サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 10年後、君に仕事はあるのか? 未来を生きるための「雇われる力」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

10年後、君に仕事はあるのか? 未来を生きるための「雇われる力」

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:高校生 一般
  • 発売日:2017/02/10
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:19cm/255p
  • 利用対象:高校生 一般
  • ISBN:978-4-478-10188-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

10年後、君に仕事はあるのか? 未来を生きるための「雇われる力」

著者 藤原 和博 (著)

人工知能、グローバル化、就活の地殻変動…仕事が消滅していく社会でどんな力を身につければいいのか? 「稼げる大人」になる、シンプルかつ強力な対処法を、高校生に語りかけるスタ...

もっと見る

10年後、君に仕事はあるのか? 未来を生きるための「雇われる力」

1,512(税込)

10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるための「雇われる力」

1,361 (税込)

10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるための「雇われる力」

ポイント :12pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人工知能、グローバル化、就活の地殻変動…仕事が消滅していく社会でどんな力を身につければいいのか? 「稼げる大人」になる、シンプルかつ強力な対処法を、高校生に語りかけるスタイルで大人にも問いかける。【「TRC MARC」の商品解説】

★藤原和博氏最新刊!


「10年後の世界はどうなっているのか?」
「不確かな未来を生き抜くためには、どんな力を身につけるべきなのか?」
などの問いに対する答えが本書です。
仕事が消滅していく社会への対処法を藤原先生が伝授します。


2020年代を生き抜くための「雇われる力」とは何か?
高校生に語りかけるスタイルで大人にも問いかける「人生の教科書」決定版。


◎実社会が必要とするのは、常識を疑い仮説を提示できる人材
◎「AI×ロボット技術」と「人間の知恵」の交差点にフロンティアが開ける
◎未来の社会はネット内に建設される
◎稼げる大人になれるかは希少性で決まる
◎キャリアは掛け算で考える
◎「遊び」と「戦略性」があれば仕掛ける人になれる
◎人生はあらかじめ設計できるものではなく偶然から始まる
◎もう歩き始めているか、最初の1段を上り始めたかが大切
◎人生の目標はクレジットを大きくすること
◎1人ひとりが自分の人生をデザインする時代


本書の目次


はじめに 君たちは、どんな未来を生きるのか


第1章 これからの10年で世界は激変する
・人間が人間らしくなる時代
・2020年は時代の変わり目


第2章 仕事が消滅する時代に身につけておきたいこと
・学力は必要なくなるのか
・情報編集力をゲットしよう
・グローバル時代を生き抜く5つのリテラシー
・処理脳から編集脳への変換装置


第3章 「遊び」と「戦略性」が情報編集力の鍵になる
・アタマの回転の速さと柔らかさ
・受験で情報編集力を身につける
・情報編集力がある人の特徴は?
・ジグソーパズル型学力とレゴ型学力


第4章 「雇われる力」の鍛え方
・「雇われる力」とは何か?
・「雇われる力」の基本は人柄と体力
・目の前にいる人に信用されるかどうか


第5章 一生が90年の時代のライフデザイン
・30代まではたくさん恥をかこう
・コミュニティという財産を蓄えよう
・1回の人生では生ききれない
・希少性の時代には、レアカードを目指せ
・キャリアの掛け算で100万分の1の存在に
・就職では「逆張り」しよう!


終章 君たちが日本の未来を拓く10の理由


あとがきにかえて【商品解説】

人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10~20年でなくなると言われる。そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。【本の内容】

著者紹介

藤原 和博

略歴
〈藤原和博〉1955年東京生まれ。東京大学経済学部卒業。教育改革実践家。奈良市立一条高等学校校長。元リクルート社フェロー。著書に「人生の教科書〈よのなかのルール〉」「35歳の教科書」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

同感共感

2017/03/28 19:00

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

私自身ずっと思っていたことを見事に本にしてくださった著者に共感します。
正解のない問題、正解がひとつとは限らない問題。まさに社会の中で働くとはそういうことです。では何を求めるのか、著者は「納得解」と見事に表現してくださいました。これからは部下を指導する際に、引用させていただきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

進化

2017/05/22 14:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KKキング - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルが身につまされるが、これは真実であろう。AIが人間の仕事を奪うってよ、くらいのテンションの現在だが、何時の時代も「進化」が何を奪うか、を考えない人間だらけ、ということだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

10年後、仕事は?

2017/02/28 17:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

キングコング西野さんが推薦されていた「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」が本書を購入するキッカケでした。

1%の人、に時代の流れを加味した感じを受けました。

自分にも、自分の子供にもあてはまる大きな流れを感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/27 18:19

投稿元:ブクログ

夫が購入。さらっと読めた。
東大→リクルート→初の民間校長の著者に、
1/100×1/100×1/100の人材になれとか言われても、正直ピンときませんでした。
一般ピーポーが何をしたらいいか、知りたかったのだけど。
40歳くらいに大人になればいいという言葉には、まだまだ子どもな30代半ば女は少し救われました。
教員だった母が読んだらどう思ったかな。母は自らが学び、その楽しさを伝える人間らしい教員だったように思う。私は、人間らしい仕事はまだできてない気がするな。

2017/05/12 21:28

投稿元:ブクログ

<目次>
はじめに
第1章  これからの10年で世界は激変する
第2章  仕事が消滅する時代に身につけておきたいこと
第3章  「遊び」と「戦略性」が情報編集力の鍵となる
第4章  「雇われる力(エンプロイアビリティ)」の鍛え方
第5章  一生が90年の時代のライフデザイン
終章   君たちが日本の未来を拓く10の理由

<内容>
リクルートから東京杉並区の和田中学校の校長となり、「よのなか」科を提案していた著者は、いつの間にか奈良市立一条高校の校長になっていた。そして高校生への講演をイメージしてこの本ができた。
話の旨い方なので読みやすいし持ってくる例もわかりやすい。自分の人生をうまく利用している。そして終章の分析がよかった。今の高校生が日本を背負ってくれるのは、教育が変わっていったから(「総合的学習」で福祉や環境が多く取り上げられたので、NPOやNGOが増え、SNSの普及で仲間づくりがしやすくなり、何よりも(理由10)、学校の支配力が弱まる(「正解主義」「前例主義」「事なかれ主義」が学校を支配していたが、この文化を担ったベテラン教員〈私のその一人だが〉が退職し、部下の引き継ぎ手がいないから)から。この分析は学校現場にどっぷりとつからず、でも現場を知っている人からしか出ない分析だと思う。私自身は、こうした文化に違和感を感じていたが、傍目から見たら同じ穴の狢だと思う。意識していきたいと思う。

2017/04/19 18:00

投稿元:ブクログ

情報編集力を身につけていく。

逆張り。希少性。


月並みな表現だが、

オンリーワンをいかに目指せるか

苦労をいとわず覚悟できるか、

だ。

2017/02/19 09:42

投稿元:ブクログ

主に高校生とその親に向けた本。

今の高校生はgoogle誕生(1998年)以降であり、別の人種と思った方が良いとの事。
そんな大げさなことでは無いとは思うが、
人生の半分をネット上で過ごすようになるという意見には賛同。


・知識はネットで調べれば何でもわかる時代なので今後は自分自身の考え方、創造性、問題解決能力がより重視される。
正解は1つではないものへの取り組みが重要。
他人との協働的な働き方が重要になる
→だよね~。うちのガキンチョは何事も全く考えずに、答え教えて~と言うので困ってますが。。。

・ドラゴン桜で書かれてるように、「世の中のルールは頭のいいやつの都合が良いように作られており、勉強をしないやつはそれに騙され続ける」
→その通りです。騙されない力を身につけてもらいたいものです。

・村上龍「13歳のハローワーク」を片手に得意分野の掛け合わせを作ろう!

この本は子どもにも是非読ませよう!

2017/04/27 04:25

投稿元:ブクログ

現代の社会の情勢や、社会で求められている力が非常にわかりやすい言葉で整理され、説明されている。「情報編集力」や「ロールプレイ・リテラシー」などはとてもセンスのいい言い回しだと思う。
正解主義の教育で育った私は、社会人になって10年くらいの実務経験で苦労に苦労を重ね、失敗を繰り返しながら「情報編集力」を研鑽していったというところだろう。もし、幼いころからの教育で学生時代に「情報編集力」を身につけておけたらどんなに素敵だろう、と思う。
「世界観をつくる」ということは今でもとてもできそうにない。前例に従う、というクセが染みついてしまって、ゼロから、全く何もないところから何かを作ることが苦手。すぐにお手本や前例を探してしまう。

2017/03/04 20:32

投稿元:ブクログ

同じ人の本を何冊も読むというのは、より理解が深まると思う。分かりやすく、そして難しかった。私の頭は老化しています。賢い中学生にお貸ししました。きっと大変役に立つはずです。

2017/04/10 00:10

投稿元:ブクログ

この先の未来・将来は、自分自身で最適解を導き出す能力が重要になってくる。多くの情報から必要な情報を抽出し、自ら正解を考え、導き出す能力。

2017/06/06 08:17

投稿元:ブクログ

藤原氏が生きる力として、3つの概念(必要とする能力)を以前から提唱している。
それが基礎的人間力(体力、集中力、精神力等)、情報処理力(学校の教科などの学力)、
情報編集力(コミュニケーション、ロジカルシンキング、シュミレーション、ロールプレイ、プレゼン)である。

私は、これからこういう能力が必要になりますと言われて(私の時代は英語ITだった)、
その勉強等を行って、失敗してきた人間なので、この3つが必要になるとわかっても、
自分は無理かなと思ってしまう。正直、ハードルが高い。

藤原氏の提唱する能力は、「まぁそうだろうな」とは思うが、
前提として知的レベルが高く、
コミュニケーション能力も非常に高い子に限られていると思う。
その3つの能力は、自身(親含めて)の「環境の選択」と「行動」
そして「努力」で本当に、高くなるんだろうかと私は思う。

仮に上がると仮定しても、おそらくそういった能力は、数値化できるから、
もちろん高い方が社会的に評価される。結局は、その3つの能力のヒエラルキーが出来、
順位が出て、多くのものが「自分は評価されていない」と感じ、自信を失い、
明日への希望を失うと思う。

この能力が必要だからと言われ、
努力して獲得しても、その獲得した能力の人達の中で、
競争が発生し、できる人、できない人がうまれるわけだから、
果たして、「こういう能力が必要になります」という議論自体が、良いのかと思う。
また、その能力の、厳密さ、科学的根拠は、非常に低い。
コミュニケーション能力という、言葉自体の定義が、そもそも幅広い。
氏の提起した能力って、なんとなく自身の経験から帰納的に考えた
ひらめき感が強いと思います。
(氏は、科学的裏付けを行った上で、提起しているなら話しは別ですが)
実績が十分ある人だけに、説得力がありますが、
強者の論理であると個人的に思います。

言語的、論理的、数学的能力が評価される社会ならば、
そういった能力の才能が恵まれている子は、圧倒的に有利です。
しかし、それらの能力があまりない方が普通だと思います。
私の友人の教師(私立校偏差値50ぐらいの学校勤務)に、今の学校の状況を聞いても、
学力の格差が信じられないぐらい上と下では開いているそうです。

どんな子でも、練習したり、頑張れば、できるようになるというのは、
CMと広告だけの世界だと思います。
同じ条件で、同じく努力しても、逆に、死ぬほど努力しても、
一方は評価され(普通に努力した子)、
一方は評価されない(死ぬほど努力した子)というのは、
自分の経験を振り返っても、真実だと思う。
才能がある子が、結果を出し、スポットライトを浴びる世の中になっているが、
(もちろん才能のある子のたゆまぬ努力は認めます)
それだったら、きちんと挨拶を出来て、素直に謝ることができて、
いただきますとご馳走様が、きちんと言える子に育てる方が、
これから日本社会で、生きる上で、大事な能力ではないかなと思う。

上記は、「当たり前」なことですが、
その「当たり前」が出来ていない子が増えていると思います。
結果として、他社に認められず、社会から評価を受けない子が、
大量に出現していると思います(※17年度に中高生に将来は明るいか聞いた調査では、
7割の高校生が否定的な将来を描いているという結果が出ている)。

たぶんこの先、日本社会は、多くの人は助け合わなくては生きていけないと感じるので、
(現状で04の世帯平均所得をピークに、現在では25%減少している。歯止めが、かかっていない
以前のように企業が潤えば、個人も潤うとは90年代の論理で、今は企業が儲けても、
個人の所得が増加する構造になっていない)

上記のことができれば、助けられる確率が高まるように思う。
少数派を持ち上げるのではなく、大多数の人が幸福を感じられるような社会を
作るのは、大人の責任だと思いますが、実際はそうなってはないように思います。
今は、必要となる能力は何かという視点よりも、生き延びる方法を模索し、
実践していく方が、現実的な気がします。

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む