サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

潜航せよ(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/05/25
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/430p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-104480-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

潜航せよ (角川文庫)

著者 福田和代 (著)

航空自衛隊の海栗島分屯基地。安濃監視小隊長の赴任と時を同じくして、中国の戦略型原子力潜水艦が日本海で原因不明の爆発事故を起こす。遠野一等空尉は安濃を名乗る男が別人であるこ...

もっと見る

潜航せよ (角川文庫)

864(税込)

潜航せよ

864 (税込)

潜航せよ

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

航空自衛隊の海栗島分屯基地。安濃監視小隊長の赴任と時を同じくして、中国の戦略型原子力潜水艦が日本海で原因不明の爆発事故を起こす。遠野一等空尉は安濃を名乗る男が別人であることに気づき…。【「TRC MARC」の商品解説】

中国の戦略型原子力潜水艦が、日本海で原因不明の爆発事故を起こした。同じ頃、春日基地で防空管制を勤める遠野真樹一等空尉は、海栗島に赴任したばかりの安濃小隊長を呼び出し、驚愕した。この男は、安濃ではない!【商品解説】

中国の戦略型原子力潜水艦が、日本海で原因不明の爆発事故を起こした。同じ頃、春日基地で防空管制を勤める遠野真樹一等空尉は、海栗島に赴任したばかりの安濃小隊長を呼び出し、驚愕した。この男は、安濃ではない!【本の内容】

著者紹介

福田和代

略歴
1967年神戸市生まれ。神戸大学工学部卒業後、システムエンジニアを経て、2007年、航空謀略サスペンス『ヴィズ・ゼロ』でデビュー。著作に、『TOKYO BLACKOUT』『オーディンの鴉』『ハイアラート』など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

主要舞台の半分以上が、中国原潜内部の事件であり、陰謀の標的も中国政府という大胆な筋書に驚嘆しました。

2016/11/08 23:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主要舞台の半分以上が、中国原潜内部の事件であり、陰謀の標的も中国政府という大胆な筋書に驚嘆しました。登場人物も前作『迎撃せよ』に繋がっており、イ・ソンミョク(北朝鮮工作員?)、安濃将文一等空尉、遠野真樹一等空尉が登場です。なお、安濃将文一等空尉は今回も知らぬうちに事件に巻き込まれて四苦八苦する損な役割でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

安濃さんお疲れ様

2016/09/03 16:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のりちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても面白かった。スケールが前作よりはるかに広がってとてつもない作品になっていた。
日本でもこんなミリタリーサスペンス小説が出てくるようになったのだね。
それにしても日本の周辺には中国といい、北朝鮮といいやっかいな国が多くて本当にわずらわしい。小説の材料になっている間はいいけれどそれ以上に発展したらどうなるのかなあ。なんて考えてしまったし、そう考えさせる力が本書にはある。でもエンタメとしてり魅力は本書に十分あり、前作で活躍したメンバーがそっくりこの作品でも引き続いて活躍している様子は実に魅力的。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/19 12:03

投稿元:ブクログ

SLBMを搭載し、何やら不審な状況な中国の潜水艦…そして、何がどうなったのか、本人を知る人が話すと「本人ではない?!」と判る別人に入れ替わってしまっていた安濃…事態はどういうように進展するのか?かなり夢中になってしまった…

2017/02/20 19:44

投稿元:ブクログ

「迎撃せよ」に続く、航空自衛官安濃をめぐる話。タイトルが似ているだけではなく、登場人物など世界観は継続。安濃がまた事件に巻き込まれ・・・ 中国の潜水艦の話など、静かに物事が進んでいるのに手に汗握る展開。この次の作品も単行本で出ているらしい。

2016/06/05 12:49

投稿元:ブクログ

けっこう大風呂敷だけれど、個人の戦いに絞ってます。
こういうのはいいです。
続編に繋がる終わり方なので期待しましょう。
「ジャック・ライアン」なのか「ジェイク・グラフトン」なのか。

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む