サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 無頼派浪漫彷徨 追想「太宰と安吾」と檀一雄

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

無頼派浪漫彷徨 追想「太宰と安吾」と檀一雄
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/10/31
  • 出版社: 三一書房
  • サイズ:19cm/202p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-380-16006-6
  • 国内送料無料

紙の本

無頼派浪漫彷徨 追想「太宰と安吾」と檀一雄

著者 山川 修平 (著)

無頼派に憧れる文学青年だった30代前半の若き編集者は、無頼派に関する本の企画発刊に熱中疾走した−。無頼派作家の著作に情熱を傾けた編集者の追想。編集者とは、出版とは、そして...

もっと見る

無頼派浪漫彷徨 追想「太宰と安吾」と檀一雄

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

無頼派に憧れる文学青年だった30代前半の若き編集者は、無頼派に関する本の企画発刊に熱中疾走した−。無頼派作家の著作に情熱を傾けた編集者の追想。編集者とは、出版とは、そして無頼派とは何かを考えるノンフィクション。【「TRC MARC」の商品解説】

無頼派作家の出版に情熱を傾けた編集者、若き日の追想。
編集者とはなにか、出版とは何か、そして無頼派とは何かを考えるノンフィクション。【商品解説】

目次

  • 〈目 次〉
  • ◎第一幕◎『太宰治の魅力』/『田中英光の愛と死と』/『帽子いっぱいの涙』/山崎富栄と長篠康一郎/太田静子を訪ねる/新刊を発刊し続けるために・その一・その二/ベストセラーの条件/出版業の宿命
  • ◎第二幕◎山崎富栄の遺稿集『愛は死と共に』/『太宰と安吾』/檀一雄と浅見淵/『火宅の人』/突然の入院/浅見淵を激励する記念パーティ/著者と編集者の苦闘/桜桃忌/人間檀一雄・その一・その二・その三/出版業の光と影/忘れ得ぬ巌谷大四の哀しみ
  • ◎第三幕◎地獄への岐路/『小説坂口安吾』/専門誌『著者と編集者』発刊/仮面社と服部将太/太陽のない街へ/写真集『叫び』松尾硫黄鉱山閉山の記録

著者紹介

山川 修平

略歴
〈山川修平〉1936年岩手県生まれ。早稲田大学(心理学科)卒。ハウスメーカーに勤めるかたわら、創作活動。停年退職後、住宅産業ジャーナリストとして執筆活動。著書に「小説北上川」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む