サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.9 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:高校生 一般
  • 発売日:2016/08/09
  • 出版社: 朝日出版社
  • サイズ:19cm/466,10p
  • 利用対象:高校生 一般
  • ISBN:978-4-255-00940-7
  • 国内送料無料

紙の本

戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗

著者 加藤 陽子 (著)

【紀伊國屋じんぶん大賞(2017)】かつて日本は、世界から「どちらを選ぶか」と3度、問われた。より良き道を選べなかったのはなぜか。「歴史を選ぶ」際の作法を、戦争までの歴史...

もっと見る

戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【紀伊國屋じんぶん大賞(2017)】かつて日本は、世界から「どちらを選ぶか」と3度、問われた。より良き道を選べなかったのはなぜか。「歴史を選ぶ」際の作法を、戦争までの歴史を決めた3つの交渉から考える。連続講義に加筆、再構成。【「TRC MARC」の商品解説】

この講義の目的は、みなさんの現在の日々の生活においても、将来的に大人になって社会人になった後においても、
交渉事にぶちあたったとき、なにか、よりよき選択ができるように、相手方の主張、それに対する自らの主張を、
掛け値なしにやりとりできるように、究極の問題例を挙げつつ、シミュレーションしようとしたことにあります。(「講義の終わり」により)【商品解説】

目次

  • 1章 国家が歴史を書くとき、歴史が生まれるとき
  • 2章 「選択」するとき、そこで何が起きているのか ――リットン報告書を読む
  • 3章 軍事同盟とはなにか ――20日間で結ばれた日独伊三国軍事同盟
  • 4章 日本人が戦争を選んだのはなぜか ――日米交渉から見える痕跡と厚み
  • 講義のおわりに 敗戦と憲法

著者紹介

加藤 陽子

略歴
〈加藤陽子〉1960年埼玉県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。同大学大学院人文社会系研究科教授。専攻は日本近現代史。「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」で小林秀雄賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (12件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

近代史を学ぶ

2017/01/31 19:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本の近代史は、高校の日本史の時間でも時間切れになって、教科書を読んでおいてください、ということになることが多いのですが、本当は知りたい歴史だったりするんですよね。高校生でも読める日本の近代史として、本書はおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

分かりやすい

2016/10/27 23:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

コンパクトに要点を伝えてくるので、退屈にならず、視点を展開してくれる。交渉事に突き当たったときに、よりよき選択ができるために歴史を学ぶ意義を感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知的刺激!

2016/08/24 14:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:坊主 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の講演を纏めた作品、講義を纏めた作品を好んで読んでいます。
毎回、知的刺激を受けていますが、今回も期待通りの読後感に満たされています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/01 06:39

投稿元:ブクログ

太平洋戦争に至るまでに日本が迫られた決断のとき3つ、リットン調査団、日独伊三国同盟、日米交渉。背景に何があったのかって知らないことばっかりで本当に勉強になった。リットンの思慮とか、三国同盟を結んだ日本側の思惑とか、日米交渉の裏で米国が何を考えてたかとか。日本人の必読書。

2016/12/26 16:04

投稿元:ブクログ

・本書についているイラストなどは,別の著作物とみなして読んだ方がいいのだろうか?
072頁イラスト:トーキュディデース
・本文:トゥーキュディデース
092頁:団琢磨暗殺(3.5)が2.29リットン調査団来日と3.1満州国建国のあいだに挟まれている謎は,本文を読んでいけば,おそらく解けるのであろう。
099頁:遼寧(りょうねい)省……奉天(ほうてん)(現在の瀋陽(シェンヤン))
・現在の地名には,カタカナの振り仮名をみな振る方針なのだろうか?
101頁イラスト:満洲,関東洲(はじめて見る表記)
・本文:満州・関東州
101頁イラスト:ハルピンは黒龍江省の章域内とされている
・「章域」ねえ。なお著者も,「黒竜江」とは表記せず,「龍」字を使う。「満洲」は使わない。外務省とおなじ。

2016/10/16 22:12

投稿元:ブクログ

東京大学の加藤陽子先生が、池袋ジュンク堂書店にて計5回にわたり行った中高生向け日本近現代史講義を一書にまとめたものである。
「はじめに」によると、中高生向けの講義ではあるが中高年も読んでも構わないとのことであったので、意を強くして今回手に取ってみた。(笑)

本書の「戦争まで」とは、「太平洋戦争が始めるまで」のことで、そのターニングポイントとなった3つの交渉事案をそれぞれの史料を丹念に読み込みその本来の意図を再現した上で、交渉の行方を辿り世界史的な観点に位置付けて、どうしてそのような選択がなされたのか、他にどのような選択肢があったのか等を問う内容となっている。
その3つの交渉事案とは、①満州事変に対するリットン報告書と国際連盟脱退②日独伊三国軍事同盟の締結③日米開戦前の日米交渉、である。

その前段として第1章では「国家が歴史を書くとき、歴史が生まれるとき」と題した講義を行って、「歴史」とはどのようなものか、国家や民衆は「歴史」に対しどのように関わってきたか、世界史の分岐点で人はどのような判断をなしてきたのか、という今後の講義への前振りがなされており、最初からなかなか面白くなっている。

第2章では本講義の最初のターニングポイントである「満州事変に対するリットン報告書と国際連盟脱退」について取り上げられる。
自分も高校時代等の知識から日本に不利な報告書が提出されたものかと思っていたら、実はリットンは日本の侵略を胸の内で確信しながらも報告書では外交上のバランスを優先させ、日本の行為に対し決定的な断定を避け、国際協調を前提とした自由貿易による利益確保を追求する「世界の道」を切に訴えていたということである。
また面白かったのは国際連盟内での交渉で、後に強硬派となる松岡洋右が国連を脱退することにならないように粘り強く交渉していたということで、このあたりの後の変化については本書にも記述がないので気になったところであった。
日本がどのような「道」を選択するのかは悩ましい問題であったが、一般的に選択肢を作成する際の実験で「偽の確実性効果」についての説明があり、現在もニュースとかで政治家の発言をみていると必ず「しっかりと」とか「確実に」という言葉を盛り込むのを聞いて胡散臭く感じていたので、今も昔もこういう言葉の操作を行うところは同じだなあと思ってしまった。いや、むしろ今の方が無責任で露骨かもしれない。(笑)
また、国が進めていたナショナリズムの高揚が、以降歯止めが効かなくなり、国のトップがそれを怖れていく緒になっていることにも興味深い。

第3章では「日独伊三国軍事同盟の締結」について取り上げられる。
これも自分は高校時代等の知識から、日本はアメリカに対抗し、「バスに乗り遅れないため」の目的でドイツ・イタリア側に与したのかと思っていたら、その本心は、ドイツがイギリスに勝利することを前提に東南アジア等のフランス、オランダ、イギリス等の植民地(大東亜に含む)をドイツにとられないようにし我がものとするためであった、とのことである。
面白いと思ったのは、条約文書で日本語と英語のニ���アンスが微妙に違うこと、「大東亜」の範囲を日本も含め誰もが自分のいいように解釈していたこと、ドイツ・イタリアへの第3国(=アメリカ)の敵対攻撃で自動的に日本もドイツ・イタリア側に立って参戦すると解釈していたドイツであったが、日本は自由に選択できると考えていて齟齬があったこと、などであった。「大東亜」がどこの範囲を指すのかを誰も確信を持ていなかったことなどは、いまから考えるとジョークとしか言いようがない・・・。

第4章では「日米開戦前の日米交渉」について取り上げられる。
最終段階ではハル・ノート提示に行き着く交渉であるが、交渉途中で日本の南部仏印進駐によりアメリカは戦略物資の全面的禁輸に踏み切ることになってしまう。日本はというとその前の北部仏印進駐の際のアメリカの手心を加えた一部禁輸措置などの経験から楽観視していて、南部仏印進駐でアメリカがそういう挙に出ることを見誤ってしまっていた。一方のアメリカでも南部仏印進駐後に対日穏健路線であったローズベルト大統領とハル国務長官が休暇や葬儀参列等により政治決定から除外されていて、強硬派路線の委員会が対日全面禁輸を決めてしまったという話には驚いてしまった。重大局面でそんな偶然のボタンの掛け違えってあるものなんだな・・・。
また伝説?となっている、在米大使館員の無能力のせいで日本の真珠湾攻撃前に国交断絶文書(=宣戦布告)をアメリカ側へ提出するのが遅れたという話(いわゆる騙し打ち論)も日本海軍や外務省がわざと暗号文書を発送するのを遅くしたということで、やっぱりそういうことだったんだなあ。

最後の第5章ではこれまでの講義の総括的な話となっている。
現代に起こっている事象に対する、歴史から学ぶということの視点をわれわれに教えてくれているとともに、中高生がここまで学んだ成果というものを実感させてくれる。

これまで加藤教授はたびたび受講の中高生に当時の視点でどういう選択があったのか、当時はどう考えていたのかなど、時には現代の視点で、また時には関東軍参謀になったつもりで、あるいは参謀本部の計画立案者になったつもりで回答を求めているが、こうした視点は当時の立場からみる政治選択の理由を明らかにするとともに、複雑に利害がぶつかる政治選択の行方をも考えさせてくれる。
自分もこれまで近現代史はともすれば責任論に収斂されがちであったのを歯がゆく思っていて、現実の政治の場でどのような選択がなされた結果だったのかを総括する必要があると考えていたので、今回はとてもよい勉強になった。
あと加藤教授は中高生のどのような回答に対してでも、必ず「はい、そうですね。」のような返しをしていて、議論を肯定的に深化させていたのが興味深かった。
学校での近現代史教育が疎かになっている昨今、加藤教授には引き続きこうした取り組みを継続してもらいたい。

最後は「おわりに」から。
「学問は歴史に極まれり」(荻生徂徠)
全く同意見だ。

2016/09/24 22:50

投稿元:ブクログ

高校生向けの講義を書物にしたもの。
日本がどう開戦へ向かったのか?
きっちりと向き合い、答えてゆく。
とてもためになる本だ。「白骨街道」を予測できながら、回避できなかった事実が重たい。

2016/10/01 12:34

投稿元:ブクログ

16世紀半ばのポルトガル製の世界地図には、日本列島全体が沖縄を意味するポルトガル後で表記されていた。そして、琉球諸島の島の一つに日本という名前が当てられていた。
世界恐慌で大打撃を受けたのはイギリスで、日本はそれほど深刻ではなかった。
日本は倭国として隋と戦い、唐の時に日本を名乗って、前とは別の国です、心機一転国交を、というアクロバット外交をしts。

日独伊三国同盟は、アメリかが三国を攻撃した時に発動するもので、三国からアメリカを攻撃した時ははつどうされなかったが、ヒトラーはアメリかに宣戦布告した。
チャップリンは、独裁者のシーンを、ヒトラーがパリ入城した翌日にぱりで撮影した。

日独伊三国同盟は、太平洋諸島の権益をドイツに奪わせない趣旨も持っていた。

日米交渉での日本側にはカトリック関係者がいた。これはソ連に対抗する反共として。

南部仏印に侵略してアメリカが経済制裁をしたが、これはルーズベルトやハル国務長官が不在時に、対日強硬派が行ってしまった。

2016/11/27 18:07

投稿元:ブクログ

絶賛したい。
この時代の歴史の本を数多く読んできたが、本書ほど鋭く、さらに驚きと感動をもって読めた本はない。
この内容が中学生や高校生を中心とした人々への講義だとは、さらに驚く。
歴史を読み解くことは新鮮な驚きに満ちていると久々に思えた本である。

2016年11月読了。

2016/12/07 16:27

投稿元:ブクログ

以下の点が興味深い。
・中国は、リットン報告書を日本寄りだと評価し、日本は、中国寄りだと判断した。
・三国同盟は、植民地宗主国を抑えたドイツによる東南アジア植民地再編の可能性を、参戦していない日本が封じるための掛け声
・1940年8月4日の『蒋介石日記』には、「敵(日本)が南下の野心に狂っているときに乗じて、我が国に有利な条件で講和を図ることは悪くない」と書かれている。
・ドイツ外相リッペントロップは、駐独中国大使陳介を呼んで、三国同盟に加わったらどうですか、日本との講和に応 じなさいと説得していた。
・「絶望から開戦する国はないという、あの日本に対する判断の間違いです。そもそも日本は、絶望したから開戦したのではありません。あと二年間、石油という資源を確保できている時期に開戦しようという発想は、ありえなくはない。」
・「アメリカは日本に第一撃を打たせた。真珠湾攻撃のことを、ローズヴェルト大統領やハル国務長官とか、何人かは知っていた。けれども現地の人には言わず、日本に騙し討ちさせるようにした、という見方があります。でも、これが全く嘘であることは、アメリカの国防総省が研究し続けていることからわかる。」
・憲法制定史に詳しい古関彰一先生が明らかにしたところでは、戦争放棄という主旨は、確かにGHQ草案に起源を持っていたけれども、平和主義の発想は、日本側の発案によって憲法の条項に入れられた、というのです。

2017/02/01 23:49

投稿元:ブクログ

非常に良かった。本当に良書であると思いました。
東大文学部の教授が中高生向けに行った講義。
ジュンク堂での作家書店の企画で行った講演・講義の
内容が本になったものです。
歴史のみならず。学ぶとはどういうものなのか
学ぶときの面白さ、スリリングな感じ、学問の楽しさの
本質がにじみ出てくるような内容です。
また、社会人としてのリテラシーにとっての歴史認識が
どれだけ重要であるかがわかる内容だと思いました。
大げさかもしれませんが、本当に絶賛です。

2017/01/18 00:17

投稿元:ブクログ

すごいです。面白いです。中身が濃いです。
前作「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」が面白かったので、本書を手に取りました。本書は、戦前日本の3つの重要な選択に題材を絞ってはいますが、実に深く広く分かりやすく、解説いただいています。国内の賛成反対意見だけでなく、交渉相手の思惑まで理解できます。全体の歴史の流れが把握でき、歴史から現在を考えるうえでの参考になります。

2016/09/26 19:28

投稿元:ブクログ

歴史を学ぶ醍醐味は、ある事態へと進んでゆく連鎖の要因を知ることであり、別の可能性を考えることで将来の糧とすることです。加藤先生の姿勢は常にそこにありますね。今回は、先の大戦の前に、交渉の機会が3度あり、そこでより良き道を選べなかった実情を明らかにします。リットン報告の対応は明らかに大局観の欠如だと思います。ただ、その後の2度の交渉機会は、開戦時期の後ろ倒しになっても、既に米国にロックオンされていたのではないでしょうか?

2017/03/21 13:00

投稿元:ブクログ

日本人は…よりこっちの方が数段面白かった。多数の当事者それぞれの利害と得ている情報の差とタイミングとを丁寧に解説されておる。要因はいくつかにまとめられるが、世で言われていることとは結構違っている。しかし、調べて来いと言われてネットで真実ブログと赤旗ぶつける高校生、好き。

2016/12/01 02:44

投稿元:ブクログ

物語の形式として、結末が悲劇になることをあらかじめ読者に知らせてそこに至るまでを描くものがあるが、15戦争について歴史を語る場合、同じ構図になる。ただ、そこに至るまでは選択の連続だったわけで、その大きな3つの選択の場面をメインにピックアップして解説している。リットン調査団の報告に対する選択、三国同盟に対する選択、日米交渉に関する選択だ。
これらに関して、なぜそうなったのかという問いを次々に立て、資料を用いて解きほぐしていく。ただの物語ではない学問としての歴史の方法論がよくわかって面白い。
それでも日本人は〜よりもひとつひとつの事象にこだわって描かれている気がするのもあって、こっちのが面白かった。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む