サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 二人がここにいる不思議

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

二人がここにいる不思議(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/446p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-221105-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

二人がここにいる不思議 (新潮文庫)

著者 レイ・ブラッドベリ (著),伊藤 典夫 (訳)

二人がここにいる不思議 (新潮文庫)

767(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

生涯に一度の夜 7-22
トインビー・コンベクター 23-44
トラップドア 45-66

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

僕らのブラッドベリは健在だった

2002/01/13 23:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょいかごねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 レイ・ブラッドベリといえば、かれこれSFというものに親しみ始めた中学校のころから常に僕の本棚の一番いいところを飾っている作家である。この老大家が新刊を出している。これを読まずにいられようか。
 僕のようなブラッドベリ・ファンには、なんとも懐かしい、安心のできる短編集だった。ホラー系もありファンタジー系もあり、ほのぼの系もあり、本当に楽しめました。
 もちろんブラッドベリを読むのは初めて、という方でも面白いと思う。ただいくつかは、昔の作品と同じ登場人物が出てくるなど、昔の作品を読んでいないと面白さ半減、という作品もあるので、もし初めてこれを読んで面白いと思った方は、昔のブラッドベリさんの作品もぜひ読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

程よい不思議

2001/04/03 12:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mamin13 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『瞬きよりも速く』に引き続き2000年に邦訳、刊行された(アメリカでの出版は1988年)ブラッドベリの未訳短編集。収録作の初出は1945年の「墓石」から1987年の「ローレル・アンド・ハーディー恋愛騒動」までと40年の開きがあります。
 内容はファンタジー、ホラー、SF、そしてコミカルなものまで、相変わらずバラエティに富んだ日常と非日常の狭間を描き、ちょっとした不思議が詰まったどこかしんみりと味わい深い23編が収録されています。

 地球人の襲来を受けた火星で、初めて目にした地球の女性に恋焦がれるシーオの思いを綴った「恋心」(「火星年代記」のサイド・ストーリー)。
 列車に居合わせた幽霊を助けよう(?)と悪戦苦闘する老婦人…、「オリエント急行、北へ」。悩みを抱える息子が亡くなった両親をディナーに招く…、表題作「二人がここにいる不思議」。その他「10月はたそがれの国」でおなじみのヴァンパイア一族のコミカルなニュー・ストーリー「10月の西」などなど、少し大人のじんわりとした余韻が程よい短編集です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

懐かしくもある幻想たち

2001/06/02 03:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 SF小説の名手による23の短編集。どのストーリーも奇妙な余韻を残してくれる。泣いたらいいのか笑ったらいいのかわからないような不安定さも魅力。
 「トインビー・コンベクター」の切なさ、「トラップ・ドア」の恐怖、「ローレル・アンド・ハーディ恋愛騒動」の感傷、どれをとっても味わい深い。

 そういえば、萩尾望都がブラッドベリの原作をもとにマンガを書いていたこともあったっけ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/25 22:20

投稿元:ブクログ

すがすがしく、気味悪く、メルヘンで、おもしろく、切なく、うまくいかなかったり、奇跡が起こったり、誇ったり?そんな感情盛りだくさんの短編集

2005/12/06 00:18

投稿元:ブクログ

レイ・ブラッドベリ短編集。
日常に起こった小さな奇跡から、身の毛もよだつおそろしいサスペンスまで、作者の技量をうかがわせる一冊。
いずれかの作品があなたの心に残るでしょう。

2006/01/29 20:48

投稿元:ブクログ

全篇通してSF、ホラーに加えラブストーリーまで、実に様々で粒揃い。とてもいい短編集だと思います。個人的に、読後はなんとも不思議なきらきら感がありました。好きです。

2007/03/05 23:55

投稿元:ブクログ

ブラッドベリの短編集です。どちらかと言うとファンタジー寄りなお話です(笑)

23の短編が入ってます。何となく、ショートショートというと起承転結やどんでん返しがメインな印象がありますが(ワタシが国産SSは星新一や阿刀田高しか読んでないからかも?)ほのぼの系の話が多いです。妖怪一家のドタバタや正統派ショートホラー、SFもあります。

表題作にもなってる「二人がここにいる不思議」が一番好きですねぇ…♪コレは人生に疲れ気味の中年男が、死んだ両親を食事に招く話です。何か良いです(笑)幽霊と看護婦の逃避行のお話もほのぼのしてて良いです。

寝る前に一話づつ読んでいくタイプの本だなぁと思いました(笑)

2016/02/19 07:13

投稿元:ブクログ

昨日、展覧会へ行く電車内で短編「生涯に一度の夜」が読めたのは良い読書だった。誰かといても一人だと感じることはあるし、そう感じることが心地良い相手や場合と、寂しい相手や場合があると思った。自然の中に自分一人を投げ出すとか、静けさが感じられるという点では、志村ふくみさんの作品に繋がる部分があった。もちろん他の要素もあるから感想を付け加えるかもしれない。ただ、昨日読んで良かった。(2016.1.19) 付記…最後の一文が効いてる。特別な場所にずっといないからこそ、特別な場所は記憶の中で特別な場所であり続けるんだと思う。

2010/10/16 07:39

投稿元:ブクログ

10月15日読了。SF詩人ブラッドベリの幻想短編集。奇妙ではかない世界(地球とは限らない)の上で、男女(人間同士、とは限らないが!)がすれ違い、そですりあう23編。私はブラッドベリの「火星年代記」の大ファンだが、この短編集ではSF的要素は薄めだが、その分男女の恋愛要素や「大切な想い」を取り上げたエピソードが多い。数ページで終わってしまう短編や、意味がよく分からない話(原書で読めば伝わるのだろうか?)もあるが、全体として「ええ話やったなー」とほっこりした読後感を味わえる。定番のようだが「ローレル・アンド・ハーディ恋愛騒動」、「ご領主に乾杯、別れに乾杯!」は特に素敵。

2007/09/23 22:03

投稿元:ブクログ

表題作『二人がここにいる不思議』を含めた二十三篇の短編を収録。英題は『The Toynbee Convector』。趣向が違う作品が多い。

2010/07/16 18:57

投稿元:ブクログ

短編集。抒情的、詩的。ほかの小説とは違う感覚で読み進めることができる。四百ページ超あるので読破するまでゆっくり読みつないでいくのがたぶん正しい。『ストーンスティル大佐の純自家製本格エジプト・ミイラ』で不覚にも感動。表題作も面白い。

2012/12/28 18:17

投稿元:ブクログ

気まぐれな旅人のように、ほんの一歩、非現実の世界に足を踏み入れ、その景色をちらとだけ見てまた頭を引っ込める。

そんな感じ。

どれも面白く読んだが、強く心に残るというたぐいのものではない。
ワイン飲みながら優雅に読んだらいいんじゃないかな。
ワイン飲めないけど。

2009/10/08 22:17

投稿元:ブクログ

図書館で借りたけれど、途中で挫折。
今の読書スタイルに合わない本でした。

まったり読書を楽しみたい時に読みたいので、お取り置き。

2010/04/11 19:05

投稿元:ブクログ

ずいぶん前に買ったのをやっと読む
ブラッドベリは飛び飛びで読んでいるから何作目か忘れたなあ
多分7冊目くらいだろう

どうも最近自分の嗜好が変わってきたのかブラッドベリに厭きてきたのかあんまり夢中にはなれなかった
この作品は短編集で、
好きだったのは「さよなら、ラファイエット」、「ローレル・アンド・ハーディ恋愛騒動」、「ストーンスティル恋愛騒動」、大佐の純自家製本格エジプト・ミイラ」
この人の作品はアメリカやらイギリスやらの時代背景を知らないと意味がわからない言葉や言い回しが多いので少し読みにくいのが難点
でもそれは慣れてしまえばどうってことはなくて、そんなことよりも作家の主張というか好き嫌いがはっきりしているのが特徴だと思う
だから読者も選ぶと思う
嫌いな人からすれば意味が分からないだろうし
好きな人からすれば美しいとか素晴らしいとか感じるんだと思う

ちなみに私は好きな方です
気分によるけど

ホラー風味の話より好きな世界観を描いている話の方が好きだなあ

2009/11/16 21:06

投稿元:ブクログ

 ブラッドベリの短編集。60代の終わりごろの作品ってことだけど、やっぱ、ブラッドベリはいいね。
 不思議な感じが、昔と違うなって気はするんだけど、一瞬で世界が変わってしまうような鮮やかさは変わってない。
 死んだ両親をレストランに招待する表題作は、特によかったな。

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る