サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ペルソナノングラータ
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 桜桃書房
  • サイズ:18cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7567-1295-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ペルソナノングラータ (Eclipse romance)

著者 久能 千明 (著)

惑星探査船ジュール=ヴェルヌのクルー達はツアルノルテ共和国の領空通過申請を行おうとしていたが、相手は下船を要求。不審がるクルー達を残し、凱は一人で会議に向かうが…。「青の...

もっと見る

ペルソナノングラータ (Eclipse romance)

923(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

惑星探査船ジュール=ヴェルヌのクルー達はツアルノルテ共和国の領空通過申請を行おうとしていたが、相手は下船を要求。不審がるクルー達を残し、凱は一人で会議に向かうが…。「青の軌跡」シリーズ第7弾。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

仮面の下に存在するものは?

2002/11/30 01:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杉倉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『青の軌跡』シリーズ七冊目の本作はアクションシーンをメインに話が進む。作者後書きによると「ジェットコースターアクションストーリー」をめざしたそうだが頷ける。船の中を舞台にしてきた前作までとは違い、今回の舞台は途中立ち寄る事になった宇宙基地。そこで繰り広げられる銃撃戦と人間模様。カイと三四郎、二人の活躍は必見である。確かに前作よりは心理描写も抑え目かもしれない。しかし決して登場人物の心理も蔑ろにされていないのが久能流だ。国と国との争いと痛み。仮面で隠された心。絶対に真実全てを知ることが出来ないからこそ、もどかしく、辛い。特に、人の心は決して見えない。愛しているのか、憎んでいるのか、時には自分にさえ分からなくなるほど複雑に彩られている。そんな人間描写の書き方に魅せられる。久能千明ファンの心を掴むものはこの、心理描写にあると思う。
 敵方の人間関係もそうだが、主役二人の心も簡単には絡み合わない所が魅力だ。決して互いに甘えきる事を許さないプライドがある。時に歯痒さも伴う二人の関係だが、今回は二人の意志の疎通ぶりに口元を緩める事間違いなしだ。側に居なくても信頼しあい、認めながら行動を起こしていく。複雑な心理描写と駆け引き、それが胸のすくようなアクションと絡み合っているのが本作だ。シリーズを通しての一押し作品である。
 ある英和辞書によるとペルソナとは精神的仮面を意味するそうだ。愛しているのか、憎んでいるのか。遠いのか、近いのか。掴めない心はペルソナ。仮面もまた、人格であり、真実と虚像、二つのどちらでもあるもの。何が真実か、嘘か、本当に必要なのはそんな事ではないのかもしれないと思わされる。結局、それは見えないからだ。今、望む事が何か。知っている人間は強い。自分の真実を持っている人間は強い。行動そのものが正しいと言い切れなくても…。それは望みであり、生きる証になる。後悔はするのかもしれない。悔やみ、嘆き、失われた瞬間に手を伸ばすこともあるのかもしれない。それでも、歩いていけるのは強さだ。けれど、きっと、それだけを全てにしてしまうのは悲しい。
 そんな印象を受ける作品だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/03 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る