サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. トランプ大統領とアメリカの真実

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

トランプ大統領とアメリカの真実
トランプ大統領とアメリカの真実 トランプ大統領とアメリカの真実

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/07/04
  • 出版社: 日本文芸社
  • サイズ:19cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-537-26153-0
  • 国内送料無料

紙の本

トランプ大統領とアメリカの真実

著者 副島隆彦 (著)

なぜアメリカ国民はトランプに懸けるのか。アメリカ政治思想研究の第一人者が、リアルで苛烈なアメリカ国内の政治思想対立を解説。ポピュリズム、国内問題優先主義などをキーワードに...

もっと見る

トランプ大統領とアメリカの真実

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜアメリカ国民はトランプに懸けるのか。アメリカ政治思想研究の第一人者が、リアルで苛烈なアメリカ国内の政治思想対立を解説。ポピュリズム、国内問題優先主義などをキーワードに、ドナルド・トランプの人間像を読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

「移民なんかくそくらえ」。過激な発言を繰り返すアメリカ、共和党大統領候補、ドナルド・トランプ。なぜ、アメリカ国民は、かくもトランプに熱狂するのか? 人気評論家・副島隆彦がアメリカ社会の底流と世界最先端の動きを解説する。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 第1章 
  • トランプ大統領の誕生
  • 第2章 
  • トランプ旋風とアメリカ大統領の行方
  • 第3章 
  • ドナルド・トランプとは何者か

著者紹介

副島隆彦

略歴
〈副島隆彦〉1953年福岡県生まれ。早稲田大学法学部卒業。評論家。副島国家戦略研究所(SNSI)主宰。常葉学園大学教授等を歴任。著書に「世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/01/09 21:22

投稿元:ブクログ

トランプ大統領の当選をずいぶんと前から予言をしていたということなので、何によってその判断が可能になったのか興味がわいたので読んでみた。
いわく、キングメーカーであるキッシンジャーに頭を下げて会いにいったからだという。また、ヒラリーになると第三次世界大戦が起きると母親たちが本気で心配をしているからだという。トランプは勝ったので、どこまで言うことを信用していいのかわからないけれども書かれていることの多くは裏ではどうのこうのというものが多くて、どこまでシリアスなのかわからなくなった。

副島さんという人がどういう人か知らなかったのだが、Wikipediaなどで見るとアポロ月面着陸やホロコーストを否定していると書かれてある。うーん。

2016/12/25 13:35

投稿元:ブクログ

キッシンジャーの傀儡、リベラルの欠陥、リバータリアリズムの台頭、ポピュリズムの真意。トランプ大統領誕生の蓋然性を担保するファクトと論拠が理路整然とまとめられている。本書の見解はマスメディア含む大衆のそれとは逆行しているが、むしろ確かなevidenceと論理で固められており、大変convincingに感じる。CNNのトランプ派某コメンテーターの発言と内容としばしばconsistencyを有しているのも興味深い。日本のメディアももう少々この方面の見解を取り上げて然るべきと思う。

2016/07/10 09:24

投稿元:ブクログ

本日(2016.7.10)は、参議院議員選挙の投票日で、それなりに大事な日だと認識していますが、それ以上に注目されるイベントとして、今年11月に行われる4年に一度の米国大統領選挙があります。

数年前までは、オバマ氏が2期務めた後は、それまでずっと待っていた、元ヒラリー大統領夫人が大統領になるものとばかり思っていましたが、果たしてどうなるのでしょうか。

今度の米国大統領は、いわゆる「貧乏くじ」を引くようなもので、米国経済が最悪の状態で就任しなければならないので、その次を狙う人が多かったと聞きます。その中で、共和党で正式に大統領候補にまで選ばれることになった、トランプ氏は凄いです。

政治家ではなく、企業経営者としての経歴があり、若いときから企業経営を成功させるための苦労をずっとされてきています。最初の頃に物議を醸しだした、いわゆる「どぎつい発言」も、最近は大人しくなってきたようで、いよいよ大統領らしく振舞い始めたようですね。それらが全て計算されて行われている様で、トランプ氏の凄さを感じました。

この本は、私がこの30年間、読みつづけてきた「副島隆彦氏」の最新本です。彼も、さんざん悩んだあげく、次期米国大統領はトランプ氏であるとの結論に至ったようです。日本としては、どちらが大統領になっても試練が続くと思いますが、以前、ノストラダムスの大予言の本を読んだ時に、いずれ「日米安保条約」が事実上無効になるときがくる、と書いてあったのを記憶していますが、それに向けて日米関係も新たな時代を迎えることになるのかもしれませんね。

以下は気になったポイントです。

・トランプが逆転勝利するとは、急激に、ヒラリーの目がなくなったということ。ヒラリーの周りには戦争好きがいて、これではアメリカも世界も保たないと、アメリカの最高権力者達が判断した(p20)

・トランプが勝つとすれば、民主党系の高官は失職、本省の局長級、部長級までの3000人くらいが総取り替えとなる(p27)

・低学歴でいいじゃないか、それなりに自分の力で生きていけば、というのが、リバータリアニズムという新しい政治思想の原理である(p39)

・自分の選挙の費用は自分で出す、といってきたトランプも、そろそろ選挙費用が足りなくなったと正直に言いだした、2月までの8か月で、2500万ドル(30億円)の費用が公表分のみでかかっている(p57)

・草の根(grass routes)とは、アメリカの地方に住む保守的な白人中間層や農場主たちのことを指す(p60)

・2016.5.16に、メイガン・ケリーと、トランプは9か月ぶりに和解し、これでトランプは、女性達全てを味方につけた。これが、トランプの凄さである(p65)

・トランプ躍進の理由は、窮屈な言葉文化に対する反発である。自分達の本音を誰にも遠慮することなく言えるトランプに拍手喝采をしている(p66)

・アメリカの人種構成、ユダヤ教徒:800万人だが、隠れユダヤ人が2000万人いる、アジア系:1000万人、黒人:4000万人、ヒスパニック:4500万人、白人:2億人、ワスプは6000万人で激減中(p76)

・1980年には80%が白人であったが、現在は68%(2億人)、白人比率は、2020年以降は60%を切るとされている(p77)

・民主党はヒラリーが勝つ理由として、民主党は、一般代議員のほかに、特別代議員と言う制度があり、712人もいる。彼らは投票で選ばれない、初めから決まっている特権的な人々。なので、ヒラリーの対抗馬のサンダースは、トランプ陣営を話し合いもしている(p92)

・アメリカの財務省が、日本の警察に命令して、山口組を始めとする広域組織暴力団を壊滅させようとしている。90兆円のうち、年間5兆円くらいの現金を動かしている。金融恐慌の前に、現金取引を消してしまいたいと思っている(p148)

・労働者から見れば、経営者個人の人格などよりも、ちゃんと給料を払ってくれる人が重要である(p152)

・アメリカの国防予算は、6000億ドル(70兆円)で、年間国家予算の17%もある、トランプ氏は国防予算を削減すると主張している(p175)

・グアムのアンダーセン基地は、アメリカ空軍の基地、アメリカ空軍は海兵隊をものすごく嫌う。海兵隊は、被差別民軍隊だから(p183)

・海兵隊は、陸・海・空軍につぐ、第四番目の軍隊、だが弱小兵団で元々が敵前上陸部隊として作られた。独立で一個の戦争を戦えない。アメリカ海兵隊は、沿岸警備隊の一部に再編するか、アメリカ海軍の中に吸収してしまう、という大方針でアメリカ政府は動いている(p185)

・日本が負担している米軍の駐留経費は、たったの6000億円ではなく、毎年購入している、米国債:30兆円である、日本国内の大赤字が対外的な大黒字と合っている(p189)

・アメリカ・ファーストとは、アメリカ1番ではなく、アメリカの国内問題が優先、外国のことは二の次、ということ(p195)

・現在、共和党候補者である、トランプ氏を応援しているのは、1)アイソレーショニスト、2)宗教右派、3)リバータリアン(p229)

・中絶反対派(プロウ・ライフ)は、銃を持つ権利と共に、共和党を支える大勢力である(p230)

・ネオコンとは、ソビエト打倒を唱えたニューヨークの過激な左翼活動家(トロツキー主義)であったが、1980年代に共和党員になって、レーガン政権に潜り込んだ、それをロックフェラー財閥が後押しした(p240)

・サンダースは、ヒラリーとは違って、ネオコンには行かなかった左翼である、トロツキー主義に近いが、党派が異なる(p247)
・トランプは、残り4か月を戦い抜くには、新たに10億ドル(1100億円)の選挙資金がかかる、だから共和党本部に頼らざるを得ない(p255)

・ベトナム戦争和平協定時(1973)に、徴兵令は廃止されたことになっているが、停止しているだけ。今のアメリカには、セレクティブ・サービス、という徴兵令一歩手前の制度(徴兵検査)があり、18歳で全てのアメリカ国民男子が受けさせられる。自分の住む市に、リクルーティング・ステーションがあって、検査を受ける。1F,2Fは、身体障害として兵役免除とな���。1A,2Aの場合は、学力があるとして、大学進学等で、兵役延期が認められる。B,Cを受けたものは、軍隊に行かざるを得ないシステムになっている(p265)

・連邦政府の負債(米国国債発行残高)は、20兆ドル(2200兆円)、毎年90兆円ずつ増えている。50州と社会保障費の赤字を合計すると、60兆ドル(6600兆円)、これ以外に隠しこんでいる借金残高が同等あり、合計120兆ドル(1京2000兆円)ある(p278)

2016年7月10日作成

2016/10/29 02:57

投稿元:ブクログ

副島隆彦氏の本はどれも賛否両論あるが、在野の本物の学者だった小室直樹先生を師事していたという点と佐藤優氏と共著を出している点で、8割がた彼の主張の論拠を信用している。(主張の結論には必ずしも同意しないことも多いが。)
彼ほどアメリカ政治の真実と思われる主張を固有名詞付きでできる人も他になかなかいないと思う。
この本でトランプの人となりとアメリカ政治における彼のポジショニングを深く理解できたと思う。トランプ氏の主張するAmerica First = アメリカ国内第一優先主義の流れはヒラリーが今回の大統領選を逃げ切ったとしても数年以内にもっと声が大きくなるのではないだろうか。

蛇足: トランプは酒もタバコもやらないし、コーヒーすら飲まないらしい。とても健康的ですね笑
深夜たいうか早朝のツイッターも早起きの証拠でしょうか。

2016/10/09 09:08

投稿元:ブクログ

なぜトランプが次の大統領か。トランプがキッシンジャーに頭を下げて会いに行ったからだ。
ヒラリーが大統領になったら、大きな戦争を起こしそうになる危険があるとか。
大統領選の結果はいかに・・

2016.10.9

外国の社会・文化 ランキング

外国の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む