サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネス
  4. 産業
  5. 日経BP社
  6. モビリティー革命2030 自動車産業の破壊と創造

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

モビリティー革命2030 自動車産業の破壊と創造
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/10/07
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:21cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-3727-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

モビリティー革命2030 自動車産業の破壊と創造

著者 デロイトトーマツコンサルティング (著),日経Automotive (編集)

パワートレーンの多様化、クルマの知能化、シェアリングサービスの日常化が自動車産業に及ぼす影響と変革のメカニズムを明らかにし、産業構造の変化を考察する。WEBサイト『日経テ...

もっと見る

モビリティー革命2030 自動車産業の破壊と創造

1,728(税込)

モビリティー革命2030

1,728 (税込)

モビリティー革命2030

ポイント :16pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

パワートレーンの多様化、クルマの知能化、シェアリングサービスの日常化が自動車産業に及ぼす影響と変革のメカニズムを明らかにし、産業構造の変化を考察する。WEBサイト『日経テクノロジーオンライン』に加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

2030年に、自動車産業は大きな変化を遂げているだろう。「モビリティー革命」の到来である。それは既に起こり始めている。

本書の前半では、モビリティー革命を引き起こす要因として、
(1)パワートレーンの多様化
(2)クルマの知能化・IoT化
(3)シェアリングサービスの台頭
──という三つを挙げる。その上でこれらの要因が、「現在の自動車産業をどのように変えていくのか」という点について詳しく分析する。

例えば、CO2排出量を現在の10分の1に抑えるには、2030年には新車販売台数の25%を、2050年には100%を電気自動車(EV)などの次世代車に置き換える必要があるという。そのためには2050年までに、合計で280兆円の投資が必要と試算する。

また、クルマの知能化・IoT化によって、3%の自動運転車が移動の30%を担うようになると分析。さらにシェアリングサービスの急拡大によって、2台に1台がシェアリングになると予想する。

本書の後半ではこれら三つの要因が自動車産業に与えるインパクトについて、数字を挙げながら考察する。「乗用車メーカーの利益が半減」「部品産業存亡の危機」「ディーラー数が7割減る」──など、そのシナリオは衝撃的である。

日本経済の根幹を支えてきた自動車産業は、こうしたモビリティー革命の激流に翻弄されるのではなく、“革命の指導者”となって今後の熾烈な競争を勝ち抜くことが求められる。本書の最後では自動車産業への提言として、生き残りに向けた具体策を示している。【商品解説】

2030年、自動車産業は大きな変化を遂げる。「モビリティー革命」の到来である。本書では、「シェアリングサービスで、2台に1台がシェアリングになる?」など、数字を基に、自動車産業の未来を読み解く。【本の内容】

目次

  • 【第1章】パワートレーンの多様化:280兆円の投資を伴う次世代車普及の意味
  • ・ティッピングポイントの抑止に向けた本気の挑戦の始まり
  • ・2050年にCO2排出量を90%削減、自動車メーカーも取り組みに本腰
  • ・2050年には次世代車が100%?
  • ・自動車移動そのものを減らす?
  • ・押し寄せる新しい波:自動車産業は生き残れるか?
  • 【第2章】クルマの知能化・IoT化:30%の移動を変える3%の自動運転車
  • ・新技術の勃興
  • ・2030年に3000兆円の価値を生み出す知能化、IoT化

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/09/28 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/14 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/15 16:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/12 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/22 12:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/18 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/17 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

交通・運輸 ランキング

交通・運輸のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む