サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 都立桃耳高校 神様おねがい!篇

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

都立桃耳高校 神様おねがい!篇(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/225p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-115925-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

都立桃耳高校 神様おねがい!篇 (新潮文庫)

著者 群 ようこ (著)

都立桃耳高校 神様おねがい!篇 (新潮文庫)

473(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

まだまだ振り返る歳じゃあない!そう思うんだよね。たまには、見てみたい、そうは思うけれど、自分の過去を美化してしまうのが嫌ででね、同じ過去なら戦前か終戦直後がいいね

2003/10/27 20:37

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

近い過去を舞台にした小説が好きではない。きっと、自身の生きてきた時代を美化する姿が好きではないから。まだ回想に耽る歳にはなっていないから。今は、未来を見ていたいから。振り返る時間があるならば、前に向かって歩きたいから。だから、1970年代を扱った話が苦手だ。

大好きな群ようこが文庫で書き下ろした本と聞けば、それだけで飛びついてもおかしくないのに、この本を実際に手にするまで時間がかかったのは、そういった私の意味のない躊躇いのせいだ。でも、娘ふたりが中学校に入って、そろそろ長女が高校進学を迎える時期になって、過去を見るということではなく、高校生ってどうなんだろう、そんな興味が湧いて、読んでもいいかなと思い始めた。

時代は1970年、高校進学が学区制になった頃。読書少女のタケヤマシゲミが進学した都立高校。そこは憬れの男子が一杯、私は逆ハーレム状態のなかで引く手数多になるはずだった。太めで、足が短くて「カブ」とあだ名されるタケヤマシゲミの大福食べ放題学園生活。ノスタルジックで、シゲミが親に隠れてこっそり聴く深夜放送や、当時のヒットパレードを賑わすロックグループの名前も、ある年代には涙もの。

でも、いつもは破天荒な設定になる群の両親が、何故かこの小説ではただの人になっているのが寂しい。いや、今では毒を振りまく母上も、この頃はまだまだちょっと変わった人だったのかもしれない。そのせいか、私はイライラせずに読むことが出来て、久しぶりに穏やかな気持ちだった。

話全体に季節感が感じられず、あっという間に時間が過ぎてしまう点や、時代設定があまり生かされていないなど不満がないわけではない。私はこんなに男の子のことばかり考えていない(ま、人の事は言えないが)とか、うちの娘二人はどうなるだろうとか我が身を振り返って読める点は強み。

爆笑こそないけれど、微笑むことは確実。ただ、私にとって、群といえば着物というイメージしかない。だから、彼女が書く高校生となると、ミニのセーラー服よりは袴をはいた少女という、全く時代錯誤の姿を思い浮かべてしまう。無論、この本は自伝ではないので、現在の群を思い浮かべる必要は全くないのだけれど。むむ、どうしても自分の想像力の貧困さが出る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/13 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/11 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/06 01:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/13 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/01 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る