サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. ガルブレイス アメリカ資本主義との格闘

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ガルブレイス アメリカ資本主義との格闘(岩波新書 新赤版)
ガルブレイス アメリカ資本主義との格闘(岩波新書 新赤版) ガルブレイス アメリカ資本主義との格闘(岩波新書 新赤版)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/03/18
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/216,8p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431593-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ガルブレイス アメリカ資本主義との格闘 (岩波新書 新赤版)

著者 伊東 光晴 (著)

リベラルで革新的な思想を持ち続けた経済学者ガルブレイス。20世紀アメリカを代表する「経済学の巨人」は何と闘い続けたのか? 「経済学のパラダイムの転換」などの要素を備えた彼...

もっと見る

ガルブレイス アメリカ資本主義との格闘 (岩波新書 新赤版)

864(税込)

ガルブレイス-アメリカ資本主義との格闘

864 (税込)

ガルブレイス-アメリカ資本主義との格闘

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

リベラルで革新的な思想を持ち続けた経済学者ガルブレイス。20世紀アメリカを代表する「経済学の巨人」は何と闘い続けたのか? 「経済学のパラダイムの転換」などの要素を備えた彼の主要著作を読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

ケインズでイギリス論を、シュンペーターでドイツ社会を論じてきた社会経済思想史研究三部作の完結編!【本の内容】

著者紹介

伊東 光晴

略歴
〈伊東光晴〉1927年東京都生まれ。東京商科大学(現一橋大学)卒業。専攻は理論経済学、経済政策。京都大学名誉教授。著書に「現代に生きるケインズ」「アベノミクス批判」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

電子書籍

経済・社会を考えるのにお薦め

2017/02/05 22:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょひょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

20世紀アメリカの経済学者ガルブレイス(1908-2006)の生涯・思想を解説。
現代資本主義の分析をもとに、政府の適切な関与の必要性を主張した。
グローバル資本主義の限界が明らかになり、格差の問題がクローズアップされる今、経済学に止まらず、社会全般について考えさせられる一冊。
文章は平易で、経済学についての深い知識は不要。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

20世紀アメリカ経済学の良心?

2016/07/08 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平良 進 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は学校で経済学をまともにやったことがない。伊東光晴先生の本は幾冊か触れた程度だ。ガルブレイスも人に薦められて読もうと思っていてなかなか果たせなかった筆者の一人だった。
今回、この学者の生涯と仕事を見ることができて満足している。これまで新古典派経済学全盛の経済学オンリーのコトバたちに振り回されていた私はようやくある立脚点に立つことができたような気がする。優勝劣敗の米国社会にあって、平等という価値を今でも大切にしようという学者がいたのだということがわかっただけでも良かったと思う。
著者の伊東氏も変わらず平易な文章で大事なことを伝えてくれた。ひたすら御身体の回復を望むばかりなんである。多くの人に読まれていい本なのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伝記?

2016/12/28 21:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ガルブレイスといふ人物に興味があったので読みました。彼がどこに生まれ、どの様な経歴をたどったのか概要は分かりました。アメリカの経済史も照らし合わせているので面白かったです。ただしガルブレイスが浮かび上がってこなかったので少々不服です。ガルブレイスをもとにアメリカ経済史を詳らかにしたといったところでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

作者渾身の

2016/06/21 08:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:菜摘 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者にはすでにケインズの入門書がありシュンペーターの入門書があり私も相当以前に読ませていただいた覚えがあり、今すぐに手元に置き本書と比較参照はできないが、本書も非常に読みやすい著書であることに間違いはないと思う。
ガルブレイスの「不確実性の時代」「マネー」(TBSブリタニカ版)が日本語に翻訳され彼の名が日本で最も知られたであろうころ(そのころから「経済学」なるものが広く世間に受け入れられだしたころだろうか)、私も十代最後の頃で同書を手に取り読んでそれなりの理解はしたつもりでいたが、本書を「ガルブレイス」入門書として先に読み、再度、「不確実性の時代」等ガルブレイスの著書を読み返せばその思想背景などがわかり、理解がはるかに増すものと思われる。
また、本書はガルブレイスの簡易な自伝として、彼の生きた時代と彼の学問の進展について、あるいは、彼を取り巻く大学や学問環境について、彼我の国の大学のありようについてもその概略を知ることができた。
著者の別の本の批評で、「左翼経済学者」と切り捨てていた論評があったが、「左右」決めつけずに素手で読んでいただきたい好著と思い、多くの人に本書を薦めたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

軽薄としか言いようがない

2016/04/25 06:02

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愚禿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主流派とされる新古典派経済学は一元論で、社会、経済の現実は多様で、それを知るためにはマーシャルを知れ、と言っておきながら、20世紀の経済学=政策科学と、経済学を一元論かのように主張し、矛盾を感じるし、ガルブレイスが生涯、よき政治がよき社会につながる、と考えていた、という主張は、私は違うと思う。そうした考えは、70年代ぐらいまではあったかもしれないが、政治、政策でもって、社会を良くすることはできないと考えたがゆえに、ハーバードを離れたのだと私は思う。『ゆたかな社会』をよく読めば、大衆の知性の向上しか、社会を良くする方法がない、というの結論だと私は思う。
 本書は、非常に軽薄、著者の我田引水としか言いようがないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ガルブレイスの可能性

2017/05/12 15:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼぶ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ガルブレイスは、20世紀のアメリカの経済学者です。彼が学者生活を通じて対決したのは、「市場競争に任せれば問題は解決する」という理論を杓子定規に唱える経済学者達でした。
アメリカの軍産複合体や消費者主権など、当時の人々が信じて疑わなかった「通念」に異論を提出し、政治によって社会は良くなるという可能性を信じ続けた彼の考え方は、政治への無関心が取りざたされる今日特に有意義です。
彼の現実を見る眼、「ファクト・ファインディング」は現代にも活き続けるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/23 20:59

投稿元:ブクログ

アメリカという国に軽く失望する。建国からの歴史が培った自立心=小さな国家というエートスの強さ。

ガルブレイスの生い立ちから理論のすごみを描き出すことに成功している。

自己搾取を見抜いた眼、テクノストラクチャーという批判装置を作り出した眼。愛すべき眼である。

マーシャルの労働供給曲線は体感としてよく分かる。賃金率が下がれば、労働時間を延ばすのが庶民だ。

GMの倒産は、退職者年金と医療保険が主たる原因だったとは。なんとも皮肉な国だ。

2016/07/22 00:02

投稿元:ブクログ

アメリカの経済学の主流である保守派の主張がいかに歪んだものであるかが良くわかった。大企業とそれ以外の経済政策を分けるべきとか、努力にも限度がありそれ以外は搾取になるとか、社会が豊かになると経済的困窮ではなく精神的困窮が始まり、それはすべて大企業による需要喚起によっているなど、示唆に富む内容。とはいえ、反対論であるミルトンフリードマンの自由経済理論も読まないと本当の判断はできないだろう。

2016/05/24 23:17

投稿元:ブクログ

伊藤光晴『ガルブレイス』読了。

伊藤光晴先生のガルブレイス論、立読みもせずに購入。「依存効果」、「自己搾取」などのガルブレイスが提示した概念が説明されていて、分かりやすい。
今の社会環境にも当てはまること多く、良書。

2016/07/25 21:24

投稿元:ブクログ

印象に残った点は、大企業とそれ以外の農業や個人経営をきっちりとわけて議論している点である。
経済学を学ぶと需給曲線が消費者の自由意志のよって決まっているかのように思う。しかし、必ずしも消費者の自由意思によって決まっているわけではなく、依存効果や寡占理論を交えて新古典派、自由主義を批判している点はおもしろかった。
この中に、メインに書かれている3冊はぜひ読みたい。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む