サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブルーミング
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.12
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-590016-1

紙の本

ブルーミング (Crest books)

著者 スーザン・アレン・トウス (著),斎藤 英治 (訳)

50年代アイオワ。居眠りしているようなスモールタウン。でも、この町が、少女のわたしをゆっくり大人へと育んでくれた。思春期の感情と風俗を丹念に掘り起こした回想録。【「TRC...

もっと見る

ブルーミング (Crest books)

2,376(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

50年代アイオワ。居眠りしているようなスモールタウン。でも、この町が、少女のわたしをゆっくり大人へと育んでくれた。思春期の感情と風俗を丹念に掘り起こした回想録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

スーザン・アレン・トウス

略歴
〈トウス〉1940年アメリカ生まれ。UCバークレー校、スミス・カレッジなどに学び、ミネソタ州マカレスター・カレッジで教鞭をとる。イギリスをテーマにした紀行でも活躍。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

1950年代のアメリカの豊かさは、それこそ私たちの現在を凌ぐかもしれない

2002/10/01 20:17

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

このタイトルを見ただけで、思春期の少女の、花の香りのするような爽やかな小説を期待してしまった。しかし、小説というよりは自伝と言うほうが相応しい本で、ごく普通の少女が時代の中で、どう生きたかを描く、自分史に限りなく近い作品といったほうがいい。そのせいか、著者の写真がかなり多く載っている。

舞台は50年代のアメリカ、アイオワ州エイムズに住む少女の十代の生活。太っていることを気にしてプールに行くたびにおなかをへこませる。友だちからは本の虫とよばれ、厳しい司書の目をかいくぐって大人の小説を読む時の秘められた喜び。このあたりは、日本と変わらないなあと思うが、地元の新聞社で編集のアルバイトをして過ごす日々は、如何にもアメリカだ。

不思議なことに、異性とのことは描かれてはいるものの、じつにあっさりしている。自分のことで精一杯という、ある意味で極めて清潔な青春時代風景である。だから恋愛で苦悩するといったこの年代に特有な、情熱みたいなものはあまり感じない。興味はあくまで自分。それを反映して、話はニューヨークへ行った思い出とバーゲンセール、そしてスミス女子大への入学であっけなく終る。

アメリカでの出版は1981年。スーザンは20年ぶりに故郷を訪れるが、期待と記憶の中の世界との落差からの失望が伝わってくる。そういう思いに人種や国境はないなあと思う。当時のアメリカ人が抱いた共産主義への恐怖や反応が描かれているあたりが、唯一時代を感じさせる記述ではないだろうか。それにしても、なんとアメリカは豊かだったのだろう。現代日本に置き換えても殆ど違和感が無い。

戦後10年、少女にあるのは、自分が如何に美しく見えるかという思い。ブルーミング・デイズという言葉から連想させる瑞々しさは少しもない。国民性? それとも男女の差だろうか。異性への想いにしても、井上靖の『しろばんば』、『あすなろ物語』『北の海』や高橋三千綱『九月の空』のような、思春期に見られる特定の人への想いは全く無い。顔を持たないボーイフレンドたち。モノとしての異性。その分、物への欲望があからさまに出てくる。言葉だけ知っていたパジャマパーティというのがどんなものか、この本で初めて納得。この本に抱く違和感、それこそが大切だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/30 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む