サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生還せよ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/06/28
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:20cm/402p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-103476-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

生還せよ

著者 福田 和代 (著)

航空自衛隊から内閣府に出向した安濃は、シンガポールで諜報員として潜入捜査に入る。接触を試みた日本人ビジネスマンが撃たれ窮地に立たされた安濃は、背後に得体の知れない影を感じ...

もっと見る

生還せよ

1,944(税込)

生還せよ

1,944 (税込)

生還せよ

ポイント :18pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

航空自衛隊から内閣府に出向した安濃は、シンガポールで諜報員として潜入捜査に入る。接触を試みた日本人ビジネスマンが撃たれ窮地に立たされた安濃は、背後に得体の知れない影を感じ…。『本の旅人』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

航空自衛隊から内閣府に出向した安濃は、シンガポールで諜報員として潜入捜査に入る。だが、接触を試みた日本人ビジネスマンが撃たれ窮地に立たされた安濃は、手がかりを追ううち、背後に得体の知れない影を感じ。【商品解説】

航空自衛隊から内閣府に出向した安濃は、シンガポールで諜報員として潜入捜査に入る。だが、接触を試みた日本人ビジネスマンが撃たれ窮地に立たされた安濃は、手がかりを追ううち、背後に得体の知れない影を感じ。【本の内容】

著者紹介

福田 和代

略歴
〈福田和代〉1967年神戸市生まれ。神戸大学工学部卒業後、システムエンジニアとなる。2007年航空謀略サスペンス「ヴィズ・ゼロ」でデビュー。ほかの著書に「ハイ・アラート」「怪物」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/01/14 15:39

投稿元:ブクログ

家族に自分の仕事を語れないというのはストレスになりそう。家族のほうも聞かないで待っているのは不安だろうし。
そんな中、何があって戻ってくるというは重要。
仕事仲間を見捨てない、そんなところもカッコいいな。
なんか続きがありそうな終わり方だった。

2016/07/20 14:03

投稿元:ブクログ

「迎撃せよ」「潜航せよ」に続くシリーズ3作目。航空自衛隊の空佐だった安濃は泊里と共に内閣府に出向し、シンガポールで諜報活動を始めたところから物語は始まる。前作までは、あくまでの自衛隊の中で、ちょっと突拍子もない感じ・・・で読めていたが、今回からは作品の色が全く変わり、まさしくスパイもの、と言った感じ。物語早々で、泊里が行方不明になり、安濃は様々な人の手を借りながら、敵に迫り、物語の後半では、映画張りのアクションも。スリルがあって、作品としては面白いけど、シリーズとしては、どちらに向かっていくのか、微妙なところもあり、評価が難しい。

2016/08/15 13:55

投稿元:ブクログ

※※まあ読まんでも特段の損失は無い本だと思います(;_;)

このシリーズ!?「・・せよ」というタイトルで何冊かが上梓されている。全部読んできたがここにきてその内容を思い出すことが出来ず、それらの作品を既読であることが前提になっているこの作品に少しあぐんでいる。かといって前作を読み返す時間もなく。さてどうしたものだろう。

物語は面白い。たまたまであるが近々シンアポールへ旅行する知人がイて、そのシンガポールが舞台になっているのでちょっと興味が持てる。

シンガポールは実は車左側通行なのですな。これはもちろん大英帝国の影響。そして地続きのマレーシアも左側通行の様子。げんざいはこういうことWikiでしらべるとすぐにわかるのだが、なんとGoogleMapの写真でみても判る。拡大していくと走っている車のどっちがフロント側かまでわかるのだ。いやはやとんでもない時代に案ものだ。 まあ、えあるくは無いが。すまぬ。

2017/04/01 00:19

投稿元:ブクログ

諜者は死なず

高淳じいさんが、なんとも言えず格好良かった(^_^)v。
シンガポールーパキスタンーアフガニスタンー日本とを股にかけた、スケールのでかい国際謀略戦。

そこには、我らの知らない諜報の世界がフィクションとして描かれ、テロや紛争に苦しむ中東の悲劇がリアルに記されていた………。

手に汗握って読める物語は、やっぱりイイね。

福田さん、「好きな作家」にエントリー。

★3つ、7ポイント半。
2017.04.01.図。

※主人公の過去話やら元同僚の女性自衛官やらが出てきた頃になってようやく、シリーズものの3作目だと気づいたという(苦笑)。

これは、1作目も2作目も読まねば。

2016/08/22 14:17

投稿元:ブクログ

タイトルを見ると、主人公が生命の危機に陥ってしまうような感じに思いますが、まぁ、生命の危機は無いとは言いませんが、タイトルで想像するほどかというと、そうでもない。エスピオナージなのだから、そこの話に徹頭徹尾集中すればいいのに、ジョン・ル・カレなどのエスピオナージに比べると、シリアスさが物足りない気がします。悪くはないんですけどねぇ。何が足りないのか・・。たぶん、紙面や机上での知識で書いたのか、あるいは、自分の実体験、皮膚感覚で書いたのかの違いかな。

2016/10/13 13:44

投稿元:ブクログ

シリーズ3作目らしいが、前2作は未読。

航空自衛官がシンガポールとパキスタンを舞台にエスピオナージュの世界に巻き込まれる。

翻訳ものに比べれば冷徹さよりも情緒性が感じられるが、この雰囲気は嫌いではない。

2016/08/02 18:26

投稿元:ブクログ

シンガポール、パキスタンを舞台にしたスパイもの。
日本企業の民間技術情報を盗み、兵器開発技術情報をテロリストに転売しようとするグループを追う、特命を受けた自衛官安濃。
安濃を支援する華僑高淳。
高淳のキャラクターが、物語にとってもいい味わいを出している。