出版社: 毎日新聞出版
  • サイズ:20cm/204p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-620-32351-0
  • 国内送料無料

紙の本

かけがえのないマグマ 大森靖子激白

著者 大森 靖子 (著),最果 タヒ (著)

こんな奴でもこんなに大丈夫に、ちゃんと輝ける瞬間が訪れるから-。若者から熱狂的に支持されるミュージシャン・大森靖子が語るその半生を、詩人・最果タヒが感情のヒダまで綴る。解...

もっと見る

かけがえのないマグマ 大森靖子激白

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

こんな奴でもこんなに大丈夫に、ちゃんと輝ける瞬間が訪れるから-。若者から熱狂的に支持されるミュージシャン・大森靖子が語るその半生を、詩人・最果タヒが感情のヒダまで綴る。解説付きの歌詞も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

いまを生きる少女たちの心情を鋭くえぐり、現代風俗のアイコンとして熱狂的に支持されるシンガーソングライター・大森靖子の言葉を、やはり若者のリアルを言葉に結晶させる詩人として高く評価され、近年は小説家としても活動する最果タヒが聞き手として引き出し、構成する。恋人や友人と傷つき傷つけられ、SNSの海におぼれ、アイドルに己を託し、それでも束の間の平穏や、優しさに涙し、なにがリアルでなにを信じていきていけばいいのか。いつの世にも迷える若者たちのバイブルとなる一冊。【本の内容】

著者紹介

大森 靖子

略歴
〈大森靖子〉1987年生まれ。愛媛県出身。ミュージシャン。美大在学中に音楽活動を開始。
〈最果タヒ〉1986年生まれ。詩人、小説家。現代詩手帖賞受賞。「グッドモーニング」で中原中也賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/01/31 12:11

投稿元:ブクログ

大森靖子が語った半生を聞いた最果タヒが、小説に落とし込んだ本。この本がもっと遠くに行けるとしたら、大森靖子の語りと最果タヒの小説を並べて掲載する必要があったのではないかと思う。どこにでもあるようなありふれた物語を、かけがえのない大森靖子の言葉で、ここでは書かれるべきだったのではないか。その言葉があったうえで、最果タヒが小説に変換した言葉が並べてあることで、差分から最果タヒの言葉を読んでみたかった。

2017/01/22 21:40

投稿元:ブクログ

最果さんがあとがきで、「大森さんの人生に奇跡は一つもない」と書いていた。大森さんの人生に奇跡はない。どんな時も目の前のことを全部自分ごとにして、痛みを伴いながら進んできたのが少しずつ拡がっていって今に繋がっている。

読んでいて、文章が書きたくなった。音楽が聴きたくなった。音楽をしたくなった。色んなものに触れたくなった。色んな人に触れたくなった。全部を肯定したくなった。

「何にも阻害されず、発信された感情を誰かが享受して、それがまた感情を生んで。新たな価値観を生み続ける世界」そう大森さんが望んだ世界観たいと思った。そんな世界の一員になりたいと思った。

2016/08/30 23:43

投稿元:ブクログ

ここまで大森靖子にハマるとは思わなかった。
音楽フェスで大森靖子を見たこともあったし、ミッドナイト清純異性交遊という曲も知っていた。夏の魔物で客でキスをする動画も見ていた。それだけだった。表面だけをなぞって大森靖子を知ったつもりになっていた。
今年の春に発売された『TOKYO BLACK HOLE』はとても素晴らしいアルバムだった。何年か経った後、2016年のことを思い出すとき、きっと脳内BGMは『TOKYO BLACK HOLE』だろう。自分のなかに残り続けるものと出会った、という確信みたいなものを持った。ネットやツイッターを使い、大森靖子をもっと知りたい!という欲求を満たしていくうちに、気づくと大森靖子にどっぷりとハマっていた。
手に入る音源を集め、こうして大森靖子に書かれた本も読み、何度も確認するのは大森靖子の闇だ。
自分の暗い過去を土台にした表現をすることで、同じような暗闇に紛れ込んだ人を肯定してくれるようなその闇の力。(中2病みたいでかっこいい)
辛い学生時代に、銀杏BOYZやモーニング娘。から肯定してもらい、力をもらった大森靖子が、今度は誰かを肯定し、力を与えている。音楽的なつながりをこの本で知れたのは嬉しかったな。大森靖子と同じ時期に学生時代を過ごした自分は、mixiや魔法のiらんどについて書かれたあたりを、ああそうだったなあの頃、としみじみしながら読んだ。
たしかに大森靖子はメンヘラでイカれた行動をする”痛い”存在なのかもしれない。でも大森靖子は誰かの痛みがわかる。大森靖子は”痛い”過去も肯定してくれる。
音楽は魔法ではないのかもしれない。魔法が使えないなら死ぬしかないのかもしれない。
でも大森靖子の音楽は魔法みたいに肯定してくれる。
心の闇を、痛い過去を、忘れたい記憶を肯定してくれる。

( 少女漫画少年漫画 https://youtu.be/XiUSweBp6d8?t=15m2s )

2016/09/27 12:39

投稿元:ブクログ

彼女の素がでていた。多分大体を正直に伝えてくれているような気がします。ぶっとんでる感性かもしれないけど、逆に信じられるというか。芯は通っていて、とても魅力が詰まっているなと思った。ぜひ曲を聴いてみよう。

2016/09/01 12:22

投稿元:ブクログ

生きるとは何かということの中の何かが書かれている本で、大森靖子のことがわかって嬉しくなれる本だった。自分は他人と違うと言って鬱になってしまった友達を思い出した。

2016/03/09 22:37

投稿元:ブクログ

ブスだから活動をしてはいけない。下手だから活動をしてはいけない。
どこからうまれたのかわからない、そんなせこい既成概念をぶち破って、見たことないものをみせてくれる大森さんはあたらしい時代を切り開いていってくれるはずだし、それは多くの人にとって希望になるだろうとおもいます。応援しています。

2016/12/13 21:05

投稿元:ブクログ

大森さんの歌を歌うことへの執念の裏にあるもの、それがよくわかって、面白かった。

今後大森さんの音源を聴くたび、ライブをみるたび、この本に書いてあったことを思い出すんだすのだろうな。

旦那さんからのプロポーズの言葉、かっこよすぎ!!

作家エッセイ ランキング

作家エッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む