サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ハレのヒ食堂の朝ごはん

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハレのヒ食堂の朝ごはん(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/05/13
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/266p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-4003-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ハレのヒ食堂の朝ごはん (ハルキ文庫)

著者 成田 名璃子 (著)

吉祥寺。公園の池のほとりにある「ハレのヒ食堂」は、朝ごはんの専門店。店主の晴子が作る料理はどれも抜群に美味しいのに、店はいまいち流行らない…。店を手伝う深幸とふたりで、特...

もっと見る

ハレのヒ食堂の朝ごはん (ハルキ文庫)

626(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

吉祥寺。公園の池のほとりにある「ハレのヒ食堂」は、朝ごはんの専門店。店主の晴子が作る料理はどれも抜群に美味しいのに、店はいまいち流行らない…。店を手伝う深幸とふたりで、特別な朝ごはんにたどり着くまでの物語。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

タイトル負けかも

2016/05/29 01:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろこしゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みやすくて気持ちがほっこりする作品
何かを心の隅に抱えた人たちが寄り添って
食べることをきっかけに癒されていくのは「東京すみっこごはん」に共通
とても魅力があるとは思えない友達にもしたくないようなダメヒロインふたりの話なのに最後まで読まされてしまった

ただ、この話は舞台を東京にする必要性があったんだろうか
偶然に出会った人たちの縁が都合よくつながりすぎで
まるで100人くらいしか人口のいない場所のように世間が狭すぎる
どこか架空の地方都市を舞台にしても良かったのでは

「東京すみっこごはん」と共通するものが実は「もうひとつ」ある
その「もうひとつ」が、けっこう好きな話を読後感の悪いものにしてるのが残念

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マイノリティーに向ける優しい眼差し

2016/06/30 03:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「すみっこごはん」の次は朝ごはんか、と余り期待せず手にした一冊ながら、良い意味で裏切られた。どこか小川糸の「食堂かたつむり」と乾ルカの「森に願いを」を併せたようなテイストで面白かった。
最初は主人公の余りにもの“後ろ向きさ”に戸惑い、少々いらつきもしたが、全体を通してみれば、著者のマイノリティーに向ける眼差しの優しさが心地良い読後感となった。
余計なお世話ではあるが、この小説を面白いと感じた方には、小川糸とともに荻上直子監督の映画「かもめ食堂」をお薦めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハレのヒ食堂の朝ごはん

2016/12/13 12:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honpochi - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒頭部分が少し諸劇的な感じで始まりますが、その後はとても楽しく読み進めました。主人公の女の子のちょっとした勇気やアイデアがどんどん
活きて、みんなが須少しづつ笑顔になっていく。
読み終わった時には、なんだかほっこり自分も勇気がもらえた感じが
しました。周りを変えようとするのではなく、まず自分が変わらないと
何も変わらないんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/05 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/14 02:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/08 06:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/05 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/10 09:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/13 14:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/19 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/05 07:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/28 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/26 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/26 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/16 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る