サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/07/30
  • 出版社: 荒蝦夷
  • サイズ:19cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-904863-53-4
  • 国内送料無料

紙の本

渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉 (叢書東北の声)

著者 東北怪談同盟 (編),黒木 あるじ (ほか著)

東北の作家10人が綴る、東日本大震災が発生した「あの日」からの海辺の怪異譚。黒木あるじ「呼声」、郷内心瞳「龍」等、体験を克明に綴った実話から採話、創作まで多彩なラインナッ...

もっと見る

渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉 (叢書東北の声)

2,484(税込)

ポイント :23pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東北の作家10人が綴る、東日本大震災が発生した「あの日」からの海辺の怪異譚。黒木あるじ「呼声」、郷内心瞳「龍」等、体験を克明に綴った実話から採話、創作まで多彩なラインナップの全45篇を収録。東雅夫の解説も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

鎮魂と哀惜──東日本大震災、東北の作家たちが綴った海辺の怪異譚。
体験談、採話、創作とさまざまな「震災怪談」45篇を収録。私たちとともに生きる〈亡き人〉たちの物語を、いまこそ。【本の内容】

収録作品一覧

呼声 黒木あるじ 著 14−17
怪談の「力」 黒木あるじ 著 18−20
背中 黒木あるじ 著 20−25

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

読んでみて

2017/03/21 09:14

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:c-bon - この投稿者のレビュー一覧を見る

故郷が被災しました。多くの身内を亡くし、帰る家も失いました。
震災の書籍は、見つける度に読みあさっています。
この本は、三陸訛りのまま書かれているので、地域の人じゃないとわかりにくいかもしれません。話し言葉と書き言葉って違いますもんね。
だから私は、声に出して読みました。
イントネーションや、微妙な濁点が、心に染みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たまたまイベントに参加して

2017/06/18 18:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bookmaker329 - この投稿者のレビュー一覧を見る

書店で同じ出版社の別の本のイベントに参加した際、興味を持ったので一緒に購入しました。
地元の出版社なので書名などは知っていたのですが、最近は洋モノホラーばかり読んでいたので、イベントに参加するまでは読むなんて考えていなかったのですが。
内容は読みやすく、ひとつひとつの物語がとても良かった。好き嫌いがあるとは思いますが、震災を経験した人、被災地にボランティアなどで来られた際に、その現状を見られた方は勿論ですが、新時代の怪異談として書き続けていって欲しいと思います。
前に座っていた人が作者だとは思わず、ビックリしましたが(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する