サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. また、同じ夢を見ていた

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

また、同じ夢を見ていた
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 218件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/02/17
  • 出版社: 双葉社
  • サイズ:20cm/257p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-23945-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

また、同じ夢を見ていた

著者 住野よる

学校に友達がいない“私”が出会ったのは、手首に傷がある“南さん”、とても格好いい“アバズレさん”、一人暮らしの“おばあちゃん”、そして尻尾の短い“彼女”だった−。「やり直...

もっと見る

また、同じ夢を見ていた

1,512(税込)

また、同じ夢を見ていた

1,210 (税込)

また、同じ夢を見ていた

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

学校に友達がいない“私”が出会ったのは、手首に傷がある“南さん”、とても格好いい“アバズレさん”、一人暮らしの“おばあちゃん”、そして尻尾の短い“彼女”だった−。「やり直したい」ことがある、全ての人に贈る物語。【「TRC MARC」の商品解説】

デビュー作にして25万部を超えるベストセラーとなった「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」の著者が送る、待望の最新作。友達のいない少女、リストカットを繰り返す女子高生、アバズレと罵られる女、一人静かに余生を送る老婆。彼女たちの“幸せ”は、どこにあるのか。「やり直したい」ことがある、“今”がうまくいかない全ての人たちに送る物語。【本の内容】

著者紹介

住野よる

略歴
〈住野よる〉大阪在住。高校時代より執筆活動を開始。「君の膵臓をたべたい」でデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー218件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

泣いた…!

2016/02/28 12:04

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミエマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

デビュー作があれだけ話題になったので心配していたのですが、軽々と壁を乗り越えてきました!

素晴らしい!
泣けます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

住野さん流石です!

2016/03/15 21:39

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまぶき - この投稿者のレビュー一覧を見る

「君の膵臓をたべたい」が面白かったので期待が高かったこの作品ですが、前作より更に面白かったです!
奈ノ花ちゃんは、大人びててちょっと偉そうだけど、それが可愛い。アバズレさんもおばあちゃんも、そして南さんも優しくて私まで包み込まれるような包容力が感じられました。桐生くんと奈ノ花ちゃんのコントラストもよかったです。
そして、幸せとは何か。「君の膵臓をたべたい」と根底は変わらない、大切なことを違う角度から教えてもらった感じですかね?
本当に、素敵で美しいお話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

懐かしさと、未来への期待

2016/10/24 17:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スカイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

また、同じ夢を見ていた。
この、タイトルの文章が何処で出てくるかと、自分なりに、推測しながら読んでいたが、想像より、早めの段階で出てきて、先ずそこで意表を突かれました。

そして、この、同じ夢をみていた。
この言葉をはっするのが、まさか彼女になるとは思っていなかったので、正直びっくりした。
ミステリーの要素も含んでいたし、おとぎ話のような作品でもあり、私は三回読み直しました。

凄く凄く凄くおすすめです。

ラストが圧巻。
1度目に読んだ時は、泣いたけど。
二回目に読み終えた時の私は、さて、どんな心境だったと思いますか。

内緒にしときます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい!

2016/02/24 00:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぐっぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

住野さんの君の膵臓を食べたいでうけた衝撃をもう一度受ける事ができました。 結構これが癖になりそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素敵な作品

2017/04/17 22:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けい - この投稿者のレビュー一覧を見る

すみのさんらしい言葉遣いがとても優しく心に響き、一気に読み終わりました。後味がとても良く大切な一冊になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

幸せってなんだろう。

2016/11/22 03:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:cafe802 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本に出会えたことは、私にとって幸せです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ピュアな気持ちで

2016/11/03 20:57

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しなとら - この投稿者のレビュー一覧を見る

一度読み終え、解説を見てから再び読んで数々の伏線や、本当の意味がようやく腑に落ちました。
かと言って、あまり深掘りして考えて読み込むと小さな矛盾が気になりますので、純粋に物語を楽しみましょう。
そうすれば、きっと素敵な自分なりの幸せとは何か?人生とは…
が見つかると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

また、同じ夢を見ていた

2016/10/24 21:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:香味ペースト - この投稿者のレビュー一覧を見る

結末を考えながら読んだら、
なんとなくあっているたんだけど、
さらにそれをいい意味で裏切られた。
はやく、新作が出てほしい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

また夢

2016/04/23 23:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きな作家さんです。サイン本が手に入れられてとても嬉しいです。読んでいる途中ですがキミスイとは違った雰囲気も良いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これはおもしろい

2016/04/19 22:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

デビュー作が面白かったのですぐ購入しました。読んで良かったと思える作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高!

2016/03/16 14:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ボリマーニ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作も良かったけど、今回も最高です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最高

2016/03/04 01:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つな - この投稿者のレビュー一覧を見る

前回の作品は少し辛かったですが、今回の作品は暖かさが滲み出ていてよかった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後まで読み通してよかった!

2016/10/01 13:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まこと - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタばれありです。
『君膵』の作家さんの二作目だそうで、流行りものは読んで確かめたいほうなので、図書館で順番待ちをして読みました。
友達のいない主人公の小学生の奈ノ花が「幸せとは何か」について大人の友の達、おばあちゃん(他人です)、アバズレさん、南さん、尻尾のちぎれた友達(猫)、ひとみ先生、隣の席の桐生くんたちと考えていくお話しです。
でもこのお話し、若い読者向けなのか、私の精神が老化しているのか、作者の創りあげた前半部分の世界観にはなじめませんでした。
奈ノ花の両親が共働きで忙しく、奈ノ花は淋しい子供だというのは、まあよしとしても、おばあちゃんがアイスクリームだのマドレーヌだのフィナンシェだのプリンを作ってくれたりするのは何か海外の子供向け童話みたいで甘ったるいし、奈ノ花が自分のことをかしこい子供と自負していて、他のクラスメートのことをクラスのバカな子供たちと言っているのは、確かにそうかもしれないけれど、そういう奈ノ花も可愛げのないうぬぼれた子供で好きになれないし、途中で時間がもったいないから、もう読むのをやめて図書館に返却しようかな。と何度も思いました。
でもこのお話は後半、奈ノ花がクラスメートたちに無視されて、学校に行かないで、すてきな絵を描くことのできる隣の席だった桐生くん(桐生くんも学校を休んでいます)に再び会いに行くところから、ちょっと変わってきます。
最初の奈ノ花のキャラクターは意図的に作者が作っていたことがわかります。
南さんやアバズレさん、おばあちゃんとの会話も、前半から、ちゃんと狙いがあって、後半の伏線になっていました。
クラスの中で自分だけがかしこい子供だと思って天狗になった奈ノ花が幸せとはなにかをみつける話ではなくてよかった。
ラストはハッピーエンドです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幸せを考える、幸せ・・

2016/07/03 11:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

私が高校生ぐらいの時に、こんなお話に出会っていたら、どんな風に感じたのだろうと考えます。

小学生の主人公が「幸せって何か」を考えながら、
クラスでいじめにあったり、
不登校の友人とぶつかり合って素直な気持ちに気づいたり、
いろんな人たちが主人公と幸せな時間を過ごし一緒に考えるために会いにきてくれたりする。
ファンタジーなお話だけど、
子供の時って、
こんな不思議な時間があるから救われるんだよなあとちょっと子供の頃の記憶が想いだされます。
何か大切にしている気持ちを大切だと忘れず、毎日を過ごす大切さ。
そんな時間が今の自分になっているはずなのに、いつの間にかそんな大切な事を忘れてしまっている事に気づかされる。

住野よるさんの2冊目の小説。
「君膵・・」でデビューして気になって読んだが、たくさんの人が読みたいと感じさせるのが分かります。
読んでいて、気持ちの良い時間でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高の夢

2016/06/04 12:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MR北海道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

夢オチと聞くと、あまりいい響きがしないが、これはその固定観念を打破してくれた。読んでいて楽しく、何より、綺麗な作品だと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む