サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ストレンジ・シチュエーション

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ストレンジ・シチュエーション(宝島社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/04
  • 出版社: 宝島社
  • レーベル: 宝島社文庫
  • サイズ:16cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-6925-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ストレンジ・シチュエーション (宝島社文庫 このミス大賞 行動心理捜査官・楯岡絵麻)

著者 佐藤青南 (著)

強盗殺人事件が起こり、事件翌日に署内で拳銃自殺した刑事・宮出が犯人とされたが、同期の綿貫は彼の犯行を信じられず、独自で探りはじめる。様々な事件を絵麻が捜査するなか、やがて...

もっと見る

ストレンジ・シチュエーション (宝島社文庫 このミス大賞 行動心理捜査官・楯岡絵麻)

713(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

強盗殺人事件が起こり、事件翌日に署内で拳銃自殺した刑事・宮出が犯人とされたが、同期の綿貫は彼の犯行を信じられず、独自で探りはじめる。様々な事件を絵麻が捜査するなか、やがて綿貫は宮出の痛切な思いに辿り着く。【「TRC MARC」の商品解説】

相手のしぐさから真実を読み取る自供率100%の取調官、通称エンマ様のシリーズ最新刊! 本駒込署のトイレで宮出巡査が拳銃自殺をした。一方、強盗殺人事件の現場に向かった絵麻と西野だったが、被害者夫婦の血痕がついた衣類が宮出の自宅から発見された。宮出の単独犯として事件は解決したかに見えたが、宮出の同期・綿貫刑事は自殺を断固否定する。絵麻は宮出の犯行方法のずさんさに違和感を覚え――。ほか、女子大生失踪事件やアイドル殺害事件、大手企業の長女誘拐事件など、全4話を収録。シリーズ第5弾です。【本の内容】

収録作品一覧

信じる者は足をすくわれる 5−79
ホーム・スイート・ホーム 81−155
センターは譲れない 157−237

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/03/08 15:48

投稿元:ブクログ

佐藤青南『ストレンジ・シチュエーション 行動心理捜査官・楯岡絵麻』宝島社文庫。

シリーズ第5弾。今回も行動心理学を武器に美人刑事“エンマ様”が数々の事件を解決する連作短編集。4話を収録。

間違いなく及第点なのだが、少しワンパターンになって来たかなと思うのと、何とかワンパターンを脱却しようと大仕掛を試みたが、余りにも現実離れしていて、不発に終わったように思う。

第一話『信じる者は足をすくわれる』、第二話『ホーム・スイート・ホーム』、第三話『センターは譲れない』、第四話『非家族の肖像』を収録。

2017/03/20 15:00

投稿元:ブクログ

エンマさまも西山くんも、相変わらず(笑)
筒井との仲も、少しずつよくなっているようで、それを認めようとしない筒井がなんだか微笑ましい。
取調室での展開はパターン化しているのだけど、それが安定した面白さにつながっている。
事件は、なんだか切ない感じのものが多かった。。。
特に、あの兄妹の件は、、、
彼らが将来、一緒にいられることを心から願う。

2017/04/25 00:07

投稿元:ブクログ

今回も読みやすく一気読みしたが取り調べシーンが基本的にどの作品とも同じなので飽きてきたな。夫婦がシリアルキラーだったというのは論理的には理解できるがやややり過ぎな印象を持った。まぁ小説だからアリなのかな。

宝島社文庫 ランキング

宝島社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む