サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リバース(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/338p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-293586-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

リバース (講談社文庫)新刊

著者 湊かなえ (著)

平凡なサラリーマン、深瀬和久の趣味はコーヒーを飲むこと。その縁で、美穂子という彼女もでき、人生に彩りが添えられると思った。だが、「深瀬和久は人殺しだ」と書かれた告発文が送...

もっと見る

リバース (講談社文庫)

691(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

平凡なサラリーマン、深瀬和久の趣味はコーヒーを飲むこと。その縁で、美穂子という彼女もでき、人生に彩りが添えられると思った。だが、「深瀬和久は人殺しだ」と書かれた告発文が送りつけられ…。【「TRC MARC」の商品解説】

深瀬和久は平凡なサラリーマン。唯一の趣味は、美味しいコーヒーを淹れる事だ。そんな深瀬が自宅以外でリラックスできる場所といえば、自宅近所にあるクローバーコーヒーだった。ある日、深瀬はそこで、越智美穂子という女性と出会う。その後何度か店で会ううちに、付き合うようになる。淡々とした日々が急に華やぎはじめ、未来のことも考え始めた矢先、美穂子にある告発文が届く。そこには「深瀬和久は人殺しだ」と書かれていた――。何のことかと詰め寄る美穂子。深瀬には、人には隠していたある”闇”があった。それをついに明かさねばならない時が来てしまったのかと、懊悩する。


『夜行観覧車』、『Nのために』のスタッフが結集し、『リバース』も2017年4月、ドラマ化!


主人公の深瀬和久には藤原竜也さん。
恋人役には戸田恵梨香さん。
深瀬の親友、広沢由樹には小池徹平さん。
深瀬の大学時代のゼミ仲間には市原隼人さん、玉森裕太さん、三浦貴大さん。
そしてドラマだけの登場人物、村井の妹には門脇麦さん。


今をときめく役者陣がおくる、ヒューマンミステリーです。


小説とドラマ。
それぞれ、違った味わいをもった作品となっています!
ぜひ、双方を存分にご堪能下さい。【商品解説】

著者紹介

湊かなえ

略歴
1973年広島県生まれ。2007年第29回小説推理新人賞を「聖職者」で受賞。'08年受賞作が収録された『告白』を刊行。同作で週刊文春’08年ミステリーベスト10の第1位、’09年に第6回本屋大賞を受賞する。'12年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞短篇部門を受賞。’16年には『ユートピア』で第29回山本周五郎賞を受賞。その他の著書に『少女』『贖罪』『Nのために』『夜行観覧車』『白ゆき姫殺人事件』『母性』『望郷』『高校入試』『豆の上で眠る』『山女日記』『物語のおわり』『絶唱』『ポイズンドーター・ホーリーマザー』などがある。最新作は『山猫珈琲』(上・下巻)。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

最後まで、

2017/03/19 00:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナウシカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後の最後まで、そんな事になっていたなんて、思いもしなかった。やられました。完敗です。今回は、イヤミスではありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/20 11:19

投稿元:ブクログ

これぞ湊さん!というような、後味悪ーい話でした(褒めてます)。
あるお題を出されて、その結末になるように書かれた作品だ、と解説で読んで、このお題でこの話になるのがすごいなあと思いました。まさか、でした。
構想どれくらいだろう。

2017/03/18 21:09

投稿元:ブクログ

湊かなえミステリー。
伏線の回収方法が秀逸。
最後のドンデン返しと余韻が最高です。
リバースって、そういう意味だったのね。
とりあえず読んで見て欲しい。
映像化も楽しみ。

2017/03/16 01:40

投稿元:ブクログ

2015年刊行の単行本を文庫化。
巻末解説によると、湊かなえが初めて男性を主人公に据えた長編であるらしい。言われてみれば、これまでの長編は全て女性が主人公だった。
売りである最後の一文はけっこうな衝撃。面白かった。
そういえばこれも映像化される(された?)ようだ。

2017/03/14 18:08

投稿元:ブクログ

遂にあのことを打ち明ける時がきたのか― 深瀬和久は平凡なサラリーマン。コーヒーを淹れることが唯一の趣味だった。そんな深瀬にも彼女ができ幸せな日々を送っていた。ある日、彼女宛に一通の告発文が送りつけられたことにより、状況は一変する。