サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. バフェットのポートフォリオ 全米No.1投資家の哲学とテクニック

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バフェットのポートフォリオ 全米No.1投資家の哲学とテクニック
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.12
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:20cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-478-63062-3
  • 国内送料無料

紙の本

バフェットのポートフォリオ 全米No.1投資家の哲学とテクニック

著者 ロバート・G.ハグストローム (著),三原 淳雄 (訳),松本 重熈 (訳)

平均以上の投資収益を達成することは、単にどの銘柄を選ぶかという問題とともに、ポートフォリオの構成をどうするかということが問題になる。常に市場平均を上回る利益をあげる、バフ...

もっと見る

バフェットのポートフォリオ 全米No.1投資家の哲学とテクニック

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

平均以上の投資収益を達成することは、単にどの銘柄を選ぶかという問題とともに、ポートフォリオの構成をどうするかということが問題になる。常に市場平均を上回る利益をあげる、バフェット投資法の全てを紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロバート・G.ハグストローム

略歴
〈ハグストローム〉レッグ・メイソン・キャピタル社上席副社長兼ディレクター。ウォーレン・バフェットを15年にわたって研究。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

米著名投資家ウォーレン・バフェットの投資理論とその背景を解説したシリーズの第2作

2000/07/17 09:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 米国の著名な株式投資家であるウォーレン・バフェットの投資理論を解説した前作『株で富を築く バフェットの法則』の姉妹編。バフェットの投資理論とは,簡潔に言えば「じっくり吟味して中長期的な成長が見込めると確信した少数の企業だけに,集中的に投資して株式を長期保有する」という,いわゆるフォーカス投資の戦略である。前作が銘柄を選ぶ手法について解説したものなのに対し,本書は複数の銘柄をどのような割合(ポートフォリオ)で持つべきか解説したものだ。
 前半はおもにポートフォリオ全体のリスク・リターンについての解説。そして後半は,バフェットの友人である数学者や経済学者たちが関心をもつ最新の複雑系理論について述べている。後半はいくつか興味深いデータはあるものの,基本的にバフェットの戦略とどう関係があるのか不明。前半についても,少ない銘柄に集中投資するというバフェットの手法は,基本的に分散投資ポートフォリオの抱えるシステミック・リスク分析などとはやや縁遠く,したがって本書の内容も前作に比べるとややちぐはぐな印象をぬぐえない。

(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/18 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/28 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/04 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/27 10:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/27 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る