サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. オンデマンドブック
  4. 【オンデマンドブック】熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

【オンデマンドブック】熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2016/11/04
  • 出版社: インプレスR&D[NextPublishing]
  • サイズ:A5/100ページ
  • ISBN:978-4-8443-9730-4
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

【オンデマンドブック】熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか (震災ドキュメント(NextPublishing))

著者 工藤 英幸(著者)

(株)情報開発研究所は、熊本県との県境にある大分県竹田市に所在しています。熊本地震の4年前には、九州北部豪雨に被災した地元の竹田災害ボランティアセンターでの復旧活動を支援...

もっと見る

【オンデマンドブック】熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか (震災ドキュメント(NextPublishing))

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

お客様ひとりひとりのために作る「オンデマンドブック」
「オンデマンドブック」の商品とは

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

(株)情報開発研究所は、熊本県との県境にある大分県竹田市に所在しています。
熊本地震の4年前には、九州北部豪雨に被災した地元の竹田災害ボランティアセンターでの復旧活動を支援するITシステムを開発していました。
その経験を活かし、熊本地震発生直後(大規模な前震が発生した4月14日)、地震関連の情報発信を開始しました。そして4月22日には、ホームページ製作やドローン空撮、360度映像等のIT技術資産を駆使して、独自メディアサイトをオープン。サイトにアクセスして「ほっとした」「安心した」等の感想が寄せらています。
また、地震発生後から地域や近隣エリアを心配する声は多く、現在も風評被害の影響が続く中で、阿蘇・熊本や久住高原、長湯温泉に関する独自メディアをそれぞれ立ち上げ、ドローン空撮動画や情報コンテンツを、随時、更新、運営しています。
本書は地震発生直後に、地元で地震関連の情報発信を開始した、メディアサイトの立ち上げから活動の奮闘の記録です。
【目次】
第1章 非常事態の中、大災害と向き合う
第2章 大規模な前震
第3章 地震関連情報の発信、連携
第4章 本震
第5章 地元目線での動画配信
第6章 独自メディア開設に向けて
第7章 天空の豊後竹田「岡城.com」オープン
第8章 エリアサイト開設【本の内容】

著者紹介

工藤 英幸(著者)

略歴
大分県竹田市出身。東京の企業でプログラマーとして勤務、その後、フリーランスのSEとして多数のプロジェクト、現場を経験し、早稲田塾情報部門の責任者になる。そして、Yahoo! japan value insightにてプロジェクトマネージャー。
2010年1月に東京から大分県竹田市にUターンし地域の活動や、企業・団体のホームページ(Webサイト)製作、講習会、動画製作等を実施。
2011年2月内閣府認定プロジェクト「農村六起」にて、ふるさと起業家として認定。
2011年4月一個人で株式会社情報開発研究所を設立登記して事業開始。
http://jouhou-kaihatsu.jp/
2012年7月 九州北部豪雨被災後に竹田市での災害ボランティアセンターを支援するシステムを開発し復旧活動を支援。
2014年8月 おおいたITフェア講演の部で、16講演中動員数1位。演題:〜ITで大災害と向き合う〜2012九州北部豪雨「経験したことが無い雨」非常事態の中で開発した災害復旧システム
2015年11月 おおいたITフェア講演の部で、2年連続動員数1位。2連覇達成。演題:未来を切り拓くドローンの可能性

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)