サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 子どもは40000回質問する あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

子どもは40000回質問する あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/04/18
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:19cm/326p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-96214-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

子どもは40000回質問する あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力

著者 イアン・レズリー (著),須川 綾子 (訳)

幼少期の子どもの問いにきちんと答えたり、知識の在り処を教えたりする家の子は、学校でも良い成績を収め、経済的にも成功しやすい。人生で一番大切な「知りたい心」の秘密に迫る。【...

もっと見る

子どもは40000回質問する あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力

1,944(税込)

子どもは40000回質問する~あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力~

1,512(税込)

子どもは40000回質問する~あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力~

ポイント :14pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幼少期の子どもの問いにきちんと答えたり、知識の在り処を教えたりする家の子は、学校でも良い成績を収め、経済的にも成功しやすい。人生で一番大切な「知りたい心」の秘密に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

イアン・レズリー

略歴
〈イアン・レズリー〉ノンフィクション作家。BBCなどのテレビやラジオでもコメンテーターを務める。コンサルタントとして優良企業のブランディングなどにも携わる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『子どもは40000回質問する』

2016/08/14 20:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「未来は好奇心旺盛な人にだけ微笑んでくれるだろう。」p.156

教育、ビジネス、人生における「好奇心」の力を論じる好著
知識の習得を重視する根拠と実例は興味深い

原著は2014年刊の“CURIOUS”(=好奇心の強い)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/11/12 00:19

投稿元:ブクログ

好奇心について幅広く論じていて、育児本ぽいタイトルがちょっともったいない感じだった。ビジネス書とか自己啓発というと、一気に安っぽくなるけども(そういう部分もあったけど)。拡散的好奇心を知的好奇心にどう導くか。(←自分子どもともに課題)

2017/01/10 17:14

投稿元:ブクログ

好奇心を伸ばすことが人生において重要、という点はよく聞く話だが、好奇心を伸ばすためには従来否定されてきた知識をたくさん詰め込むことが必要であるという点に、新しさを感じた。

2016/10/03 13:58

投稿元:ブクログ

〈本から〉
人が無知な理由はただ一つ、あまり気にかけないからだ。無知とはつまり無関心だ。無関心は何よりも奇妙で愚かな悪習である。  スティーブン・フライ

多くの研究が示唆する人間のもっとも普遍的な好みが「神秘性」であるということだ。つまり、何かしら見えないものが暗示されている風景が好まれる傾向があるのだ。

将来何が役に立つのか誰にもわからない。したがって、大切なのは幅広い分野に先行投資をしておくことだ。

人間が技術を発展させてきたのはほかでもない、物事を簡単にするためだ。しかし、その発展には代償が伴うー不便さには隠れた価値があったのだ。これは学習についても当てはまる。理解や暗記が難しければ難しいほど、脳は新しいことに挑戦する力を発達させることができるらしい。

突きつめて言えば、学ぶのに苦労したときのほうが習熟度は高い、ということだ。

私たちは困難なことについてはよく考え、考えれば考えるほど記憶に残る。努力して向上することなら何であれ、同じ法則が当てはまる。技能とは苦しみによって磨かれるのだ。

試験の結果を左右する要因として、性格的な特質が知能より四倍も大きな影響を及ぼしていることが明らかになったのである。

私たちが直面している事態は知的レベルの低下ではなく、認知能力の二極化だー好奇心を発揮する人と、そうでない人の格差が生まれている。(略)
作家のケヴィン・ドラムは容赦なく言う。「インターネットは賢い人間をさらに賢くし、間抜けをさらに間抜けにする」

知識は知識に引き寄せられるーマタイ効果

優れたアイディアというものは、頭をひねったところで生まれない。それは数ヶ月、数年、数十年にわたる人生の積み重ねから湧き出すものだからだ。

古代ギリシャの詩人アルキロコス
「キツネは多くのことを知っているが、ハリネズミは大事なことを一つだけ知っている」

キツネハリネズミは、IBM社で「T字型」と呼ばれている知識体系を持っている。二十一世紀にもっとも評価されるのは専門分野に関する深い知識(T字の縦軸)と、他分野に関する幅広い理解(T字の横軸)の両方をそなえた知識労働者だ。前者は専門性が求められるプロジェクトを実行に移すことを可能にし、後者は他分野との文脈的なつながりを理解することを可能にする。

「あるものが二分たっても退屈だったら四分試してみなさい。それでもまだ退屈なら八分。それでもだめなら十六分。三十二分。やがて少しも退屈ではないと気づくはずだ」

つらいことを最小限にとどめ、幸せを最大にする素晴らしい力が欲しいなら、小さな物事をよく観察すべきである。
           ーサミュエル・ジョンソン

教育を受けるということは、考えかたを学び、それによってもともとそなわっている自己中心的な発想から逃れることでもある。

2016/09/09 23:05

投稿元:ブクログ

タイトルは原題Curiousが正しい。子どもだけではなく、人類全般にとって、好奇心を持つこととそれをサポートできる環境(豊かな社会、法制度の整備、教育の充実)が発見や発展には重要だとする。
そもそも好奇心には、発散的好奇心と知的好奇心がある。前者は子どもの持つ短期的な手当たり次第のなぜ何であり後者は知識に基づいたさらに知りたい、どうなっているのか?という深掘りしたい欲求である。自然状態では、好奇心に持続性はなく、発散的なものを知的好奇心に持っていくには知識の積み重ねも必要であり、インターネットでの検索や自由放任ではそこには到達することは難しい。

2016/09/09 18:24

投稿元:ブクログ

 一見役に立ちそうにない事柄も含め、学ぶことの本当の美しさとは、自分だけの世界から抜け出し、自分が壮大な営みのなかで生きているのだとあらためて思い起こすことにある。私たちは学ぶことで、少なくとも人間が言葉を交わすようになってから受け継がれてきた、とてつもなく壮大な営みのなかで生きていると実感できるのだ。(p.31)

 私たちはミステリーよりもパズルを重視する文化のなかで生きている。学校はもちろん、大学でさえ科学とは明快な答えのある疑問の集合であると考えている。(中略)グーグルは、すべての疑問には明快な答えがあるという大きな錯覚を後押ししている。(pp.102-103)

 あらゆる疑問に対して徹底して効率的に答えを提示するインターネットは、その答えよりももっt貴重なもの、すなわち生産的なフラストレーションをもたらす機会を断ち切ってしまう。私の理解が正しければ、情報の扱いに慣れた子どもを育成することが教育の唯一の目的でもなければ、最大の目的でもないはずだ。教育とは、時間を費やすことで純粋な興味へと発展するような疑問で子どもたちを満たすことでもある。(pp.105-106)

 16世紀、グーテンベルクの印刷機が原動力となり、人類の知的創造は新たな局面を迎え、庶民を主体とした革命が起きた。この類いまれな新技術は、まさに好奇心のための装置だった。印刷機は知識を素早く広め、交換することを可能にした。そして、旧来の常識を徐々に打ち崩し、新しい発想を呼び覚ました。印刷機の重要性は17世紀の初めにはすでにはっきりと理解されていたーフランシス・ベーコンは、印刷機を火薬と羅針盤と並ぶ三大発明の一つに位置付け、それは「世界のありようを根本的に変化させた」と評している。(p.122)

 ウィキペディアに批判的な人々は信頼性の低さを指摘する。だが、膨大な情報を得られることを考えれば、それは仕方のない代償だろう。利用するにあたってはウェールズが提案する姿勢が理想だーあくまでも調査の第一歩として利用し、それで終わりにしないこと。秩序に欠け、反論が多く、絶えず修正しているウィキペディアの姿は、科学が進歩しる過程と重なる。それは、揺るぎない確実さを威厳たっぷりに約束する『ブリタニカ百科事典』にはみられなかったものだ。ウィキペディアは私たちに、知識が本質的に不安定なものであることを思い起こさせてくれる。(p.135)

 インターネットが人間を愚かにしていると批判するのは簡単だ。しかし結局のところ、自分を愚か者にするのも、無関心にするのも、それは自分をおいてほかにない。知的努力を避ける手段としてインターネットを使うなら、好奇心を保つ方法をすっかり忘れてしまうかもしれない。反対に、インターネットを継続的な知的探索のきっかけとして活用すれば、より良い学業成績を収め、仕事でも大きな成果を手にするにちがいない。未来は好奇心旺盛な人にだけ微笑んでくれるだろう。(p.156)

 確かに、好奇心とやり抜く力は学業成績を左右する重要な要因ではあるが、その効果が現れるには基礎知識が欠かせないのだ。すでに触れられたように、チェスは高度なレベルにな��と記憶力とパターン認識が鍵となる。ジェイムズのようなマスターは、有効な戦略とそうでない戦略を一瞬で判断できる。(p.214)

 知識を積み重ねることは充実した長期記憶を構築するために必要であって、時代遅れでもなんでもない。知識こそが、私たちの洞察と創造性、好奇心の源泉なのだ。「好奇心駆動型」の教育スタイルの致命的な欠陥は、好奇心が知識の獲得の原動力になるのと同じくらい、知識が好奇心を育む原動力になることを見落としている点である。(中略)子供の好奇心は解き放ってやるだけでよいという先入観にも問題がある。学校が知識のデータベースの構築を放棄するなら、多くの子どもたちは自分がまだ何を知らずにいるのか知らないまま成長する危険がある。そうなると自分自身の無知に関心を持つこともなく、自分より豊かな知識を持つーしたがって好奇心の旺盛なー同級生と比べて一生不利な立場に置かれることになる。(pp.215-216)
 
 知識はたとえ浅いものでもー多くのことについて少しずつしか知らなくてもー人地上の帯域幅を広げてくれる。劇場や美術館を訪れても、小説や詩、歴史の本を読んでも、より多くを得られるということだ。(中略)どんな立場にあろうと、人生における目標がどんなものであろうと、知識があれば、世の中をより多くの可能性で満たし、微かな光が暗闇を照らす機会を増やすことになる。知識があれば、世界はあともうすこしだけ広がるのだ。(p.216)

ジョナサン・パウエル「私には驚きなのですが、たいていの人は相手の考え方を本気で理解しようという気持ちがないままに交渉に臨んでいます。交渉力に優れた人々は聞き手としても優秀ですーこれは単に相手側の主張をよく聞いてから、自分の主張を述べるということではありません。注意深く耳を傾け、相手がどういった立場に置かれているのかを徹底的に理解するのです」(p.254)

 駐車場の屋根、ハンドドライヤー、牛乳ーどんなものでも集中して観察すれば、隠れていた面白さや意味や美しさが明らかになる。(p.276)

 あなたがどこか退屈な場所で生きているときーそもそも私たちは誰もが退屈な場所で生きているーその場所をどう見るか、二つの選択肢がある。一つは普通の人たちと同じような意識で日々を過ごすことだ。同じものを何度目にしても、それがどんなふうにそうなったのか、どうしてそんな状態に留まっているのか、どうしたらもっと良くなるのか一度も考えずにいる。もう一つは学ぶという選択肢だ。学ぼうと決めて周囲の者に好奇心を抱いたら、あなたはもう二度と退屈しないことを選択したのである。(p.287)

「世界はとてつもなく面白いってことに急に気づいた。興味をもって眺めれば、この世のあらゆるものがー地球の重力、鳩の頭の形、雑草の葉さえもーじつに驚くべきものに見えてくる」(p.316など)

 好奇心を持ち続ける7つの方法(pp.310-313)
1 成功にあぐらをかかない
2 自分のなかに知識のデータベースを構築する
3 キツネハリネズミのように探し回る
4 なぜかと深く問う
5 手を動かして考える
6 ティースプーンに問いかける
7 パズルをミステリーに変える

2016/10/22 01:31

投稿元:ブクログ

好奇心や創造性に関すること。子育てにも役立つだろうし、自分も興味があるので読んだ。

どこがで聞いたことのあることを、繋げられた感じ。

勉強する意味がわかるし、説明しやすくなるだろう。

“娘からの問いかけを受け流すたびに、娘の知りたいという内なる欲求を台無しにしてきたのではないかと深く反省せずにはいられない”と著者は書いている。
この気持ちを普段から持ち、台無しにしないようにできるだけ子供に向き合い、問いに答えることが大事。

子供にわかるように答えることが難しいこともある。子供が現時点でわかる単語で説明しなければならないから。
大人もわかりやすい言葉を選んで説明できる能力や想像力が必要になる。

大人が関わり、子供と対話し、基礎を作っていく。その上で子供の粘り強く追求していく好奇心をもてば、知的成長は大きくなる。創造性もついてくる。

創造性は無からではなく、持っている知識から生まれる。

まずは親の意識と知識が前提。

とにかく、問われたら何らかの答えを出すようにしている。

子どもは質問ばかりするけど、答えたら子どもはどんどん吸収するから羨ましいわ。

2017/03/21 02:46

投稿元:ブクログ

好奇心についての本。
好奇心の分類からから始まり、好奇心のはたらき、好奇心の差による格差、最後に好奇心を持ち続けることの重要性と方法などを述べている。
説明は実例を取り上げており、説得力があるものの、訳本だからなのか、言い回しが分かりにくかったり、話が次々に流れて行ったり、戻ってきたりするので読み難い。
意識に残ったのは以下
・好奇心は加齢による認知機能の低下を和らげる
・喃語に対してキチンと説明するのは好奇心を伸ばす
・パズルよりもミステリー
・インターネットはパズル解きに陥りやすい
・好奇心は知識の空白に生まれる
・子どもに広い知識を学習させるのは意味がある
・知的好奇心を追求すると、セレンディピティが起きる
・スペシャリストでありジェネラリスト
・なぜかと深く問う
・ありふれた共同作業の中に面白さを見出す
成長に興味がある人にオススメです。

2016/08/31 22:44

投稿元:ブクログ

日本語タイトルに惹かれて(=好奇心)読んだ本。
子どもの話かと思ったら、人生の指南書ですね。
この本を読めば、「学校で何のために勉強するの?」と聞かれたら答えられるようになります。
人生を切り開くのは好奇心だなと思います。
人が楽に追い求めるものはパズルで、好奇心が続くのはミステリーという話も良かったです。
学生から大人に至るまで全ての人にお薦めできる本です。

2016/06/15 21:20

投稿元:ブクログ

今最も必要とされているイノベーションを起こす能力やセレンディピティを得る機会は旺盛な好奇心により齎される。そして好奇心は(知識の詰め込みは自由な好奇心を阻害するという説とは反対に)たくさんの知識により育まれるものである。現代ではいくつかの深い専門性とともに、それ以外の広い分野の(決して浅くない)知識が必要で、それが創造性を齎す。インターネットが普及した現代でこそ、数クリックで得られる浅い回答ではなく、より「なぜ」を追求しましょう。ということでした。

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む