サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 資本の専制、奴隷の叛逆 「南欧」先鋭思想家8人に訊くヨーロッパ情勢徹底分析

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

資本の専制、奴隷の叛逆 「南欧」先鋭思想家8人に訊くヨーロッパ情勢徹底分析
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/01/22
  • 出版社: 航思社
  • サイズ:19cm/379p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-906738-15-1
  • 国内送料無料

紙の本

資本の専制、奴隷の叛逆 「南欧」先鋭思想家8人に訊くヨーロッパ情勢徹底分析

著者 Sandro Mezzadra (ほか著),廣瀬 純 (編著)

金融独裁、植民地主義、内戦、カタストロフ…。スペイン、ギリシャ、イタリアの最先端政治理論家たちが、ポスト産業資本時代の「絶望するヨーロッパ」をラディカルに分析。インタヴュ...

もっと見る

資本の専制、奴隷の叛逆 「南欧」先鋭思想家8人に訊くヨーロッパ情勢徹底分析

2,916(税込)

ポイント :27pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

金融独裁、植民地主義、内戦、カタストロフ…。スペイン、ギリシャ、イタリアの最先端政治理論家たちが、ポスト産業資本時代の「絶望するヨーロッパ」をラディカルに分析。インタヴューと論考を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

安倍自公政権下のここ日本で誰もが知ることになったのは、今日の資本にとって民衆は「搾取し続けるために生かしておくべき“労働者”」であることをやめ「死ぬまで収奪し尽くすべき“奴隷”」になったという事実だ。
本書の各論者が、ギリシャとスペインを軸に現代ヨーロッパの「物質的構成」について展開する分析で「金融独裁」「植民地主義」「内戦」「カタストロフ」といった言葉で語るのもまた、資本による民衆のこの奴隷化にほかならない。
メトロポルの奴隷たちはいかに叛逆するのか。
いかにして彼らは攻勢に転じ「制度」を奪還するのか。
21世紀のコミュニズムは“自己組織化するアンダークラス”とともに到来するだろう。【商品解説】

目次

  • Ⅰ ヨーロッパ
  • 「危機」の政治化 サンドロ・メッザードラ 
  •  論考 ブリュッセルの「一方的命令」とシリザのジレンマ
  •   エチエンヌ・バリバール/サンドロ・メッザードラ/フリーダー・オットー・ヴォルフ
  • 資本の戦争的本性とその回帰 マウリツィオ・ラッザラート
  • 集団的知力の自己組織化のために フランコ・ベラルディ(ビフォ)
  •  論考 「ヨーロッパ」を名実ともに消し去ろう フランコ・ベラルディ(ビフォ)

収録作品一覧

「危機」の政治化 サンドロ・メッザードラ 述 8−28
ブリュッセルの「一方的命令」とシリザのジレンマ エチエンヌ・バリバール 著 29−58
資本の戦争的本性とその回帰 マウリツィオ・ラッザラート 述 59−80

著者紹介

Sandro Mezzadra

略歴
〈Sandro Mezzadra〉ボローニャ大学で政治理論を教える。グローバル化と移民と市民権の三者関係、ポストコロニアル批判理論を中心とした研究を行う。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/07/01 14:50

投稿元:ブクログ

『資本の専制、奴隷の叛逆――「南欧」先鋭思想家8人に訊くヨーロッパ情勢徹底分析』

【個人的メモ】
 ネグリの名前につられて読んだ。
 (本筋には関係ないことだが、)論者によっては、論争的だったり誰かと喧嘩しているようだったりで、本文には過剰に攻撃的な部分があった。


【書誌情報+版元の攻める紹介文】
[編著]廣瀬 純
[判型]四六判、並製、天アンカットスピン有
[頁数]384頁
[定価]本体2,700円+税
[コード]ISBN:978-4-906738-15-1


 ディストピアに身を沈め
 ユートピアへ突き抜けよ

 安倍自公政権下のここ日本で誰もが知ることになったのは、今日の資本にとって民衆は「搾取し続けるために生かしておくべき“労働者”」であることをやめ「死ぬまで収奪し尽くすべき“奴隷”」になったという事実だ。本書の各論者が、ギリシャとスペインを軸に現代ヨーロッパの「物質的構成」について展開する分析で「金融独裁」「植民地主義」「内戦」「カタストロフ」といった言葉で語るのもまた、資本による民衆のこの奴隷化にほかならない。メトロポルの奴隷たちはいかに叛逆するのか。いかにして彼らは攻勢に転じ「制度」を奪還するのか――
 スペイン、ギリシャ、イタリアの最先端政治理論家たちがポスト産業資本時代の「絶望するヨーロッパ」をラディカルに分析する。”
<http://www.koshisha.co.jp/pub/archives/592>




【目次】
  Ⅰ ヨーロッパ
「危機」の政治化 サンドロ・メッザードラ 
 論考 ブリュッセルの「一方的命令」とシリザのジレンマ
  エチエンヌ・バリバール/サンドロ・メッザードラ/フリーダー・オットー・ヴォルフ

資本の戦争的本性とその回帰 マウリツィオ・ラッザラート

集団的知力の自己組織化のために フランコ・ベラルディ(ビフォ)
 論考 「ヨーロッパ」を名実ともに消し去ろう フランコ・ベラルディ(ビフォ)


   Ⅱ スペイン/ギリシャ

「大衆」は突破口を探し求めている――ギリシャとスペイン フアン=ドミンゴ・サンチェス=エストップ

新たな闘争サイクル――スペイン(1) ラウル・サンチェス=セディージョ
 論考 野生的で構成的な民主主義のために アントニオ・ネグリ/ラウル・サンチェス=セディージョ

「匿名の政治」の出現とその運命――スペイン(2) アマドール・フェルナンデス=サバテル
 論考 文面的政治と文学的政治――政治的フィクションと15Mについて
  アマドール・フェルナンデス=サバテル

「バルサロナ・アン・クムー」とは何か――スペイン(3) パンチョ・ラマス
 論考 侵入の世代 パンチョ・ラマス

侮辱された人々による「ファック・オフ!」――ギリシャ スタヴロス・スタヴリデス
 論考 シンタグマの後で スタヴロス・スタヴリデス


解説 現代南欧政治思想への招待 廣瀬純

政治哲学 ランキング

政治哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む