サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇(講談社+α新書)
儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇(講談社+α新書) 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇(講談社+α新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/21
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • サイズ:18cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-272964-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)

著者 ケント・ギルバート (著)

中国、韓国の非常識ぶりの源泉は儒教にある。儒教思想の本質を理解することなく、日本人的な対応を続ければ必ず裏目に出る。儒教国家に対応するための「作法」を明らかにする。【「T...

もっと見る

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)

907(税込)

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

756 (税込)

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

ポイント :7pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中国、韓国の非常識ぶりの源泉は儒教にある。儒教思想の本質を理解することなく、日本人的な対応を続ければ必ず裏目に出る。儒教国家に対応するための「作法」を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

 日本人に「自虐史観のアホらしさ」を気づかせてくれたのはアメリカ人だった……ベストセラー連発、日本人より日本文化を深く知っているケント・ギルバートの新境地!
 中国や韓国と上手に付き合うには、まず「自己中心主義」の大本たる儒教の本質を知り、そして日本は儒教国家でないことを認識すべし!!【商品解説】

中国や韓国と上手に付き合うには、まず「自己中心主義」の大本たる儒教の本質を知り、そして日本は儒教国家でないことを認識すべし!【本の内容】

目次

  • 第1章 儒教の呪いとは何か
  • 第2章 沖縄も東南アジアも樺太も中国領?
  • 第3章 キリストも孔子も韓国人?
  • 第4章 中国・韓国の自己中心主義の大本
  • 第5章 日本は儒教国ではない!
  • 第6章 この厄介な国々との付き合い方

著者紹介

ケント・ギルバート

略歴
〈ケント・ギルバート〉1952年アイダホ州生まれ。モルモン宣教師として来日、その後、企業への法律コンサルタントとして再来日。弁護士業と並行しテレビ出演。著書に「まだGHQの洗脳に縛られている日本人」他。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

中韓幻想の日本人へ

2017/04/17 13:53

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ZATO - この投稿者のレビュー一覧を見る

シナと朝鮮半島の住民は華夷秩序に象徴的にみられる上下関係の概念しかなく、対等という概念がないという指摘が本書をはじめ近年多く見られるように思います。そうした書籍の中でも、本書はその原因、現象、方向性について、初めてこうした分野に接する人にもわかりやすく書かれていると思います。
シナや南北朝鮮に未だに幻想を持っている人にこそ読んで欲しい本ですが、そういう人達は手に取らないんでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょっと意外だった...

2017/05/02 07:21

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひらりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ケントさんの本、初めて読みました。 これからちょっと注目したいと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

儒教

2017/05/22 13:40

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KKキング - この投稿者のレビュー一覧を見る

「世界まるごとHOWマッチ」でおなじみ、最近ではトランプ支持者としてワイドショーに時々出るケントギルバートが、中国人と韓国人の諸悪の根源は儒教、とぶったぎる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

2017/06/08 17:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kiyochan - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読んで全く同感であった。韓国と竹島問題、慰安婦問題や中国との尖閣諸島の問題が解決しない現状、更に悪くなる現状の問題の原因がよくわかった。しかし、付き合わないわけにもいかないしどうしたら良いのか、解決策は何なのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言わんとするところはわからなくもないが。

2017/06/25 18:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

儒教儒教と言うけれど、タイトルに沿った内容としての民族性の差異に言及するなら、それに影響を大いに与えているとしている儒教の中の流派の歴史及びそれらの差異にも踏み込んだ記述が欲しかった気がする。
気質の違いとそこから発生する状況のみに焦点を当てているため、別のタイトルでも売れたんじゃないのかと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本を褒めすぎ

2017/07/26 16:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジミーぺージ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者が、かなりの親日派であることが分る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本の 近隣外交のありかた

2017/08/06 17:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊達直人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本の 近隣諸国は 自分さえよければ いいという国であふれかえっている儒教で支配されているから というよりも 文化大革命により 国民意識が 自己中心になり自分の胃袋が満たさられれば 他国の 領海に入ってでも 魚を根こそぎ かっさらっていく業法とるような国と 経済的に付き合うこと自体 ナンセンスだ レアアースが 無いと困ると日本の 幹部は 思うかもしれないが 携帯電話が 無いほうが 国民は 健全に暮らせる ながら歩きで ぶつかる人間がいなくなる 話はそれたが この 特亜三国とは国交断絶を 考慮に入れて 付き合う べきだと 思う ケントさんの言っている憲法改正には異論がある 自民党が 出す 憲法草案の 全文もわからず 議論するのは 日本国民であり 安倍晋三ではない   憲法改正は 国民が議論して 改正すべきものである まずは 政治家の不逮捕特権の廃止 参議院の廃止 地方分権促進 に伴う 国家公務員の 霞が関の 削減 国家脅かスパイ活動の禁止を 法律で定める等 日本が 開戦より先に 固めていくことはいくらでもある

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なるほどと思わせられた

2017/08/08 20:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kinsuke - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的に論語の原文をサークルで呼んでいる最中で、この本を読んで、視点が多角的になった気がする。やはり顔かたちは似てはいるが、両国人とは分かり合えない点が多すぎるのもうなずけた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ケント・ギルバートさんを久しぶりに見たと思ったら

2017/08/18 01:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりんぐりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1980年代。テレビのバラエティー番組でよくお顔を見ていたケント・ギルバートさん。ケント・デリカットさんよりまじめな人というイメージでしたが、久々にお顔を拝見したと思ったら日本の保守文壇で華麗に活躍されていてびっくりしました。
奥付を見ると、私が購入した物は4か月で20刷です。少しずつ増刷しているのかもしれませんが、それでもすごいですね。
これまで韓国から一方的に批難、批判されるだけだった日本ですが、このところ、正論を物申す日本人も出てきました。それでも、著者が日本人であるというだけで、言論の内容がいかに正当なものであろうとも「右翼」などとレッテルが張られる。
こうやって第三者的なアメリカ人であるケント・ギルバートさんのような論客が出てきて非常に喜ばしいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/24 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/17 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/31 13:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/21 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/18 12:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/14 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む