サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 文藝春秋
  6. 文春文庫
  7. 買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/03/10
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790582-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて (文春文庫)

著者 山内マリコ (著)

安くてカワイイから卒業した著者が、迷いながらも選び抜いたものたち。「何を買うか」の先にある、「現代の消費」や「処分の仕方」にも踏み込んだ、新世代お買い物エッセイ。『週刊文...

もっと見る

買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて (文春文庫)

788(税込)

買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて

780 (税込)

買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて

ポイント :7pt / 紙の本より8おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

安くてカワイイから卒業した著者が、迷いながらも選び抜いたものたち。「何を買うか」の先にある、「現代の消費」や「処分の仕方」にも踏み込んだ、新世代お買い物エッセイ。『週刊文春』連載を加筆・訂正して文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

欲しいものがいっぱい! 女子垂涎のお買い物本

週刊文春の人気連載「お伊勢丹より愛をこめて」が書き下ろしを追加して一冊に! 山内さんが選ぶ「長く愛せるもの」が満載です。【商品解説】

週刊文春の人気連載「お伊勢丹より愛をこめて」が書き下ろしを追加して1冊に! 山内さんが選ぶ「長く愛せるもの」が満載です。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

この人のエッセー、めちゃくちゃ面白いんですけどー

2017/12/27 22:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

追いかけている作家さんです。
小説は、最近やや粗製乱造感ぎみになっていて、
むらがあるのですが、エッセーはとことん面白いですね。
この人のサービス精神がよく分かります。
発行ペースをちょっと落とせば、小説からもよい作品が
出てくる気がします。

「皿洗いするの、どっち?」も素晴らしい出来でした。
本編と旦那さんの後日談コメントが絶妙のバランスで、
飾らない紙上漫談という感じでした。

この一冊も同様で、週刊文春で連載されたイラスト付きの
本編と、イラストの下にある後日談コメントが素晴らしい
距離感を保っています。
本にまとめる時、イラストのサイズの関係で空白ができたため、
ページを埋めるためにコメントをつけ加えたとのことです。

そんな偶然の産物なのですが、ソフトな紙上つっこみという感じで、
ほのぼのしたり笑ってしまったりなど、楽しくて気分が上がります。

一年半の連載で全65品のお買い物です。
序盤の章は、服・バッグ・靴などが多めです。
途中からは肩の力が抜けて、無理をしない庶民感で
アットホームさに包まれるんですよ。

身の回りのものが多いのは女性というのもあるでしょう。
それはそれとして、選ぶときの悩み方で価値観が分かり
面白いのです。買い物の失敗や成功は、
誰にでも経験がありますしね。

一話目は財布、二話目は服、三話目は化粧水です。
順当なスタートです。

ニ十才くらいの女の子のお肌と髪が、文字通り輝いて見えると
いうお話。二十代のとき親戚の家で撮ってもらった自分の写真が、
あまりにもかわいいと話題になったことを聞きつけ、
どれどれ~と見てみると、ほっぺたパンパンでムチムチしていて、
がっかりした記憶があるとのこと。

ところが三十過ぎたら肌ツヤも髪ツヤもなくなり、自前で脂が
生成できなくなって愕然とし、オイルを顔面に直塗りする
スキンケアに移行したそうです。

そしてそして、ここからが庶民的部分のお出ましです。
愛用しているのは京都旅行で買った、ちどり屋の
椿オイル1,400円也。
以前は一滴だったのが、最近は四滴を手のひらに出し、
入浴後の肌に直塗りします。
その上から化粧水+乳液をつけ、仕上げに
馬油クリーム1,000円也で寝る前にギトギトにしておくと、
翌朝は驚くほどしっとりだそうです。

一度でも高いコスメ(一万円オーバーの美容液や
ドゥ・ラ・メール)のお世話になると、安いものでは効かなくなると
自分に言い聞かせつつ、女の最終到達地点はドモホルンリンクル
であると断言するセンス。
しかも後日談がコメント欄にあり、再春館製薬から連絡があって、
どうやらお試しまでしてしまった模様。
わたし化粧水は使わないのですが、このやり取りで
充分お買い物を堪能しました。

そんなお話であふれている一冊ですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

買い物とはさもありなん

2016/03/13 21:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さら - この投稿者のレビュー一覧を見る

さくさく楽しく読めた。

買い物という行動にまつわる、女性ならではだろうな〜という部分ってやっぱりある。共感ポイントも多くて、身に覚えのあることも多くて、あぁ〜それ言っちゃいますか〜なんて頷きながらあっという間に読了。

カラーイラスト付きで、文庫本で、お得感もある。
また歳を重ねて読み返したいなって思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お買い物好き

2017/02/14 13:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

女の人って、お買い物好きですよね。
同時に、他の女の人が何を買っているか見るのも好きですよね。

「生きることは、買い物することである」
自給自足はできないので、確かにそうなんたけど。自分の買い物をちょっと見直します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/11 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/05 08:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/18 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/18 12:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/13 10:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/12 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/14 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/10 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/29 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/23 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/13 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/21 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る