サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

竜は希う(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/267p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-08-614673-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

竜は希う (コバルト文庫)

著者 真堂 樹 (著)

竜は希う (コバルト文庫)

535(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

龍は希(こいねが)う

421 (税込)

龍は希(こいねが)う

ポイント :3pt / 紙の本より114おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2004/11/11 19:13

投稿元:ブクログ

マクシミリアンに想いを伝える飛の言葉に思わず目を見張るような、それでも激しく強い想いを楽しめる1冊です。
再び逢うことができた飛とマクシミリアン。ようやく道を歩み出した飛は、雷英と猫とともに黒龍へ向かう。一方いつもの調子を取り戻したマクシミリアンは、尊夫人と対面し、飛の出自の真実を聞き出して…。
想いを確かめ合う2人のシーンは、思わず赤面してしまいそうな程の文句が飛び交っていましたが、それでも夢中で、早く続きを、と思いながら一気に読めてしまいます。

2008/06/01 20:44

投稿元:ブクログ

ついに再会!!しかもなんかちょーらぶらぶな飛&マク。飛もなんだか素直に告白なんかしちゃってます。そして飛は黒龍へ向かい、当代に龍を譲るのを思いとどまるように願う。黒龍にも組み敷かれちゃう飛はモテモテです・・・。そんな中マクは白龍に戻り、再び集まり始めた花路の猛者たちと刃を交える。そこへ尊夫人も現れ、全てを知った花路たちは新たな気持ちで白龍を立て直すことを決意する。

2008/08/30 08:18

投稿元:ブクログ

「龍は微睡む」で始まり、「龍は薫風を駆ける」で終わり。(と、思ったら続編が出た)
 レビューは薫風にまとめてます♪

2012/12/02 21:22

投稿元:ブクログ

 散々迷って、散々フラフラした飛が辿り着いたのは、「もう一度マクシミリアンに会いたい」という思いだけで。
 その想いだけで、マクシミリアンに会いに行く。
 けれど、再会も束の間、マクシミリアンと共にある未来のために、事態の収束を目指して再びマクシミリアンの下を去る。

 一方のマクシミリアンは、飛が現れたことにより正気を取り戻し、事実を確認するために大龍の正妻・尊夫人と面会をする。
 まるで腑抜けてしまっていたマクシミリアンが、本領発揮して復活してくれて、個人的にはすごく嬉しいです。

 マクシミリアンと別れた飛は、自分の望みを叶える手助けをしてくれた雷英の望みに手を貸すために、今度は黒龍へと向かう。
 黒龍の目的は、傾き始めた黒龍市を正すこと――。
 そのためには、師父であった月亮を黒龍にするわけにはいかず、当代黒龍である冬眠に黒龍を退かないようにお願いをしに行くことになる。

 実はその陰では、別のたくらみが進行していて、それには本土の伍家の思惑も絡んでいて―ー

 という話でした。
 なんというか――
 この二人が全然ラブラブにならないのは何でなんだろう――ってずっと不思議に思っていたんですが、この巻を再度読み直してみて気がついたことが一つ。

 マクシミリアンって相当ひねくれてる!(今更)

 いや、前からひねくれてるのは知ってたんですが、実は、「身体をつなげるだけでは不満」という話をしていたとは思わなかったです。
 そりゃあラブラブとは程遠いわけですよ。
 普通のBLは、告白して、好きだという気持ちを返してもらって、身体をつなげてハッピーエンド、なのに。
 この二人って最初からそれを放棄してるんですものね。そりゃあ、普通のハッピーエンドには辿り着かないは、回り道するは――になりますよね。難儀だ――。
 でも、それはさておき、それがうまくいけば、よっぽど一般的なBLよりラブラブになれるとは思うんですが、あっちでもこっちでもごちゃごちゃしてるわけだから、まだまだ試練が続きそうです。
 いい迷惑ですよね。飛にしてみれば。

2012/07/10 23:07

投稿元:ブクログ

ついにマクシミリアンと再会を果たした飛(フェイ)。おのれの未来はこの男と共にあることだと見定めた彼は、事態の収束を約してマクシミリアンと別れた。師父、月亮(ユエリャン)のゆがんだ野望を阻止するために、飛は雷英(リーイン)らと共に黒龍(ヘイロン)市に向かう。黒龍市では、帰還した月亮を主に据え、改めて白龍(バイロン)に攻め込むたくらみが進んでいた。本土、伍家(ウーケ)の思惑もからみ、四龍(スーロン)島に再び嵐が巻き起ころうとしている……。

コバルト文庫 ランキング

コバルト文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む