サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ローカル線で行こう!(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/05/13
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/555p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-293392-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ローカル線で行こう! (講談社文庫)

著者 真保裕一 (著)

廃線間際の赤字ローカル線。故郷の未来を託されたのは、たったひとりの新幹線アテンダント。立ちはだかるのはやる気を失った社員、一筋縄ではいかない経営幹部、そして次々起こる不穏...

もっと見る

ローカル線で行こう! (講談社文庫)

950(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

廃線間際の赤字ローカル線。故郷の未来を託されたのは、たったひとりの新幹線アテンダント。立ちはだかるのはやる気を失った社員、一筋縄ではいかない経営幹部、そして次々起こる不穏な事件…。「行こう!」シリーズ第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

廃線間際の赤字ローカル線。その未来を託されたのは新幹線の若きカリスマ・アテンダント。読めば元気が出る痛快鉄道再生ミステリー!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー34件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

エネルギー

2017/05/28 19:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鯉狂い - この投稿者のレビュー一覧を見る

31歳の前新幹線の車内販売員(と県庁の役人)が赤字の第三セクター及び地域再生に向け奮闘する話。カネはないけどアイデア満載。読んでいるこちらにもエネルギーが伝わってくる作品であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い

2017/01/25 15:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:何時まで読んでるの - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終わった感想は一言で「面白い」。篠宮亜沙美と鵜沢哲夫の心情が交差しながら展開するストーリーは実に読者を飽きさせない。実際の民営移行ローカル線経営が本小説のように行くとは思わないが、沿線住民の心情は良く判るし、全国の第三セクター鉄道が今後も無事存続してほしいと思うのは私だけでは無いだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

再生物語、ってだけじゃない

2017/01/11 10:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

赤字のローカル線を、うら若き女性が社長として就任して再生させる、いわゆる若女将奮闘記のようなものかと思って読み始めたが。この物語そう単純な物ではなかった。面白おかしいってだけではなくて、政治やコンゲーム的なものをも交えた、読み応えたっぷりの作品に仕上がっている。
舞台となっている小さな町のローカル線、その再生に向けてあらたな社長が就任した。それは何と31歳のうら若き女性、篠宮亜佐美。しかも前職は新幹線の売り子からの大抜擢。県の若手幹部候補でありながら出向で副社長に就任していた鵜沢は、最初こそ篠宮のバイタリティ溢れる言動に戸惑うが、徐々に乗せられるようにして動き始め。小さな事からコツコツとを重ねたローカル線は、いよいよ再生の道をたどり始める。ところが段々と物語が加速してくるに連れ、ただの再生物語では無い事が分かる。この再生話しには良くも悪くも県が大きく関わっていて。さらにはその裏で、国までが動いていたりする。中には再生をしてもらっては、困ると言う物も少なからずいて…。
地方自治体のあり方への疑問、実際行われているであろう汚職事件への懐疑。そいった物への、作者からの痛烈なメッセージも込められているように感じた。
そして結局、全ての仕事はサービス業であり相手がある。その相手への思いやりが、ハートが無ければ何もうまくは行かない。そんな事を考えさせられた、良作でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすい

2016/11/18 21:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MJ - この投稿者のレビュー一覧を見る

話の流れとしては,集客のために奮闘する人達の姿を書いたお仕事小説の一つだと思う。全般的に読みやすく,流れもつかみやすいが,前半は登場人物の紹介などでややゆっくりと展開するが,後半は一気に話が展開するため,追いつけないところもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/09 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/15 09:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/01 01:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/18 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/27 10:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/04 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/11 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/23 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/04 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/15 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/16 07:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る