サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

中華人民共和国史(岩波新書 新赤版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.12
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/207,15p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-430646-9
  • 国内送料無料
新書

紙の本

中華人民共和国史 (岩波新書 新赤版)

著者 天児 慧 (著)

中華人民共和国史 (岩波新書 新赤版)

821(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

気鋭の中国研究者による現代中国史!!

2003/05/12 00:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クロフネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者である天児慧氏は現在早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授であり、日本の若手中国研究者のトップである。本書はトップ中国研究者による、中国近現代史の紹介であるといえよう。
 本書は、単純に年代順に現代中国史を紹介するだけでなく、中国の近現代のキーワードを1革命 2近代化 3ナショナリズム 4国際インパクト 5伝統 の5つにわけて分析するなど、学術的な現代中国論を展開している。また、新書ということもあり、前提とした知識を要求しない丁寧な作りになっている。
 これから中国に関する勉強を始めたい、中国の近現代史を確認したい、現代の中国に興味がある、そんな人には是非読んでいただきたい。また現在の中国脅威論を読む前にまず本書で中国の歴史を学んでいただきたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/02/05 02:36

投稿元:ブクログ

中国の現代50年史。非常に明解で、なおかつ面白い。その面白さは中国という国家そのものの面白さなのか。

2006/09/23 02:17

投稿元:ブクログ

中国入門書としておすすめ☆
そして近代中国史をざーっと読んで頭に入れたいという人にもおすすめ。

この分量・新書サイズにしては歴史が程よくまとめられている

2009/02/07 00:12

投稿元:ブクログ

ノートにまとめながら、理解して読み進めた。
毛沢東の独裁と鄧小平の改革。
一党制を維持しながら、内部の権力闘争を繰り返してきた中国。
その歴史は、重く多くの血で塗り替えられながら今日まで続いてきた。
国際情勢に常に影響を受けながら歴史が進む。眠れる虎と言われてきた中国が目覚めた今、諸外国が何となく、イメージで恐れている中国の現実を感じられるからこそ、
こうした冷静な読み物は面白い。
やはり、歴史は知るべきだ。
過去の流れを追う事で、今が見えると思う。

2011/05/16 06:50

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
「中華人民共和国」建国宣言から半世紀。
文化大革命の激動を経て中国は今、市場化、改革開放路線へと大きく踏み出した。
この50年、何が変わり、変わらぬものは何だったのだろうか。
現代中国政治研究の第一線に立つ著者が、国際関係の視角を取り入れながらこの巨大な隣国の歩みをあとづけ、未来をさぐる―初めてのコンパクトな通史。

[ 目次 ]
第1章 人民共和国前史と新国家の誕生
第2章 社会主義建設の模索
第3章 プロレタリア文化大革命
第4章 曲折する近代化への転換
第5章 改革開放路線と天安門事件
第6章 脱鄧小平と富強大国への挑戦

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2010/07/31 21:47

投稿元:ブクログ

中国史、じゃなくて、中華人民共和国史。
あくまで50年分なので、これ一冊でもこのくらいの短いスパンについてならそれなりに詳細に描けるのだと思う。

2012/01/02 22:17

投稿元:ブクログ

わかりやすい。歴史学者というより政治経済学者といいたかんじ。中国では数字をからめた格言がすき。(四経?とか)

2015/04/10 02:24

投稿元:ブクログ

中国ってほんと色々あるよね。
毛沢東の文化大革命から鄧小平、江沢民と引き継がれていく中で色々と政策というか変わっていって、台湾との問題もあったり。そこらへんのことがかなり詳しく書かれていて非常にためになったしおもしろかった。
やっぱ毛沢東はデンジャー過ぎるね。文革ってどれだけの同じ国の人たちを殺したんだいったい。4000万人くらいって書かれてた気がするけど、ヤバすぎるよな。
20世紀に書かれた書籍だったけど、もう21世紀になってみたら、アメリカの研究者が予測したように中国はGDP的にはアメリカに次いで2位だしな~。一人当たりでみたらすごい低いけど。結局ロシアが進んだような社会主義には向かわず、社会主義なんだか資本主義なんだかわからない政策だけど。ある種数は力理論だな。
中国こわひ・・・笑

2011/11/25 16:59

投稿元:ブクログ

中国の現代を知るには必読の一冊。親中でもなく、反中・反共でもない中立的な立場から中華人民共和国の歴史が述べられている。

今まで中国で起きてきた史実の根底が何なのかの一端を知ることができた。東アジア現代史を概観するには非常に素晴らしい一冊。

2013/03/31 16:59

投稿元:ブクログ

通史としてとても良くまとまっており、俯瞰するのには好著である。朱建栄の「毛沢東の朝鮮戦争」と矢吹晋の「鄧小平」も、併せて読んでおきたい。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む