サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 小説外務省 2 陰謀渦巻く中東

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小説外務省 2 陰謀渦巻く中東
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/03/15
  • 出版社: 現代書館
  • サイズ:20cm/268p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7684-5783-2
  • 国内送料無料

紙の本

小説外務省 2 陰謀渦巻く中東

著者 孫崎享 (著)

中東を巡るアメリカの暗躍が産んだイスラム国。日本の国益を守る若き外交官・西京寺大介の活躍はいよいよ佳境に入る。外務省元官僚によるノンフィクション・ノベル。【「TRC MA...

もっと見る

小説外務省 2 陰謀渦巻く中東

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中東を巡るアメリカの暗躍が産んだイスラム国。日本の国益を守る若き外交官・西京寺大介の活躍はいよいよ佳境に入る。外務省元官僚によるノンフィクション・ノベル。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

孫崎享

略歴
〈孫崎享〉1943年旧満州国生まれ。東京大学法学部中退。外務省入省。駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使を歴任。2002〜09年まで防衛大学校教授。著書に「戦後史の正体」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ISによる日本人処刑の裏事情も明かされる

2016/04/17 21:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

尖閣問題で「日中の棚上げ合意」という真実を指摘して、イラン大使館に「左遷」された西京寺が今度はイランの核開発合意やISの日本人人質解放に向けて活躍。その中で、アメリカの事情(主に戦争やの思惑とそれに対抗する派閥)、イラン革命後にアメリカに亡命したイラン人たちの事情・心情、イランの事情、トルコの事情、サウジの事情、ロシアの事情などが、主に西京寺の情報収集活動として明らかにされていきます。最近の中東の動きのおさらい、更にその裏側を見ることが可能です。
イランの童話や詩なども紹介されており、興味深いです。
「陰謀論」や「捏造」とこの作品を一蹴するのは簡単でしょうが、そういう方たちには、まずこのレベルのものを書いてみろ、と言いたいですね。限りなくノンフィクションに近い小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/25 23:34

投稿元:ブクログ

元駐イラン大使を務めた孫崎亨氏による、大部分がノンフィクションという触込みの外交小説第2弾。今回は、イランが舞台で、「イスラム国」による日本人拘束殺害事件などが取り上げられる。前作において尖閣問題で独自の主張をしたために主人公の西京寺大介が在イラン大使館参事官に左遷されるところから、話がスタートする。
全体的に陰謀論の色彩が強く、全面的に信用はできないが、外交の一側面を捉えていると感じた。
イスラム国による日本人拘束殺害事件における、麻生財務大臣の「金を出す用意はない」という発言や、菅官房長官の「「身代金を支払う意思もなければ、IS側と直接交渉するつもりがなかった」という発言は、米国に向けたものであるという見方は新鮮だった。公の発言であっても、政府高官の発言が、誰に向けての発言なのかという視点は重要だと感じた。アメリカで影響力が強いのが、軍産複合体とイスラエルグループであるという指摘も、さもありなんと感じた。
しかし、アメリカのそういうグループも、いろいろ策略はめぐらしていると思うが、アメリカ国内も一枚岩であるわけではなく、不確実性も相当にあるはずであるが、そういう側面が軽視されているような印象を持った。
また、もともと政権よりの偏った記事が多いことで定評のある産経新聞の記事について、「日本では人質殺害と安倍首相の責任を指摘する者に「魔女狩り」が起こっていました」と大仰な指摘するなど、随所に著者のバイアスを感じた。
一方で、「情報収集は外交官にとって生命線である。そのためには人と人との結びつきが必要だ。人を集めるパーティは活動に不可欠。」という記述や歯医者を介した情報交換など、外交官の実態が垣間見えるのは興味深かった。
また、小説の中で、『丘の上の雪だるま』などのイランの童話や詩が多数引用されており、なかなか印象深かった。

2016/06/14 16:50

投稿元:ブクログ

イスラム国の日本人拘束殺害事件も、描かれている。

本当に、むごい事件であった。
テロの怖さを、平和な日本で、テレビの前で見ていていいのだろうか?と思った一人である。
国、風土、宗教、慣習等が、違ったら、法律も何も通用しない。
一応小説 外務省Ⅱになっているから、閣僚の名前も出ているが、小説として、読んで行ったが、少し、話が紆余曲折する部分があり、再読する事にしようと、、、、

しかしこの本のカバーは、画家国吉康夫氏の作品「ミスターエース」。
移民として、16歳で、アメリカにわたり、活躍された画家である。
彼もまた、戦争の中、日本と、アメリカの間で、強制収監されはしなかったらしいが、辛苦をなめた人であろう。
Bloom where you're planted.(植えられたところで、花を咲かせなさい)
さてさて、これを発したヒラリーさんと、トランプ氏の大統領選はどうなることになるのか?

EU離脱の国民投票で揺れ動く英国の不安で、今日は、円高、株安とか、、、、
日本は、これからどうなる!を、書いて欲しいものだ!